50年前のノートを探しています――マルマン、所有者を抽選で宮崎に招待 / 2010年04月07日(水)
 「50年前のスパイラルノート初期モデルを探しています」。マルマンは4月6日、同社Webサイト上でこんなキャンペーンを発表した。所有者を抽選でスパイラルノートの故郷・宮崎(1組2人)に招待するという。

 スパイラルノートとは、スパイラル(リングとじ)製本によってマルマンが初めて作ったノート。同社では、1960年に日本で初めてスパイラル製本機をヨーロッパから導入、スパイラル製本の自動化・機械化を図ったという。

 「当時、日本のノートはグレーの毛入り表紙ばかり。そこでみんなが楽しくなる新しいノートは作れないかと誕生したのが、カラフルな『スパイラルノート』。5色の表紙は、当時の日本のノート業界に新たな道を切り拓き、マルマンのノートの原点だ」(マルマン)

 マルマンでは今回、1960年から1977年ごろまでに販売していたスパイラルノート(4品番)を撮影した写真を郵送にて受け付ける。なおスパイラルノートの使用の有無は問わない。

紙製(デザインは原弘氏オリジナルデザイン)、SCとじスパイラル製本

 応募の締め切りは6月15日(当日消印有効)。当選者は6月25日にマルマンのWebサイトで発表する。【鷹木創】

【4月7日18時51分配信 誠 Biz.ID
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100407-00000041-zdn_b-sci
 
   
Posted at 23:49/ この記事のURL
ツイッターのドメイン  日本企業の取得認めず / 2010年04月07日(水)
 日本支社を設立していない米ツイッター社がまだ取得していなかった支社想定のドメイン名「twitter.co.jp」。これを日本のほかの企業が取得し、紛争処理パネルの裁定にまで持ち込まれるトラブルがあった。その背景には、支社を設立しないとドメインを取得できない制度そのものの問題もあるようだ。

 ツイッターのドメイン名は、日本語版でも「twitter.com」になっている。ところが、米ツイッター社は、日本支社に当たる「twitter.co.jp」はまだ取得しておらず、それが東京都内でITコンサルティングをしている日本企業に取得されていたのだ。

■約260万円で譲りたいと連絡

 これに気づいたツイッター社が2010年1月28日、日本知的財産仲裁センターの紛争処理パネルに裁定の申し立てをした。しかし、ドメイン名を登録していた日本企業は、提出期限の3月3日までに答弁書を提出しなかった。結局、パネルは同31日、ツイッター社にドメイン名登録を移転するよう日本企業に命じる裁定を下した。

 裁定によると、ツイッター社は「TWITTER」「ついったー」で商標登録しており、日本企業取得のドメイン名は混同させるほど似ている。また、この企業は、ツイッター社と業務提携関係などはなく、同社が商標使用を許諾したこともなかった。

 さらに、この企業は、ツイッターの「おすすめ」ユーザーへの推薦を募るような投票サイトをツイッター社名で開設。ドメイン名を09年11月25日に取得してから1か月ほどしか経っていないのに、ツイッター社に2万ユーロ(約260万円)で譲りたいと連絡してきた。そして、企業の社長は、自分を「おすすめ」ユーザーに加えてほしいと言ってきたというのだ。

 ドメイン取得費用は高くて1万円ほどのため、これは商業上の利得を得るため、不正の目的で登録したと断じた。

 今回は、ツイッター社が日本支社想定のドメイン名についての裁定で勝訴した。とはいえ、日本でもツイッターが2006年から利用できるようになったのに、なぜ「twitter.co.jp」を早く取得しようとしなかったのか。

■取得企業「余っていたので取った」

 ツイッター社の代理人をしている鈴木康仁弁理士は、こう説明する。

 「汎用の『twitter.jp』については、日本に連絡先があればいいので、取得しました。しかし、法人用の『twitter.co.jp』については、要件が厳しく、日本支社を設立・登記していないと取得できません。これから取得しようと考えていたところ、先に取得されてしまったということです」

 まだ日本支社を設立していないが、裁定が出ると、特例で「twitter.co.jp」を暫定的に保有できるという。日本企業に対しては、「ドメイン名を取得する必要性はないはずです。何かのビジネスをしようとしていたなら、業務提携を申し込むなどしてほしかった」と話す。

 一方、敗訴した日本企業の社長は、取材に対し、こう弁解する。

  「ツイッター側は、最初買い取りたいという話でしたので、譲渡額をユーロで言いました。しかし、ユーロの換算ミスで、ケタ数を間違えて伝えてしまいました。その後、裁定の申し立てをされ、こちらは何の手立てもありませんでした」

