いとしいあなた3 

September 26 [Sat], 2015, 12:51



さて、無事に生まれてきてくれた娘
早くも一ヶ月を迎える!



産まれたときは2728グラム、49センチ

正産期突入速攻で産まれた割にはしっかりとした大きさだった
スゴくほっとした

手術室で会って以来、その姿を見ていなかったのでNICUで再会したときは本当に嬉しかったなー(´・ω・`)

ただ、
手には点滴
鼻には管
背中にはモニターのなんか線

保育器でオムツ一枚とガチャガチャいろんな管だらけの娘は、なんだか痛々しい見た目だった

申し訳ない気持ちが込み上げる
普通に産んであげられなくてごめんね、と今になっては謝ることしかできない

保育器の中に手を入れて、まだしっとりとしている娘を撫でて
嬉しい気持ちと申し訳なさでポロポロ泣いた

(今、病院の娘に会いに行くためバスに乗ってるんだが、思い出し泣きしそうでヤバすww)


入院中は、滅菌されたカップに母乳を搾って届けるというシステムだった

初めての搾乳!
先ずは看護師さんが張ってきてるおっぱいを搾ってくれる!

痛えぇぇぇぇ(°▽°)ぇぇえええ!!

恐ろしく痛いでござる!
痛すぎて呻くレベル!
看護師さんも「痛いよね、ごめんね。」と、ちからいっぱい搾ってくださる

でもこれが大切なことなんだと、こうしないと後々母乳出なくなって泣きを見るのは自分なんだと、必死で耐えた!
そう!陣痛に比べりゃ痛くない!
耐えるんだ!!

こんなに痛い思いをしてるのに
私が看護師さんに放つ一言は
「ありがとうございますッッ!」

・・・間違っても私はマゾヒストではございません!

自分で搾るのは痛くって上手くいかないから、手加減なしでやってもらえるのは本当に助かった!
今こうして母乳がでてるのは看護師さんたちのお陰だと思ってる
本当にありがとうございます!!(°▽°)


一方その頃娘は徐々に浮腫みもとれて、体重が減っていた
(この体重の減りは正常なもので、生まれる前に羊水に浸ってふやけていた全身の水分が抜けてくために減少するのだそうです)

手の甲の点滴もとれて
直におっぱいをあげることになる

ちなみに鼻の管はなにかというと、
その管は胃まで通っていて、ミルクや母乳、薬なんかを直接胃に流し込むためのものである
せっかく寝てるとこ起こさずにミルクをあげれるし、お薬を嫌がることもない
見た目は痛々しいが、大変利にかなった処置なのでした



初めてのおっぱい
飲んだ量は、なんと驚きの2グラム!!
誤差の域ですよ、こんなもんww

まぁ、上手に飲めなかった要因としては、お鼻の管のせいもあるし、母ちゃんの乳首が理解できないってこともあるらしい

そりゃ、哺乳瓶またはお鼻の管から今まで飲んでたんだもん
いきなり謎の物体くわえさせられても判らんわなw

そこで私はニップル(乳頭保護器)をお見舞いにくる旦那に買ってきてもらうことに!

次のおっぱいの時に早速使用してみると、娘はしっかりとくわえた!!

おぉっ!(°▽°)
感じる!感じますぞ!!(°▽°)

と、吸われてることを看護師さんにそのまんま伝えたら笑われたw
伝えかたが卑猥だったねww


おっぱいの試練はニップルというアイテムのお陰でなんとかパスした娘

次の試練は薬を口から飲むこと!!


心臓の負担を軽くするために、利尿を促す薬を一日三回飲まないといけない

赤ちゃんだってバカじゃない
不味いものは吐き出す

お薬なんだから当然おいしくはない

さぁ!娘よ!
いざ口から飲むのだ!

おっぱいをあげる前に、看護師さんがスポイトでお口に薬を流し込む!

娘・・・何食わぬ顔でそれを飲み込む・・・

私が思うに、こいつは腹にはいれば何でもいいタイプなんだと思う
お母さんに似て「こちとら腹がへってんだよ!食えればなんでもいいんだよっ!早く寄越せ、このウスノロ!!」と、でも言わんばかりの食欲があなたにもあるのね!

