どももーーー。お知らせどす。 

2006年03月01日(水) 20時39分
こんにちはー

いや、こんばんはの時間ではあるのですが、あえてこちらで(何


というわけで、実は1週間ほど前からlivedoorの方にお引っ越しをすべく、
準備を行なっておりました。

ともかく重い。そしてなんだかわからないがモメてるので、
お引越しすることになったのでした。ハイ。

んで、新しいブログの名前もテキトーにしてしまっていて、
まぁとりあえず作ったので、アドレスの再登録をお願いいたします。
見方はわかりますよね?wアレですw(古典的w

よろしくねー(テキトー
※livedoorのところをクリーックしてください。
諸事情により、こちらのご案内方法を取らせていただきます。


あ、でもログはここに残しっぱなしにしておきますので、
いつでも見られますよ。たぶん。

最近ハマったマンガ『夜王』 

2006年02月17日(金) 0時31分
うーん、久々に読書感想文ちっくなものをと思い、
最近はまったマンガである『夜王』を取り上げたいと思います。

ヤングジャンプに連載されているマンガで、今日17日に13巻が発売になります。

内容としては、型破り(?)なホストが周囲の人々に支えられ、
女性の心を救っていく、そして歌舞伎町のNo.1ホストに
なっていくという、いわゆる成り上がり物語。

何がすごいって、展開の意味不明さとツッコミどころ満載の内容ですね。

絵とか、反転とかコピーとかしょっちゅうですから。
「どっかででてたよなぁ、この絵は…」ということもザラだし、
一応劇画の部類に入る絵なのでアレですが、絵にあまり動きなし。
走ってるとか、そういうのはいいんですけど、しゃべってるシーンとか、
大きな声を出しているはずなのに、口は閉じて真顔とか…。
読んでいて、「エッΣ( ;゚д゚)[本]」ということもよくあります。

今までいろんなマンガを読みましたが、あれほど絵が手抜きなのは
富樫氏のマンガ以来だね。
彼の場合は、反抗とサボりなわけだけどww
デッサンの狂いは少ないので、絵はうまいのだと思います。

あと、アマゾンのレビューでもツッコミがあったように、
なぜか主人公が詳しい事情を知っていて、ほかの登場人物に
説明しちゃっていたりというようなこともしょっちゅうです。

聖也のお母さんが名乗りを上げるシーンなんて、
「実はこのおじいさんは、水戸光圀なんです!」と置き換えても
すっかりイケてしまう状態です。(読めばわかるので、ヨロシク)

あと、2部の最後の方から出てくる”歌舞伎町委員会”も、
ダンナ(予定)も突っ込んでましたが、カワイイですね。ずいぶん…
ダンナ(予定)は、

「地球防衛組みたいだね」

と申しておりました。(元ネタは「ライジンオー」だったか…)

とりあえず、一気に12巻まで揃えましたけど、
読むだけでも結構面白いですよ。
ヒマ潰しにはいい。でも、何度も読めない。

なぜなら、ツッコミどころ満載だから。

麗美さんが死んじゃうところとか、ありきたりな感じでしたけど
結構よかったですね…。年甲斐もなく泣いてしまいましたさ。

ですので、ヒマでこの時期に購入してミーハーだと
思われてもいいとおっしゃるかたには、ぜひオススメのマンガです。

婚姻届 

2006年02月15日(水) 16時01分
実はまだ出していません。(ぇ

前回のブログ以来、ちょっといろいろありまして、
結婚の日取り自体にストップがかかったのでした。

友人たちには伝えたのですが、3月に出すことに。

なぜか六曜(”大安”とか”仏滅”とかのこと)を気にする
ダンナ(予定)は、「大安か友引がいいよぉ〜」と言っているので、
まぁそのへんで。
さらに、なんか国民的に知られている記念日(バレンタインとかね)とか、
祝・祭日がいいらしく、おそらく21日とかそんなもんになるでしょう。
(カレンダーがない…のでうろ覚え)

