為替レート変動に影響するもの

July 13 [Sun], 2014, 12:25
変動相場制では、需要の高い通貨のレートは上がり、需要が減ればレートは下がりますが、その背景にあるものは一体何でしょう。為替レートは、各国の経済力、通貨に対する需要を表しているものといえます。多くの人が円を求めている時は円の需要が上がり、円を買い求めるために必要な外貨高が多くなります。円が強くなることを円高といいます。為替レートの水準が変動する要因は、金利差や経済力の強さ、成長性、政治的な安定、などが大きいといわれています。買いたい人が多いほど必然的に値段が吊り上がるのは、株でも、外貨でも同じであるといえます。為替レートの変動は一つの理由でどうこうなることはなく、多くの場合はその国の経済的な事情や金利に基づいて需要が生じ、レートが決定します。例えば、自国の通貨と異なる通貨を取引の都度使っている輸出入の会社の場合、その時々に応じてどの通貨が多くいるのかが変わります。金利の差は、為替レートの変動にも大きな影響を与えます。基本的に、景気のいい国の通貨は高金利で、景気が悪い国の金利は低金利です。要人発言も、為替レートの推移と無関係ではありません。政治や経済の重要な発言を見逃さないようにしましょう。要人に市場に対するメッセージはこれからの経済の展望などを示すことも多く、為替レートの変動にかなりの影響を与えるといいます。為替のレートは、政治や経済中枢にいる人が子今後どんな考え方をしているかでも大幅に変動します。為替レートが常に変動し続けるのは、いくつかの事情が組みあわさった結果です。

B子さんの日記AA
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:zuxkrp2ukd
読者になる
2014年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる