寒さが厳しい日には高血圧に注意

January 26 [Sat], 2013, 11:05
今年の冬は寒い日が多く、例年に比べて寒さへの対応が大変です。
夏から秋にかけて、異常な暑さが続いたかと思うと、今度は異常な寒さで、
その対応にも神経を使います。



例えばボイラー。
古いボイラーだからかもしれませんが、
凍る心配があるので、気温によっては温度を下げて、
点けっぱなしにしなくてはいけません。
昼間は大丈夫だと思うのですが、心配なのは夜中です。

だからと言って一晩中起きて、気温を気にしているわけにはいきません。
しかし、毎晩点けっぱなしにするというのもエコではなく、
そこで役立つのが、テレビのdボタンです。
このボタンを押すと、いろんな情報を得ることができます。
データ放送というやつですね。

朝や夕方の情報番組内で最高気温と最低気温は表示していますが、
ある一定の地域しか表示されないので、
実際に自分が住んでる地域は、どんな気温になるのかがはっきりしません。
しかしデータ放送では、かなり細かく表示してくれる局があります。
地域も細かく表示してくれるし、時間も細かく表示してくれるので、
大変重宝しています。



その結果、今年は毎日のように、
夜になるとボイラーを付けたまま寝ることになります。
そこで昨年までのことを思い出してみると、
年に数回しかボイラーを付けたまま寝ることがなかったことに気が付きます。

昼間の温度は、さほど気にしていないのでわかりませんが、
少なくても、最低気温が平年に比べて低いことは明らかで、
体調管理にも注意が必要ということになります。


特に高血圧の人は、ヒートショックには十分注意が必要です。
家の中全てを同じように暖房が利かせられれば良いのですが、
一般の家庭では、どうしても人のいる部屋しか暖めません。
しかし人部屋の中だけで丸1日過ごすことは不可能です。
トイレへ行かずにいるわけにはいかないからです。

だから最近では、トイレ専用の暖房器具も販売されていて、
しかも、人を感知して電源が入るタイプの物もあるようで、
かなり便利になっているようですが、
それでも、部屋からトイレへ行くには廊下を通らなければ行けなかったり、
他の部屋を通ったりしなければ行けなかったりと、
どうしても気温の低い場所を通ることになってしまいます。
そうなるとどうしてもヒートショックには注意が必要になってしまうのです。

しかし、もし高血圧で亡くなったとしたら・・・・
絶対とは言えませんが、高血圧を改善する方法はあります。
それはサプリメント。
私はこれで高血圧を改善しました。

詳しくはこちらを
↓  ↓   ↓
高血圧に効果のあるサプリメントの成分とは





P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ちひろy94w
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる