秘話にも注目ですね

September 23 [Tue], 2014, 17:48
の大発見であったはずが、瞬く間に日本の科学史のうえで最大級の汚点に堕し、世界的な学者の死までをも招くに至ったSTAP細胞騒動いまや信用が地に落ちた日本の科学界の渦中にいる科学者たちが、一連の騒動の表から裏までを、本音で語り合った

 ***

丸山篤史:かつてiPS細胞などを扱っていたときは、上司からノートを細かく書くように言われました人間の記憶は瞬昧なので、細かな違いを逐一チェックし、データや写真を残しながらブラッシュアップするように指導されましたね

緑慎也:山中(伸弥)さんがマウスのiPS細胞の論文を「セル」誌で発表したのは06年ですが、前年に黄禹錫の事件があったので発表を遅らせたんですES細胞研究への風当たりが強いので、実験結果の解析をさらに固めようと考えた成功例も失敗例も全部細かく書いたノートをまるごと「セル」編集部に提出したと聞きました正しい結果を持っていても、そこまできちんとしたんです

竹内薫:一方、笹井(芳樹)さんも若山(照彦)さんも、小保方(晴子)さんに実験ノートを見せろと言えなかったと言っています

緑慎也:小保方さんは若山研究室に籍を置いていた当時は、ハーバード大学から送り込まれたお客さんでした

竹内薫:お客さんには言い出しづらい?

緑慎也:若山研究室の特殊な事情もあります研究者はみなマニピュレータを使って実験し、ほかの研究者が横にいる環境で若山さんから実地訓練を受けるため、ノートも開きっ放しで見せろと言うまでもないしかし、ひとり別の部屋にいた小保方さんに、あえてノートを見せろとは、言いづらかったのかもしれません

池田清彦:また、彼女はユニットリーダーとはいえ、実質的にひとりで研究していたのでしょう実験結果は小保方さんしか知りえなかった可能性はありますただ、笹井さんが論文に直しを入れたとき、怪訝に思った部分があると思うんです

緑慎也:信頼関係という意味でのマナーがあるのは事実ですよね「見せろ」と言うことは「疑っている」ことにほかならないわけです

***

出席者:竹内薫(科学作家)、池田清彦(早稲田大学国際教養学部教授)、榎木英介(近畿大学医学部講師)、緑慎也(サイエンスジャー
環境
文化・アート
鳥取県米子市で島本和彦「アオイホノオ」の原画展開催 トークと画力でガチ対決もあるぞ!
ねとらぼ 9月3日(水)17時4分配信
鳥取県米子市で島本和彦「アオイホノオ」の原画展開催 トークと画力でガチ対決もあるぞ!
画像:ITmedia
 島本和彦さんの「アオイホノオ」原画展が、9月19日から28日までガイナックスシアター(鳥取県米子市)にて開催されます

 島本さんは9月26日から27日にかけてガイナックスシアターに登場また、26日には赤井孝美さんがMCをつとめる「米子映画宴」にゲストとして出演し、赤井さんとのトークや画力対決を行うそうです「アオイホノオ」でもおなじみの、ガチンコ勝負やガイナックス創生秘話にも注目ですね

 「アオイホノオ」原画展は9月19日〜9月28日、会場はガイナックスシアター ホールBetty入場は無料

 「第32回 米子映画宴 焔 燃 VS 赤井タカミ トークと画力でガチ対決!」は9月26日、午後6時30分開場、午後7時30分開宴会場はガイナックスシアター・ホールAnn料金は事前予約が1800円、当日2000円

 さらに原画展の会場にて対象商品を購入した人を対象に島本さんのサイン会が行われますサイン会は27日午後1時からガイナックスシアター・ホールBettyにて開催予定です人間の記憶は瞬昧なので、細かな違いを逐一チェックし、データや写真を残しながらブラッシュアップするように指導されましたねiphone ケース ブランド人間の記憶は瞬昧なので、細かな違いを逐一チェックし、データや写真を残しながらブラッシュアップするように指導されましたねiphone ケース ブランド人間の記憶は瞬昧なので、細かな違いを逐一チェックし、データや写真を残しながらブラッシュアップするように指導されましたねiphone5 シリコンケース ブランド
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/zwer/index1_0.rdf