目尻のしわを防ぐスキンケア

August 22 [Thu], 2013, 11:16
年齢を重ねると共に気になってくるのが目尻のしわです。目尻のしわで年齢を感じるという人も多いのではないでしょうか。

年齢を感じさせない若さを維持するには、目尻のしわが少ない状態が理想的です。

日々のスキンケアが、目尻のしわ予防に効果的だと言われているようです。


肌を乾燥させないケアをすることによって、目もとをふっくらさせ目尻のしわを軽減させます。

乳液や化粧水は、肌タイプに合わせて、自分の肌にぴったりの商品を使うようにしてください。他の人には合っていても自分には合わない場合もよくありますので注意しましょう。

肌の乾燥を防ぐためにメイクはきちんと落とします。肌質と相性が良く、皮膚に余計な刺激を与えないようなスキンケア用品を選んでしっかり肌の汚れを落としましょう。


保水に用いる化粧水はけちらずに、多めに皮膚にしみ込ませましょう。優しくパッティングをすることもしわ対策のコツです。

目尻はついつけそびれてしまう部分なので、意識して多めにつけておくと安心できるでしょう。

目の周りの皮膚は、指の腹で引っ張ったり強くこすると傷むことがありますので、クリームをつける時も優しくつけます。

指の腹で、そっと触れるようにクリームをつけることで、目尻のしわ予防ケアができます。

週に1回はパックをして皮膚へビタミンC誘導体を浸み込ませて、保湿作用のある美容液を使うとなお目尻のしわ対策に効果があります。

レーザー脱毛の特徴とレーザー脇脱毛のメリット・デメリット

August 22 [Thu], 2013, 11:12
脇脱毛の方法でレーザーと呼ばれるものは基本的に医療用のもので、美容外科やクリニック、皮膚科といった医療機関(病院)で使用される脱毛の機械です。
エステサロンで行われる脇脱毛もレーザーと呼ばれることがありますが、これは実際にはフラッシュ(光)を使用しているのが一般的です。

特徴としてはエステの脇脱毛に比べて高い出力で照射できることと、100%ではありませんが毛の不再生率が高めであることが挙げられます。
また、以下のようなメリット・デメリットがあります。

【メリット】
■エステ用のフラッシュよりも効果が高い
レーザー脱毛は医療用の脱毛機械なので、扱うのは医師です。
その為、高い出力で照射することができますので、その分フラッシュ脱毛よりも効果が高く通う回数も少なく済む傾向があります。

■万一の肌トラブルの対応も安心
医療機関で受ける施術ですので、万が一肌トラブルが出ても医師による処置を受けることができます。

【デメリット】
■エステ用のフラッシュと比較すると痛みがある
レーザーでの脇脱毛は高い出力で照射できる分、痛みを感じやすく火傷を起こしてしまう可能性もあります。
痛さを例えるならゴムでぱちんと弾かれる程度で、ニードル脱毛よりは痛みが弱く、フラッシュ脱毛よりは痛みを感じる傾向があります。

また脱毛すると皮膚へのダメージから黒ずんでしまうこともありますね。
特に自己処理をしている人などには多いのではないでしょうか?
そういった人には脇の黒ずみをとる方法などを参考にして、手軽に始められることから始めてみましょう。
徐々にですが白くなってきたって口コミも多いので期待できますね。

投稿します

July 11 [Thu], 2013, 11:14
こんにちは
ランチのスイーツはいちごアイスです^^
コンビニで買っちゃいました
ささやかなよろこびを
積み重ねていくブログです
気軽にまた来てくださいね♪
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:zurika
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/zurika/index1_0.rdf