 答弁書を提出しなかったのは、締め切りが1日ずれて間に合わなかったためとしている。裁定はやむを得ないとして、裁判所への不服申し立てはしないという。

 日本支社でもないのに、「twitter.co.jp」を取得しようとした理由については、こう言う。

  「twitterのほかのドメイン名はみな取得されており、余っていたので取ったということです。売買目的ではなく、堀江貴文氏らの有名人を取り込みながら、ツイッターユーザー自らも有名になれるサイトを作る新規事業のためでした。ツイッター社の名前を使ったのは、同社と無関係との一文を入れるにシステム構築がまだ間に合っていなかったからです」

 いずれにせよ、海外企業がドメインを取得する制度に抜け穴があった面は否めない。鈴木弁理士によると、同様な申し立てや相談が相次いでいるといい、何らかの環境整備が今後求められそうだ。


■4月6日21時22分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000006-jct-sci
 
   
Posted at 23:19/ この記事のURL
日本人死刑は中国の「政治的判断」、対抗措置が必要―佐藤優 / 2010年04月07日(水)
 元外交官で評論などで文筆家として活動する佐藤優氏は7日、自らのブログで「中国での日本人死刑にはボイコットで対抗すべき」とする考えを明らかにした。「あらゆる手段で国民の生命と財産を守ることが国家の機能」と主張し、「日本の反発は抑えられる」と政治判断した中国に対抗せよと主張した。

 中国は6日、麻薬密輸罪で死刑が確定していた赤野光信死刑囚(65)の刑を執行。武田輝夫死刑囚(67)、鵜飼博徳死刑囚(48)、森勝男死刑囚(67)の3人にも、刑を執行する方針を固めた。

 佐藤氏は、短期間における日本人4人への死刑執行は、中国の「政治的決断」と指摘。「日本人への死刑執行を躊躇(ちゅうちょ)していた中国が、方針を転換したという事実が重要」と論じ、日本の反発を抑え込むことができると、中国が読んでいる」と分析した。

 佐藤氏は、日本人の死刑に対して積極的に動こうとしない岡田外相を批判。同外相は「それぞれの国に法律があり、司法制度がある」などと述べ、手続きには懸念があるが、中止の要請を「言うわけにいかない」と発言。佐藤氏は、「いったいどの国の外務大臣なのだろう? 本気で日本人同胞を守ろうとしているのか?」などと論難した。

 さらに、「現代の国際法理論において、国家主権は絶対でない。だから、国連がサダム・フセインのイラクや金正日の北朝鮮に対して干渉することができる」と指摘し、「あらゆる手段を尽くして日本国民の生命と財産を守ることが国家の機能であり、日本の外務省はこの機能を果たしているとは思えない」と批判した。

 佐藤氏は、死刑制度に反対している国会議員は、抗議のために中国製品の期限つきボイコットを国民に呼びかけるべきだと主張。中国製品を長期間、完全に排除することはできないとの現状認識を示した上で、自分自身が「今後1週間、中国製品を一切購入しないことにする」と宣言した。(編集担当:如月隼人)

【4月7日18時36分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100407-00000077-scn-cn
 
   
Posted at 21:15/ この記事のURL
「宇宙なう」――国際宇宙ステーションから届くTwitter / 2010年04月07日(水)
 上空350キロの国際宇宙ステーションから続々とツイート(つぶやき)が届けられている。4月6日に宇宙へ上がった日本人宇宙飛行士、山崎直子氏のツイートはいつ届くのだろうか。

【拡大画像や山崎直子氏のツイート紹介画像】

 「Hello Twitterverse! We r now LIVE tweeting from the International Space Station -- the 1st live tweet from Space! :) More soon, send your ?s(やあ、Twitterユーザーのみんな! 僕らはいま、国際宇宙ステーションにいる……。これが宇宙から初めての生ツイートというわけだ! えーと、何か質問ある?)」――これは、2010年1月22日に、地上から約350キロ上空の地球周回軌道にある国際宇宙ステーション(ISS)からティモシー・クリーマー(Timothy J.Creamer)宇宙飛行士が直接発信したTwitterメッセージ(ツイート)だ。

 米シトリックス・システムズは4月6日、アメリカ航空宇宙局(NASA)が構築した「Crew Support LAN」に、デスクトップ仮想化技術「Citrix XenDesktop」とWAN最適化技術「Citrix Branch Repeater」が組み込まれていることを発表。クリーマー氏を含む第22次長期滞在乗組員は、国際宇宙ステーションに持ち込んだノートPCを地球上と同様に使えるようになった。