あーなんてゆーか・・・surfaceの新曲マキシを予約する気にもなれない、
そんな日々です。

そのわりに、最近二人とも『夜王』にはまって、買いあさる日々です。
結構面白いよ。

おぅ 

2006年02月09日(木) 23時32分
こんばんは。

先日…いや、水曜に婚姻届をもらいに行きました。
近くの区役所の出張所だったんですけど…

なんか気恥ずかしかったのもあり、(※周りがおじいさんとおばさんしかいなかった)
「婚姻届下さい」という一言を、まるでラブホの受付で、

「すいません、休憩で。」

と言っている感じで言ってみました。
まぁ、フツーに「婚姻届出書ですね!」と返されたわけですが。

14日入籍予定です。
それまで、とくとマリッジブルーを味わいたいと思います。

これから、時間があったら婚姻までの過程を
ほぼリアルタイムでお届けしたいと思います。

あ、ちなみに婚姻届は4つ折にしてもいいそうです。

久々お料理。 

2006年02月06日(月) 21時23分
すごーく久々にお料理のレシピを書いてみたりして(何

この時期、寒い冬といえば鍋!なわけですが、
鍋で使う土鍋は、実は短時間で煮込み系を作るのに適しています。
圧力鍋の方がそりゃーいいんですけど、
なかなかたくさんお料理するような人じゃないと、手が出せないですよね。

てなわけで、先日作った全行程30分くらいで作るレシピ。

ロールキャベツ(2人前)
*用意するもの
 キャベツの葉っぱ・・・4〜5枚(食べたいだけ作る)
 (※できるだけ大きいもの)
 ひき肉・・・100gくらい
 白ねぎ・・・3cmくらい
 コンソメ(ビーフ味)・・・1.3袋
 (水の分量によるので、書いてある分量に従うこと)
 塩・コショウ・・・適量
*作り方
1.キャベツの葉っぱは、芯の部分に近いところに切れ目を入れ、
 はがす。硬いところは縦に切れ目を入れ、すぐに煮えるようにする。
  ひき肉をボウルに出し、みじん切りにした白ねぎと一緒に
  粘り気が出るまで練る。一応軽く塩・コショウで下味をつける。
2.土鍋にお湯を沸かす。量は適当。
  大体、キャベツの葉っぱが3枚くらい水につかる程度。
3.コンソメを入れる。溶けたら、キャベツを投入。ふたをしてしばし待つ。
4.キャベツに大体火がとおったら土鍋から取り出す。
  これから肉を包むことを考慮した程度の柔らかさがいいよ。
5.キャベツの熱がちょと和らぐまで待つ。
  手で触れるくらいになったら、練ったひき肉を細長い団子状にして
  葉っぱにのせる。あまり欲張り過ぎないようにネ。
  葉っぱの量は、ロールキャベツ1個につき1枚。
  本格的なものの場合は2,3枚使うけど、そうでもないなら1枚でOK。
6.爪楊枝があればいいけど、そうじゃない場合。
  巻き終わりを下にして、土鍋にぎゅうぎゅうに詰める。横一列!とかね。
  1列に並ばない場合は、できるだけ端に寄せたりとかして、
  煮ている内にロールキャベツが、キャベツと肉団子にならないようにする。
  土鍋の中には、2.のコンソメスープ入り。
7.あとはふたを閉めて煮込むのみ。時々、様子をみる。

出すときは、結構難しいのでフライ返しとお玉で出すと取り出しやすい。

ポイントについては、追記で。

あーヤバw 

2006年02月02日(木) 23時20分
こんばんは。お久しぶりです。

すさまじくブログ更新してないですねw

最近は何してたかというと、GBAのFF4やってました。
毎日毎日…。
それ以外ですと、噂の「英語漬け」をやってました。

彼氏が近所のTSUTAYAで最後の1本を買ってきたので、
毎日二人でやってます。
一番最初のレベルが、うちは「」でした。
(※ホントにあるレベルで、Fより下 ゲラ)
今は毎日ちょっとずつレベルアップしています!

あと、最近というか今日のニュース。

包丁買いました。

あ、いや変な意味じゃなくて、欲しかった包丁があったので
実家の方のデパートで買いましたよ。
YOSHIKINが出してる、GLOBALの包丁。
文化包丁と牛刀で迷ったんですけど、一緒に買いにいった
母親から、「フツーは文化包丁だ!」といわれ、決めたのでした。
包丁なんて、生まれて初めて買いましたからね。

ついでにいうと、柄が刃と一体化してるので、
手入れさえすれば一生モノなんだそうです。
(柄が取れることがないから)

