更新 

2008年02月16日(土) 17時14分
こんにちわファイガラスです。^^
何か今頃体調が優れないようで、今日と昨日の2日を含めて休む羽目になっちゃいました。・・・・・
昨日は、先生の大声で、頭がキンキンとひどい頭痛が続いたので2時間目が終わって、すぐ早退する羽目になり2日もその調子で、今は少し落ち着いてきました。たぶん明日から、更新もメイポも出来たら良いとなと思います。
今日はこれくらいで・・・・・・・・・・ノシ!

ガロア 

2008年02月10日(日) 18時09分
 群論の祖といえるガロアやアーベルのような、死んでから評価された人間は、早く生まれて来たことに同情はしますが、私の相手は、ガウスや湯川秀樹のように、人間にして、神のような存在になったものでなければなりません。なんせ邪神ですから。
 特に、湯川秀樹さんは、戦中 原爆の研究をしておりました。まあ日本では製造はまったく不可能でしたが。戦後 平和論者になり、オッペンハイマーをするどく批判したり、「天才について」という本を書いて、(しもじもの)人間にどこまで教えたらいいのだろう。などといってました。
 「宇宙からきた謎の物体X」のたたかう相手は、湯川秀樹と高校時代、かってにきめつけました。

黒部下の廊下を歩く 

2008年01月20日(日) 20時03分
(2007/10/23撮影)

 

2008年01月12日(土) 19時53分
この秋、種をたくさんうえました。


来年の春に咲きます(*゜▽゜*)

ラインライト 

2008年01月04日(金) 9時50分
記入欄しくっとる・・

↑世界史のテスト、終了15秒前のできごと

そこだけ「ツ」がふたつという回答になりました

つーかβはありゃ赤点近いね

だって・・・まともに解いたの5問・・・あと勘って・・・

一問5点でも25点じゃ赤点やん

あの問題数で一問2〜3点だろうしね

通知表にはあひるさん泳ぐかもね

My dack is to swim my score ...

東方神起『日本・Media:東方神起 オフィシャル ウェブ サイト』スケジュール追加(20071026 金) 

2007年12月18日(火) 0時32分
■ テレビ スケジュール




11/2(金) 25:45〜26:40 日本テレビ(NTV)系『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』
※『LAST ANGEL feat.東方神起』で倖田來未さんと一緒に出演します。



11/3(土)18:00〜18:30 フジテレビ(CX)系『MUSIC FAIR 21』
※『LAST ANGEL feat.東方神起』と『Forever Love』の2曲歌います。



11/9(金) 24:50〜25:20 NHK『MUSIC JAPAN』
※『LAST ANGEL feat.東方神起』で倖田來未さんと一緒に出演します。



■ 雑誌掲載情報

12/5(水) 『non-no』



11/22(木) 『Kindai』



11/22(木) 『アピーリング』



11/16(金) 『Oricon Style』



11/15(木) 『SEVENTEEN』



11/10(水) 『ARENA37℃』



11/9(金)『 PATi PATi』 ※『Forever Love』のPV密着を取材しています。



11/6(火) 『TOKYO一週間』※倖田來未さんとコラボレーションした『LAST ANGEL feat.東 方神起』のPV密着を取材しています。
10/27(土) 『B-PASS』




【 ロンロンより 】こちらスケジュールに追加しときます!

エヴァンゲリオン新劇場版:序 劇場限定リッド・フィギュア 

2007年12月11日(火) 3時37分
何度も書きますが、こんな気味の悪い設定のフィギュアを買う気がしれないといいながら、買っている馬鹿がここにいます。

今回ご紹介するのは、劇場でしか買えないユナイテッドシネマ・109シネマズでの限定フィギュアです。
綾波レイ抱きと初号機暴走の2種類あるのですが、相方が初号機は気持ち悪いというので、こちらを選びました。




ストローめっさ長いでしょう。





こんな優しい表情してたかな〜?

プロポーションが線が細くて、なかなか美しいですね。

ベストショット、いや萌えショット。こんなに色っぽくストローに絡まるなんて…




肝心の映画の方は、TVシリーズと何ら変わらない内容がほとんどでした。ちょっと違うのは、ゲンドウが、シンジをレイと接触させるように指示したり、(これでIDカードをシンジがレイに届けることに)
カオル君が早くも登場し、シンジの事を良く知っている風な感じで、また三番目を選ぶのかどうのことのと、今後の謎に迫る発言をして終了でした。いつの間にか、個人的に序って感じです。

有利と勝利 

2007年12月05日(水) 6時11分
   『Blue and Whit』




  8000HIT!フリー配布で頂いて来ました!



  ゆぅりさんの、素敵イラストです。



  見てると元気の出る、イラストです。



  ゆぅりさん、ありがとうございます!




ゆぅりさんのサイトは、こちらからどうぞ!

  
  タイトルから、直接、飛べます。




『Blue and white』

高崎雷舞フェスタ 

2007年12月01日(土) 16時19分
チョッくら行って来ました。
何から伝えればイイのか、

天空が目に見えてレベルアップしているとか(笑)

まずは、ひとつ。

今日は曲の強い人たちと同じ腕章を戴き撮影に臨みました、
が!
特に鯱張らずに自分のスタイルを通して良いという事だったので・・・思いっきり何時もと同じです(笑)
途中でもっと思いっきりイってもいいですよとスタッフに言われましたが、自分がこの「距離」を崩す事は無いと思います、
綺麗な写真は皆が撮るから良いじゃん?
じゃ、他の4人に太刀打ち出来るのは?
何時もの距離感でいるしか無いじゃん!
・・・多分、面子を見る限り、私の立ち位置は其処かなと・・・
チョッと悔しいけどネ・・・
腕の劣は足で補うってことで、ハイ。




楽しかった、帰りの電車は爆睡!!

追加
この、幕の裏にHAKOOさんが!!   居たかなぁ?

6-2 

2007年11月26日(月) 22時05分
空は突き抜けるような青空だった。風はない。
気温は低いらしく、それがほんの少しの涼しさの原因だろう。
心地よい。

「ふう・・・」

一度すべての息を吐き言ってから、大きく息を吸い込んだ。
全身の中の空気を入れ替えるように。

部屋の中に長いこといることは、やはり人間をダメにする。
暗い気持ちになるし、何よりも体に悪い。太陽の光を浴びて、大きく伸びをして、外に向かっていく気持ちを作った。

今日は平日なので、利彦を呼んで遊ぶとかということはまだできない。
午後になったら呼ぶことにしよう。

・・・そう言えば、あいつとはあの日以来あまり話をしていない。
最後に話をしたのは、変な噂のことを少し話したくらいだ。確か・・・

「遠い星の歌、だっけ」

死んだ人間と会うことができる。その方法は、夢結び神社でお参りすること。
俺はまだ、葵に会いたいと願っている。そんなのは、いくら自分の気持ちを偽ったって意味のないことだ。

俺はずっと彼女に会いたかった。会って、謝りたかった。

「目的地は決まった、かな」

備え付けの駐輪場に行くと、自転車を引っ張り出した。
通学時は使っていないので、あまり乗りなれているわけではない。だから、なじまない自転車。

道路まで持って引っ張り、こぎ出した。

風を切って、進んでいく。
すでに肌寒い空気だったので、むしろ寒いくらいだった。でも、それでも心地よいと思った。

夢結び神社は山を越えた先にある。山といっても、それほど大きくはなく、一時間ぐらいで頂上まで行けてしまうくらいの小さな山だ。
その中腹にあるのだが、今住んでいる場所からだとちょうど反対側に当たる。一度反対側まで行き、それから上り直すのが一番早く着く。
だが、本当はもうひとつ誰も知らない道がある。俺と葵と利彦で見つけた、神社に続く抜け道がある。

小さい頃、俺たちは三人でよく遊んだ。
俺と葵は山のそばの同じ家に住んでいたし、利彦も近くに住んでいたから、山で遊ぶようになるのは当然だった。
そして見つけたのだ。神社の裏から、反対側の山肌にある道路に抜けられることに。

その場所は、ほとんど自動車が来ない場所だった。
新しくトンネルやら迂回する道路ができたおかげで、いつの間にかほとんど使われなくなった道路だった。
だから、誰も来ないし、誰も知らない場所のような気がした。

その場所は、俺たちの秘密の場所になった。

でも、その場所が単なる誰も来ない道路というだけでは、秘密の場所になったり、何度も来ようとする場所にはならない。
じゃあなぜ、この場所が特別な場所となったのか。

その理由は簡単だ。
・・・見つけたからだ。


あのとき俺たちは、言葉を失った。
何にも代えがたいものを見つけたような気がした。この世界に、希望を見つけたような気分だった。ほんの少し、涙を流している葵。大きく口を開けて、心の底から驚いている利彦。そして、そこから目をそらした俺

それは、夕陽だった。

木々がその場所だけほんの少し切れていて、街を一望できる。それに重なるようにして、夕日が山の間に沈んでいくのだ。
赤く照らされた町が、朱色から紫に変っていく。町の間に、光が差し、それが動いて消える様が見えた。
交響曲でも聞いているような気分だった。急激に波が押し寄せ、引いていく。
太陽の光が、大きく波打って、最後に消えていく様を見ているのだ。

暗闇が落ちるまで、俺たちはそこから動くことはできなかった。

その日以来、この場所のことを俺たちは「夕陽の場所」と呼んだ。

それからはよく夕陽の場所で遊んだ。
道路で遊んでいたといえば聞こえは悪いが、本当に車は来ないから、安全だった。
俺はその場所に車が来たことを、一度しか知らない。

見たわけではない。
でも、来たことは間違いない。

その車に、轢かれている人間がいたんだから。

「・・・・・・」

俺は自転車を止めた。
夕陽の場所についたのだ。

見渡して、何も変わっていないことを確認する。
この場所に最後に来たのは、二年前。

工藤葵が、交通事故で死んだ日だ。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:zyermi304
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像ひまじん
» 更新 (2008年10月22日)
アイコン画像ヨシオ
» 更新 (2008年10月16日)
アイコン画像猫男爵
» 更新 (2008年10月13日)
アイコン画像めーたん
» 更新 (2008年10月10日)
アイコン画像チャーリー
» 更新 (2008年10月05日)
アイコン画像マヨネーズ・ラテ
» 更新 (2008年10月01日)
アイコン画像ikumi
» 更新 (2008年09月24日)
アイコン画像ハム太郎
» 更新 (2008年09月20日)
アイコン画像火星の後継者
» 更新 (2008年09月19日)
アイコン画像MASA
» 更新 (2008年09月15日)
Yapme!一覧
読者になる