 これまでにも国際宇宙ステーションからツイートが送られたことがあった。しかし実際には、限られた帯域幅とデータ転送処理にかかる待ち時間のため、宇宙飛行士から電子メールで送られたメッセージを地上職員が手動で転送していた。

 4月6日にスペースシャトル「ディスカバリー」で宇宙へ上がった山崎直子氏も、打ち上げ前に「皆さん、あと2時間でオレンジスーツを着用します。家族、知人、たくさんの方々からの声援に心から感謝しております。宇宙からのTweetも待っていてください。いいミッションにしていきます。では行ってきます!」というメッセージを残しており、日本人女性初の「宇宙なう」が届くのが楽しみだ。【岡田大助】

【4月7日18時48分配信 Business Media 誠
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100407-00000039-zdn_mkt-bus_all
 
   
Posted at 20:46/ この記事のURL
大和悠河が“写楽”役? 謎の絵師を題材にした新作ミュージカルが開幕 / 2010年04月07日(水)
鮮やかな作品群と謎に包まれた生涯によって、今も我々を魅了し続ける浮世絵師・東洲斎写楽。たった9か月の活動の後、忽然と消えたこの天才絵師をモチーフに、表現者たちの葛藤と苦悩を描いたオリジナルミュージカル『戯伝写楽』が4月7日、青山劇場で開幕した。脚本は劇団☆新感線の座付き作家、中島かずき。演出は独自の美意識で小劇場から商業演劇まで手掛ける荻田浩一が担当。劇団☆新感線出身で今やミュージカルでも人気の橋本さとしと、宝塚歌劇団を退団後これが女優2作目となる元トップスター大和悠河を芯に据えながらも、中島の圧倒的な筆致を生かした骨太な作品に仕上がった。

ミュージカル『戯伝写楽』の会見写真

寛政5年の江戸。お調子者の能役者・斉藤十郎兵衛(橋本)は偶然、流れ者の絵描き・おせい(大和)と出会う。浮世絵師・喜多川歌麿(小西遼生)が版元の蔦屋重三郎(山路和弘)と組んで大流行となっているのを知った十郎兵衛は、おせいの絵を自分のものと偽り蔦屋に取り入ることに。写楽という雅号も得、まんまと大儲けをする十郎兵衛と友人の与七(東山義久)。そんな彼らをよそに楽しげに次々と絵を描き続けるおせいだったが、ある日“写楽”の絵を目にした鉄蔵(葛山信吾)が訪ねてくる。なじみの花魁・浮雲(ソニン)も「“写楽”に私を描いて欲しい」と十郎兵衛に詰め寄るが……。

時代劇とはいえセットは最小限にとどめられ、タンゴ、ボサノバ、サンバと多彩な音楽が舞台を彩る本作。調子よく世の中を泳いでいるように見えて実は空ろな心を抱えている十郎兵衛と自分の絵に自信が持てず逡巡を繰り返す鉄蔵。舞台では、彼らの姿を通して普遍的な表現者の相克が描かれていく。グイグイと観客を引き込むダイナミックな筆致は中島の真骨頂だが、特筆すべきは大和演じるおせいの造型だろう。憑かれたように絵を描き散らし、微笑みながら死もエロスも飲み込んでいくおせいの姿は、“写楽”という覚めない夢を表して圧巻。大和の無垢さと、それを受け止める橋本の温かい存在感、さらにプロデューサーとして表現者たちに賭ける蔦屋役・山路の清濁併せもつ表情も印象に残った。

4月6日の公開舞台稽古前に行われた会見では、「写楽はこういう人だったのかな?というのをお客様と一緒に追いかけたい」(橋本)、「見終わって爽やかな気持ちになれる作品」(大和)、「歌って踊ってパワーのある舞台になりました」(葛山)、「歴史上の人物も登場するので、そちらの楽しみ方も」(ソニン)と口々にオリジナルミュージカルへの想いを語ったキャスト陣。実力派キャストとスタッフによる舞台の醍醐味を、ぜひ本作で味わって欲しい。

4月17日(土)まで東京・青山劇場にて上演。その後4月24日(土)・25日(日)に大阪・シアターBRAVA!にて公演。チケットは発売中。

取材・文:佐藤さくら

【4月7日17時47分配信 @ぴあ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100407-00000003-pia-ent
 