一緒に見に行った母親も、めちゃくちゃ欲しそうでした。


あと、最近面白いメールが届きました。
送り主はやっぱりパパさん。
(ずせこのパパさんは、知る人ぞ知るすごい天然ボケ)

先ごろ、ようやくケータイのE-mailが開通しまして、
初心者にありがちな間違いでした。
もちろん、それだけじゃない…

件名:元気でっか?明日は家に帰って来るのか?5日待ってる。**より。
本文:<このメールには本文はありません>

このメール、何がすごいってアナタ。
機械が自動でつけたとはいえ、パパさんの失態にツッコミ
いれてますよ。
しかも、「元気でっか?」ってあなたどこの人よ!w
(※ちなみにパパさんは福島の人)

まーこれで2日くらいは爆笑させてもらいました。
実家に帰ったら、もっとおかしなことが待っていましたがw

うーん、そんなパパさんが私は大好きですw

サボりサボり… 

2006年01月23日(月) 23時07分
いつの間にか、前回のブログからだいぶたっちゃいましたね。

最近起こったこととかなんもないですね。
いやほんと(何

あーあったとしたら、むとむぅんさんと一緒にまたご飯食べました。
そのくらいかなー

あと、大体毎日怒られてますよ。
身に覚えがあるないにかかわらずw
あとは「細かすぎて伝わらないものまね選手権」にはまってます。

ゆうえんち くじらさんがすごいね、毎回…
個人的には360モンキーズ 杉浦さんかな。
ジャージの上の丈がいいね。


しまりました、マジこれだけw

年越し… 

2006年01月07日(土) 0時40分
あー 明けましたね、2006年。
すいません、喪中なもんでテンション低くて(何

今年の正月は、香川で迎えました。
寝正月からは程遠い、辛い年明けでした(爆)

帰宅してからは、気が緩んだせいか風邪をひいてしまいまして、
ぶっちぎり微熱で仕事始めを迎えました。
(微熱が3日間続くとゆー、ある意味拷問な風邪)

そして今日届いた、先輩からの年賀状…

そこで今年の抱負は…!(ムリヤリ)


健康第一(何



あー…昨年の抱負はまぁ、間に合わなかったんでね…(何w
今日、先輩に「引っ越し?友達と一緒?女と?」と聞かれ、
嘘をつきました…すいません………


今年もテンパり気味で頑張ります。

これって? 

2005年12月22日(木) 1時42分
彩りにも話したことがあるのですが、
1ヶ月くらい前、こんな出来事がありました。

今の職場に、うちより1つ下の女の子のバイトがいます。
彼女と、まぁ珍しく他愛のない会話をしていました。
(あんま仲良くしたくないから、会話しねーんだコレが)

何の会話をしていたのかは忘れましたが、
突然彼女が、「私ィ、早く結婚したいんですよォ」と言い出しました。
うちは思わずちょっと笑ってしまいました。
慌てて、テキトーに取り繕って理由を尋ねると、彼女は
「なんかァ、恋愛とかするの疲れちゃって…」としみじみ。

本当は、その場で腹を抱えて笑ってしまいそうになったのですが、
引きつる顔を抑えて、「そっかぁ・・・」と返事しておきました。

ダメです。笑えます。


そのあと、彩りに話をすると、彼も爆笑。
そして解説してくれました。
「きっと彼女は、
『あたしってェ、あなたよりいっぱい恋愛で苦労してるんだよ。
あなたはそんなことないでしょ?』

っていいたかったんだよ。」

あぁ、そっか…こんなプチなところでもバカにしてたんだなぁ
と、より一層、彼女のことを哀れに思った夜でした。

まぁ、彼女の話を聞く限りでは、昔自分がしてたことと
そう変わりのないことをしているようだけれども、
そこから何かの経験を汲み取ろうという感じではなかったな…。
彼女のご多幸をお祈り申し上げます。

アドバイスとしては、結婚は恋愛の辛さを紛らわすために
するものじゃないですよ。ハイ。

明日は 

2005年12月14日(水) 22時02分
明日は待ちに待った氣志團のGIG。

しかし、宮城では祖母の葬儀。
でたかったけど、いけない。

祖母が急死して、お通夜もしないで葬儀。
あまりに急で、都合のつけようもないし。

彩りに怒られそうだけど、それでもいい。
うちは行きたくない。
というわけで、不幸をするようだけど行くのはやめました。
3月にお墓参りをする予定です。