お母さん・・・食いしん坊な性格で良かった・・・ww


ということで、
口からミルクも母乳も飲める!薬だって飲めちゃう!
無事に鼻の管がとれる


そして入院中は大体3時間おきにNICUに呼ばれる生活が始まる

ただこっちも切腹したばかりの身
3時間おきに上の階の別室に行くのはしんどい

だから無理のない範囲で行けばいいんだけど
出来るだけ夜中も行ったし、早朝だって行った

少ない時間のコミュニケーションだったけど、かけがえのない時間をすごした




そんでもって
出産から1週間
私だけが退院する

嬉しいような悲しいような
そんな退院

退院後の話は、また今度!


いとしのあなた2 

September 21 [Mon], 2015, 20:14


初めての手術
テンションは上がりまくってるが陣痛は容赦なく襲いかかってくる
その陣痛に耐えながら手術台に移動し、麻酔を打っていく

先ずは部分麻酔・・・チクッとする(当たり前)

その後脊髄麻酔・・・チクッとする+コリコリっと背骨で感じる

どちらも痛くない!

そう!陣痛に比べりゃ痛くないじゃん!平気平気!


麻酔が効きはじめるまでに、身体に装置がつけられてく
どこからか心拍数を測る音が聞こえる

(緊張するとこの音が早くなるんだなー。平常心平常心っと・・・。)

と、怖くないと自分に言い聞かせる

身体のいろんな部分に氷を当てて麻酔の効きを確かめた後
いざ手術開始

ほら、テレビでよく見るじゃん?
先生たちが向かい合って、手袋つけた手を上にあげて
「緊急帝王切開手術を開始します。所要時間は1時間。よろしくお願いします。」
「「よろしくお願いします。」」
ほんとにやってたわ、これww

ところで、どうしてこんなに私に余裕があるかというと、このとき私は麻酔のお陰で陣痛から解放されていたからなのです!

さらに、麻酔の謎の効果により、酒に酔ったかのようにテンションが爆上がりでニヤニヤしまくってた
怖いものなんてなにもない!手術ヒャッハーーッ!ってなってたww

手術の感じはハッキリ覚えてるけど、書き起こすとグロテスクなのでやめとくわ

ものの20分くらいでお腹をグッと押されると、ぽこっとなんか出てスッキリしたような感覚になったかと思うと、「ほげほげ」聞こえる

はて?この音はなんだ?
「ほげ、ほげ、ほげ、ほげぇ・・・ほげ。」
ハッ!!まさか赤ちゃんの泣き声なのですか!?(°▽°)
面白すぎて笑いそうになるのを堪え、縫合が始まる

出来るだけ動かないようにしたくって、もちろん泣き声聞こえてるし産まれたってわかってるんだけど、嬉しい気持ちをあまり表現せずにじっとしてたら、先生が産まれたよーわかるー?聞こえてるー?って心配されさw

だって縫ってるんしょ!?しゃべったらお腹動くじゃんwじっとしてたいの!w
聞こえてるわw笑いそうで逆に困ってるわw

お腹を縫われてる最中、小児科の先生が赤ちゃんを見せにきてくれた

生まれたての赤ちゃんを生で見るのは初めて!
しかも、こいつは我が子なのかぁ。すげーなぁ。って、感心してた

・・・頭を見たけど、気にしなーい

と、ここで先生が「ちょっと頭の形が・・・」

その瞬間、我慢してたのに!
ついに笑ってしまったwwお腹が動くーっw手術してる方の先生もビックリさせてしまったよねw先生も笑っちゃってたわw

娘よ、なぜなのかw帝王切開なのに、頭ソフトクリームやんけwwってね

まぁ、すぐに冷静になって、赤ちゃんの顔を指先で撫でたら嬉しくって涙がポロポロ出た
たくさん泣くとお腹が動くからまたすぐ泣き止んだけど、嬉しくってたまらなかった
赤ちゃんは、そのあと別の場所に移動した