   
Posted at 20:15/ この記事のURL
山崎直子さんも合流〜ディスカバリー号とISSのドッキングがライブ中継中 / 2010年04月07日(水)
 山崎直子宇宙飛行士らを乗せたスペースシャトル「ディスカバリー」は日本時間7日16時44分、地球を周回するISS(国際宇宙ステーション)とドッキング。その模様がライブ中継されている。

他の写真を見る

 そして18時11分にハッチがオープン、山崎直子宇宙飛行士もISSに乗り込んだ。ライブ中継はJAXAサイトのほか、ニコニコ動画でも視聴可能だ。

【4月7日18時41分配信 RBB TODAY
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100407-00000032-rbb-ent
 
   
Posted at 19:46/ この記事のURL
<自転車>日本初! 親子で楽しめたロングライドの「親子ブルベ」 / 2010年04月07日(水)
 東京都自転車競技連盟が運営する「TCF親子ブルベ」が4月4日、埼玉・荒川サイクリングロードを中心にして開催された。1回目とあった参加したのは13組の親子だったが、40kmの距離を速い親子は2時間強の時間で、遅い親子でも制限時間を少しオーバーする4時間半強で完走した。

 ブルベとは長距離サイクリングの実力認定制度。日本のブルベを統括するオダックスジャポンでは世界基準の200km、300km、400km、600km、1000kmなど長い距離で実施するため、日本では子供の参加が認められていない。
 そこで同連盟の普及委員会では、親子でも楽しめる距離40kmのプチブルベを企画したのだ。
 早く到着した親子には、ボトル拾い、肩を組んでのスラロームなど、普及委員会の自転車教室におけるいくつかの課題をこなしてもらう。協賛企業のアキコーポレーションからの協賛品などを参加賞として渡して、さらに当日はキリスト教の復活祭ということもあって、草むらに彩色したイースターエッグを隠して子供たちに探させるゲームもした。
 普及委員会では、今後も自転車競技普及のために、各種イベントやスクールを予定しているという。今回は自転車に乗れる子供なら年齢制限はなかったが、自転車学校でも2つの流れがあり、京王閣におけるトラック走路を使ったもの、下総フレンドリーパークにおけるロードレースのシリーズ戦も予定している。
 子供ブルベも、秋には里山を使ったステップアップ版を予定しているという

●ルート
「秋ヶ瀬公園」羽根倉橋側10:00スタート→CP1「ホンダエアポート」(CPクローズ予定12:00)→CP2「榎本牧場」(CPクローズ予定13:00)→「秋ヶ瀬公園」(クローズ14:30)

【4月7日0時58分配信 サイクルスタイル・ドットネット
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100407-00000000-cyc-spo
 
   
Posted at 19:18/ この記事のURL
香川大学と富士通、特別な支援を必要とする子どもたちへの携帯電話活用の実証実験を開始 / 2010年04月07日(水)
 香川大学と富士通は7日、特別な支援を必要とする子どもたちとその指導者や保護者などを対象にして共同で、携帯電話を活用した生活・学習支援の実証実験を行うことを発表した。実証実験の期間は2010年5月 〜2010年9月末。

 香川大学教育学部では、附属特別支援学校や附属特別支援教室「すばる」において、特別な支援を必要とする子どもたち(知的障がい、学習障がい、自閉症など)への教育と支援を行っている。特に、知的障がいや発達障がいの子どもたちを対象にして、ICTを活用した教育と支援も実践している。一方富士通は、誰もが参加できるICT社会を目指してユニバーサルデザインに取り組み、特定の色を判別することが困難な方向けに色の判別を支援する「ColorAttendant」(カラーアテンダント)など、携帯電話上で動作する支援ソフトウェアを開発、提供している。

 今回、富士通が開発した、時間の理解を支援するソフトウェア、コミュニケーションや見通しを支援するソフトウェア、漢字の筆順の理解を支援するソフトウェアなどを用意。3つの支援ソフトウェアをインストールした携帯電話を教師、支援員、保護者に数か月間貸与し、使用場面の観察、アンケート、ヒアリングなどを通して有効性を調査、分析する。実証実験終了後、調査結果は公開し、教育機関、支援センター、保護者などに対して、携帯電話の活用事例、支援の有効性などについて幅広く紹介する予定だ。さらに、これらのソフトウェアについては、実証実験結果を踏まえて機能、操作性の改善を図り、普及を目指す。


【4月7日14時1分配信 RBB TODAY
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100407-00000015-rbb-sci
 
