住宅ローンについて

August 30 [Fri], 2013, 23:27
家を購入する際には住宅ローンを組むことになりますが、その金利についてお話します。住宅ローンの性質は非常に特殊で、一般的なオートローンやフリーローンと比較すると明らかに、長期間、かなりの低金利でローンを組むことが可能です。新築や増改築の資金融資や、本人や本人の家族が住むための住宅や土地の購入に使うことができるものです。場合によっては、単身赴任中のマンション購入や、セカンドハウスの購入に当たっては、住宅ローンが組めないことがあるかもしれません。住宅ローンは、大別すると公的融資と民間融資に分けられます。少し前と比較すると、公的融資は年金融資や財形融資などがありますが、少し利用しにくくなったという感じがします。公的融資に取って代わるように、民間融資は銀行やノンバンク、保険会社など、様々な金融会社が参入しています。金利や返済条件は、たくさんあるからこそ、住宅ローンを申し込む金融機関の選び方により相当違うのではないでしょうか。ここ最近は、長期固定金利制のフラット35という住宅ローンが注目されています。また今は住宅ローンを組むにはとても条件のいい時期だといいます。金利が、まれにみる低金利時代の到来により、非常に低く抑えられているのが現状です。金利は、バブル期の8%、バブル以後の6%の時代と比較して、2007年10月段階でわずかに上昇して4%台になったとはいえ、まだまだ低いのが事実です。今はこのように金利が低いので、住宅ローンは借り時といわれているのでしょう。

平成22年(2010年)式ウィッシュの査定相場を調べるなら ウィッシュ買取査定
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:zy2rmsck
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/zy2rmsck/index1_0.rdf