津村だけどアート

October 11 [Tue], 2016, 13:55
WEB上の婚活サイトに登録しようとするとき、心配になるのは、途中で退会したくなったときにお金を請求されないかという点でしょう。

結婚情報サイトに自分で登録した場合のように、自らの意思で登録したサービスについて通販のクーリングオフのような制度はあるのかが心配ですね。
サイトに登録する際には、あらかじめ退会時の決まりなどをしっかり読んでおくべきでしょう。年収を婚活中に無視する、或いは、全く注意を払わないという人はまず居ないと思います。

婚活中は男女関わらず、年収をきちんと見てから次の進展をどうするかを考えることも少なくありません。
あるいは、自由になるお金の額が少なければ婚活に制限があったり、反対に、金銭的な余裕がある場合には自由に活動出来たりと、年収の差は、婚活の内容にも繋がるということですね。何年か前の話ですが、友達に誘われて婚活パーティーに初めて参加しました。

こういったパーティーに行く女友達は数人いましたから、なんとなくイメージが湧きました。ですが、男性となると、私の周りでは経験者がいませんでしたから、男性の参加者にはどんな人が居るのかと、緊張していました。それまでの想像では陰気な印象の男性や、口下手な男性が中心なのかと思い込んでいたのですが、実際にパーティーに行ってみると、全然暗い雰囲気ではなく、感じのいい方が大半でしたから、それまで想像していた婚活パーティーの印象が全く違う事が分かりました。

実際の婚活イベントで使われるパーティー会場といったら、大人数ですとホテルのバンケットルームやイベントホール、少人数だとカフェやレストランなどが定番ですよね。



でも最近は、クルーズしながら婚活パーティーを行うタイプも流行っているのです。

3時間の乗船時間で婚活パーティーを行う簡単なものから、3泊4日のクルーズで婚活と観光を同時に出来るといった婚活イベント等、多くの種類のクルージングパーティーがあります。

なのでクルージングパーティーは需要が高く、参加者も多いようなので、おススメです。


実際に婚活をしている時に悩むものといえば相手を断る時でしょう。下手に断ってしまうと、相手の印象も悪くなってしまいますし、トラブルに発展すると、次の婚活どころではなくなってしまいます。



なので、断る際には細かいフォローを忘れずに、向こうの悪いところは言わず私に至らないところがあるために交際できないと言ってしまうのが良いと思います。絶対に相手側の悪いところを指摘しないようにすることが重要です。
穏便に関係を断ち、新たな出会いに向けて気持ちを切り替えるのが良いでしょう。

婚活パーティーは、これまでに何度か参加しています。

婚活バスツアーについては、なかなか休みの調整がうまくいかず、行った事がありません。

いろいろと情報を集めてみると、女性は男性の半額ほどで参加できるツアーもあるそうなので、活用したいですよね。
個人的に、パッと人を判断したり顔を覚えるのが不得手なため、大勢の人と短時間で話すパーティーに対して一人一人の男性とちゃんと話す機会があるバスツアーであれば、ちゃんと考える時間ができて、性格的に向いてるのかと一番注目している婚活方法です。


私の地元には、地域の委託を受けた社協が、結婚相談事業を実施しているのです。結婚後は町内に在住するという決まりがあるのですが、別な地域でも市町などの公的な機関が携わって婚活をすすめているような場所が結構あるんじゃないでしょうか。登録料も比較的安価で、相談員の方も親身に話を聞いてくれると思います。流れとしては、紹介を受けてお見合いし、交際を決めるという順番なので昔から繰り返されてきたやりかたで、安心感がありますよね。通常、お見合いをした場合、お相手との条件が合えば、交際をスタートすることになるでしょうし、お会いしてみて合わないと感じたときは仲人さんを通じてお断りすることになるでしょう。
結婚相談所で知り合ったお相手が気に入らなければ、普通は、結婚相談所を通じてお断りしてもらうことになります。

お相手に自分で伝えるのは大変でしょうが、担当の方にお任せすればお相手にも円滑にお断りを伝えてもらえますので、これも結婚相談所も良い所だといえます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:瑛太
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/zwl9laecgtih80/index1_0.rdf