縫合も終盤
何故か気持ち悪い
ついさっきまでニコニコしてたのに急にしかめっ面になる私を心配して、頭もとでずっと様子を見てくれてた看護師さんが「どうした」と聞いてくれた
私は「気持ち悪いーヨダレがでるぅぅ」と予告してヨダレをダバーっと流したら、すかさず拭いてくれた

縫い合わせるときに、ぐいっと皮膚を引っ張られるんだが、段々と痛い感じになってくる
じわりじわり麻酔が切れ始めてきてるんだなーと実感
縫うのとか間に合わなかったら、怖いよなーって他人事のように感じてた

もう終わったぞーって頃に私は謎の頭痛に襲われていた

どうもこいつは麻酔のせいなんだと思う
麻酔というのは短い感覚でやってくるお酒のようなものなんだろうと思った
テンション上がって、気持ち悪くなって、頭が痛くなる
これが1時間の間にぜーんぶ味わえる
それが麻酔!!

とくにテンションの上がりかたがヤバすぎるw
お酒と言うよりは麻薬って感じなんだろうな!


ちょっとずつやってくる痛みからか、しゃべる元気はない

先生が終わったよー大丈夫ー?と聞いてくれて
私はニッコリ笑って頷いただけだった



病室に戻る途中に親と旦那さんがいた
とりあえず、ブイサイン

やっと病室で落ち着いて、旦那に最初に伝えた言葉は

「手術中、帝王切開なら5人くらい産めるわって思った。」

それぐらい普通の陣痛ってのは痛かったww



その後、確かに色々な痛みに襲われるも、どんな痛みも陣痛と比べれば痛くない!と、思いながら過ごしたww



出産翌日
痛いのは堪えて娘に会いにNICUへ向かう
保育器の中で眠る娘を見たら、またなんか泣けてきちゃった
やっと会えた!!って嬉しくってね


それから、退院まで
毎日毎日旦那さんは仕事のあとにたった30分しか会えないのに、お見舞いにきてくれた

それがなんだかものすごく嬉しくって
ハッキリ言って惚れ直したw
娘のために、私のために。
疲れてるだろうけど、毎晩来てくれた


そんな彼がラインで送ってくれた言葉を私は忘れないね!

「好きな人が二人になって幸せ」

まぁ、なんて素敵な言葉!!
あんまりに感動してベッドで1人また泣いたわww


そうだねー
好きな人が増えたんだね!
大切に想える人が増えることって、すごく幸せなことだね!!

彼とのことは色々あったが、
やっぱり私はこの人じゃなきゃなと思ったw



さぁて、のろけはこの辺にして
娘だ、娘!

まぁ、でも長くなったし、とりあえず今回はこの辺でおわりだ




次回こそは娘について書こう!

次回は娘の症状とあたしの生活についてだ!

いとしいあなた1 

September 21 [Mon], 2015, 15:38


う・ま・れ・たぁ(°▽°)ぁぁぁああ!!

破水から2日後に娘を出産いたしました

そんでもって、3日後に娘は一ヶ月になります!
いぇーぇぇい!!



忘れかけてるけど、経験を綴っておこうね!
思い出はちゃんと置いとかないとね!


破水して入院
陣痛がくるまでまたしても絶対安静!トイレ以外の生活はベッドの上!お食事も持ってきてくれます!
トイレまでの道のりが長くて、行くたびにジョロジョロ羊水が漏れてるのがわかった

入院2日目
前駆陣痛が始まる!生理痛?おなかの張りと痛みが下半身を襲う!夜中も痛くて眠りが浅いままに過ごす
漏れでる羊水に血が混じるが、赤ちゃんが降りてきてるサインらしい
夜11頃のNSTのあとで大部屋で、痛みをこらえるのが気になるならと、陣痛室にうつしてもらえる!これで気にせず声を漏らしたりできる!安心からか、痛みの合間に寝れるようになった


出産当日

今日の午前9時に促進剤はじめようねーって話だったけど、午前4時に陣痛が始まる
なかなかに痛い!天井からぶら下がる綱に掴まって、呼吸法を試していきみ逃しをがんばる
陣痛の間隔が狭まるにつれて、痛みが増していく
息も詰まりそうな痛みだけど、陣痛がくるたびに深呼吸を繰り返す
合間には眠る

午前7時
あらかじめ目の前のホテルで待機していた旦那さん召喚!
安心感からかなんかポロっと泣くけど恥ずかしいからごまかす
陣痛の合間はニコニコ話す、が、陣痛がくると呻きながら深呼吸
痛くて痛くてぎゅっと目をつぶって息をした

午前9時
NSTで赤ちゃんが苦しそうにしてるのがわかった

その時の先生と私の会話!
先生「安藤さん、赤ちゃん苦しそうだから帝王切開するけど、お腹絶対切ってほしくないとかそんなことない?」
私「・・・・別に!!」
先生「じゃあ切るね!(ちょい笑い)」
緊急帝王切開決定!

陣痛が痛くて、最短の言葉しか言えなかった結果、発した言葉に後々自分でも笑えたw「別に」ってバカかあたしはw

10時30分に手術することになる
今か今かと待ってた親を呼ぶ
帝王切開するにいたっての後遺症であるとかリスクの説明を受けるも、陣痛が半端なくて途中から聞いてるが、聞いてない

(んなもん、いいから、ちゃっちゃと腹切れや!!)
と、心のなかで思ってたw

2〜3分おきになる陣痛に耐える
体が持ち上がるほど綱を引っ張りながら必死に息をしてた

その間旦那さんは大量の書類にサイン
手術まであと少し
様々な準備が整ってく



いざ手術室へ!
エレベーター前に親を発見!頑張ってねと言われ、ブイサインを送る

旦那が頭を撫でてくれたら、ちょっと涙が出た
ちっとも怖くないなんてことはない
たぶんそれで涙が出たんだと思う

それでもニコニコしながら出陣!!


移動中も襲いかかる陣痛!
たくさんの看護師さんが応援してくれる!

そして初めての手術室!

うひょー(°▽°)テレビで見た部屋やんけー!っとテンション上がる



手術台にうつる

その時の思ったこと

(手術台柔らかーい!!)





・・・・次回へ続く!
次回は手術の感想と産まれた娘についてを記す!

案外大丈夫! 

August 23 [Sun], 2015, 0:31


自宅安静解除からはや4日目。

いつ産んでももう大丈夫だからね!
と、先生に言われて、嬉しくてワクワクして過ごしてた。

安静解除の日に早速、母と5時間近く歩きながら買い物w我ながら無茶をするw

翌日は小児科。
午後一番で免許の更新に行って、その足で病院へ行き、帰りに大型ペットショップでにゃんこのオモチャを買い、エミフル行ったり、電気屋行ったり。
最後にグルメ亭でおいしくサイコロステーキ食べた。

その次の日は、久々にたまった家事をこなす。
床掃除、洗濯を仕舞う、机の上の片付け・・・
気になってた所にやっと手を出せて嬉しかった。
旦那さんは上司の送迎会で飲み会。まだ大丈夫そうだし、最悪タクシーで行けばいいんだからって、お酒を飲むことを許可して楽しんできてもらった。
久しぶりに遅くまでゲームして楽しかった


そして、今日37週と4日目。
朝、洗濯を干して二度寝、お昼に起きる。
おなかもすいたし、家にはなんにもないから買い物ついでにランチ。
たいした用事もなくイオンをウロウロ、生まれてはじめてマグロの解体ショーを見る。あまり好きではないのに、雰囲気で捌きたてのマグロ購入。
その後も楽しくお買い物。
なんか妙に今日はオリモノ多いなーぐらいで気にもとめてなかった。

帰宅後、トイレに行って違和感。

オリモノひどいし、尿漏れも半端ないから着けてた尿漏れパットが薄ーく赤い。
念のため一緒に見てもらって、しかも嗅いでもらったw
まぁ、たぶんおしるしだろうね。あと、破水もしてんのかも?病院に連絡してみますか。

ってなわけで、破水してるかもって入院準備していざ病院へ。

その間も、いつもの何倍もおまたがジョワ〜ってなる。

あー、いつもと違うわー。間違いなく破水だわーと確信できた。


案の定破水してた。

生まれてはじめての入院!要領がつかめないけど、以前入院してた旦那さんの頼もしいこと!