   
Posted at 14:31/ この記事のURL
IIJ、「サイボウズ ガルーン SaaS」をグループ会社との情報共有基盤に / 2010年04月07日(水)
 サイボウズは4月6日、インターネットイニシアティブ(IIJ)がSaaS(サービスとしてのソフトウェア)型グループウェア「サイボウズ ガルーン SaaS」を導入したと発表した。IIJは、これまで活用していたグループウェアのデータを簡単に移行できる点などを評価した。

 IIJは2001年にグループウェアのパッケージソフト「サイボウズ Office シリーズ」を導入したが、社員が増えたことでパフォーマンスが低下。700ユーザーを超えた時点で、出勤時間にグループウェアにアクセスできない従業員が出始めた。サイボウズ Office シリーズは最大300人を想定したグループウェアであるため、サーバを増強しても性能が改善されず、新しいグループウェアへの乗り換えが必要になった。

 同社が新システムに求めた要件は、少人数で運用でき、利用者が増えてもサーバの運用やメンテナンスに追加コストを掛けずに済むこと。利用者数に応じて従量課金でサービス料金の支払いができるSaaSに絞り、サイボウズ ガルーン SaaSを採用した。導入していたサイボウズ Officeと同じ使い勝手であり、利用者を再教育せずに済む点、データ移行に優れている点などを評価した。現在、約1700人の従業員が利用しているという。

 導入していた「サイボウズ Office 6」および4月に吸収合併したアイアイジェイ テクノロジーが利用していたグループウェア「desknet's」のデータをサイボウズ ガルーン SaaSに移行し、情報共有基盤として活用している。システムの構成変更やデータ量の増加などを意識せずに、システム統合が実現できたとしている。

 IIJは、クラウドサービス「IIJ GIO」の1メニューとしてサイボウズ ガルーン SaaSを提供している。今回のシステム導入で得たノウハウを生かし、導入支援のサービスを強化していく。【藤村能光】 4月6日22時2分配信 ITmedia エンタープライズ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000076-zdn_ep-sci
 
   
Posted at 13:54/ この記事のURL
日本海側で初、3府県共同で17日からドクターヘリ運航(1)  / 2010年04月07日(水)
 京都、兵庫、鳥取3府県が共同で取り組むドクターヘリが、17日に運航開始する。これを前に、運航エリア内の各消防本部との合同訓練が、5日から府内で始まった。重症傷病者の近くまで飛んでいき、現地で治療行為を開始して病院まで短時間に搬送できるドクターヘリ。「空飛ぶ病院」の登場で、北部に、新しい救急医療の時代が始まろうとしている。

 全国17都道府県の21カ所で運航されているが、日本海側ではこれが初めて。3つの府県共同で取り組むのも初めてのこと。
 
 3府県の中央、兵庫県豊岡市の公立豊岡病院に設けられる救命救急センターを基地病院とし、原則として半径50キロ、状況により100キロ以内に出動する。府内だと50キロ圏は丹後半島をすっぽりカバーし、内陸側では福知山市のほとんど、綾部市の一部まで。100キロとなると南丹市までカバーする。
 
■救急専門医と看護師が搭乗、現場で医療行為■
 
 ヘリには操縦士と整備士のほか、救急専門医と看護師が乗り込み、救急医療に必要な機材を積む。
 
 消防署や病院から遠い地域の傷病者の元へ早く駆けつけ、早く病院へ搬送できるだけでなく、医師が乗り込むことで、到着した時から医療行為を始めることができる。
 
 人口が密集している都市部では救急病院までが近いなど、早く医師に診てもらえて命が救われやすい環境にあるが、病院まで時間がかかる地方部では「救えるはずの命」が救えないこともあった。それを都市部と同じように、「救える命に」というのがドクターヘリ運航の目的。
 
■福知山まで50キロ、15分■
 
 豊岡病院から福知山までヘリで約15分。福知山消防署へ119番通報が入り、ドクターヘリが必要な案件だと判断された段階で豊岡へ連絡が入り、ヘリが飛び立つ。消防署の救急車が患者の元へ急行。詳しい状態をヘリに伝えつつ、ヘリが着陸できる場所まで患者を搬送し、ヘリと合流する。
 
 救急隊が現地へ駆けつけ患者の容体をみてからヘリ要請をしたのでは遅い。救急車が到着したころには上空にヘリがいるぐらいが理想。飛んでから、ドクターヘリが必要なほどのケースで無かったことが分かって引き返してもかまわないから、ためらわず出動要請を−と言ってもらっていますと、福知山消防署。「市民のために積極的に活用していきたい」と話す。

【4月6日18時27分配信 両丹日日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000303-rtn-l26
 
   
Posted at 12:37/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!