若年性アルツハイマーは遺伝する? 

November 30 [Mon], 2015, 17:04
若年性アルツハイマーは遺伝する?

親、または祖父母が若年性アルツハイマーを発症していると、
遺伝しないかとても不安になると思います。

ここで、この若年性アルツハイマーは
実際には遺伝の可能性は高いのでしょうか。


■若年性アルツハイマーの原因

一般的に「アルツハイマー」とは、
65歳以上で発症したものをさします。

しかし、なかには
64歳以下で発症してしますケースも存在し、
これを「若年性アルツハイマー」といいます。

この若年性アルツハイマーは、多くの場合、
家族性アルツハイマー」が原因であるといわれています。


■家族性アルツハイマーとは?

この家族性アルツハイマーとは、
遺伝性のあるアルツハイマー病のことです。

これは変異した遺伝子をもっていることで起こり、
この変異した遺伝子は子孫にも受け継がれます。

ですので、もし家族のだれかが
若年性アルツハイマーを発症したということであれば、
遺伝の可能性は高いでしょう。


■アルツハイマーは早期発見・早期治療が大切

ですが、アルツハイマーは
早期発見・早期治療することで、
その症状を遅らせたり、軽減したりすることができます


そこで若年性アルツハイマーは遺伝するのかと
不安なあなたにおススメしたいのが、
MYCODE」と呼ばれる遺伝子検査キットです。

この「MYCODE」は、
郵送型の検査キットで、
唾液を採種するだけで簡単に遺伝情報が分かります

このことにより、
アルツハイマーの発症確率なども鮮明になるので、
早々からの対処が可能になります。

もし家族に若年性アルツハイマーを発症された方がいれば、
ぜひ一度検査してみてはいかがでしょうか。

もし気になるのであれば、
下記の公式サイトからさらに詳しい情報をご覧いただけますので、
ぜひ参考にしてみてください。
↓  ↓  ↓
女性向け遺伝子検査キット