陣痛はまだ来てなくて、
いつ始まるかはわからないけど、ワクワクするなぁ。


取り急ぎ忘れないようにしたためた。



思ってたよりも、明るく楽しく病院までこれたし。
今も、怖くはない。
意外と落ち着いていられるものだなぁと実感。

ただ、移動するとき何度も忘れ物をとりに帰らせたのは、ほんと申し訳なかったなぁ。
もう少しおっちょこちょいを減らせたらなぁ、なんて思う今日この頃。
少しおなか痛い気もするけど、早く寝なきゃねー。
なんか、お腹すいてきちゃったw
夜中なのにねww

ますます、普通とは難しいと感じた 

August 07 [Fri], 2015, 2:59


ついに正産期まで2週間
臨月まで1週となった!

重すぎて歩くのも大変だな、と思いながらも、
わが娘の成長を見るために炎天下の中
駅までの道のりをのんびり歩く


バスを乗り継いで毎度毎度片道2時間

面倒だけど、
元々電車やバスは好きだから嫌じゃない
むしろちょっと楽しいくらい

車内でも、妊娠で上がりまくってる体温のせいでなかなか汗が止まらないけど、
お気に入りのハンカチ片手に、持参した麦茶を飲んで
携帯で有線聞きながらバスに揺られる

普段家にいるだけだから、
かなり楽しんでるのが本音

遠くの病院に通うのも悪くないね(( *・ω・)


しかし、まぁ、
このところ感じていたおまたの違和感

頭突きが実に刺激的で、
このままだと飛び出るんじゃないかな?
なんて冗談めいた感覚で過ごしてた

するとどうでしょう
案の定頭が下がってきてた

お外に出る気まんまんでした(´・ω・`)
気がはやいよぅ・・・


確かに最近よく歩いてたし、
立ってることも多かったし、
掃除とか色々前よりも動き回ってたのは確か

体重キープのためにも動かないとってね

ただちょーっとばかし無理しすぎたのかな?


一番気を付けなきゃいけない切迫早産になりかけてた

少しでも長くお腹にいて、大きくなってから生まれてもらわないといけないのに
それはそれはショックだった


とりあえず、
自宅にて絶対安静
張り止めのクスリを正産期まで飲み続ける

こんなことになっちゃった(´・ω・`)


ますます
普通に妊娠して何事もなくってのは難しいんだなと感じた

反省する点は
考えれば考えるほど色々あって落ち込みそうになるけど
考えないようにしてる

落ち込むのは良くないからね


かといって改めないわけにもいかない!

だから、もし機会があるなら
次は絶対に後悔しないようにすごそうと思う

不甲斐ない母で本当に申し訳ないけど
お腹の中で待ってる娘のためにも
絶対に無理はせず安静にして
かつ
栄養のあるものを食べ
出産まで過ごしてみせるよー!

うおー!
大きくなれよー!
全体的には少し小さいらしいが、
脚は長いって先生言ってたぞ!
よかったな娘!さぁもっとおおきくなれ!
ただ、もう少し待ってろー!
お母さんと一緒にのんびりしよう!な!


しかし、絶対安静二日目だが
人間なんもせずにベットで1日過ごすとか出来るもんなんだね
ゲームもiPadも頭もとに置いてたけど
結局触ってもないやww
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:パタ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:AB型
読者になる
洗剤にこだわるタイプです。

将来一人暮らしをするなら、紙状の柔軟剤を使う予定です。

変な絵を書くってよく言われます。

昔、自分は神か何かだと思ってた。

将来の夢は『お金持ち』。
無料占い | プルモア
Presented by 無料占いプルモア