冬の海で。 

2010年01月03日(日) 1時54分

> 波乗りをする人間たち。
>
> こんな、無意味な遊びをするのは人間くらいなものだろう。
>
> しかし、その上でカモメが風で遊んでいた。
>
> 今日はオフショアが強く、カモメたちはその風を利用して、羽ばたかず
> に滑空を繰り返していた。
>
> その行為は、とても無意味に見えた。
>
> ちょっと、嬉しかった。
>
>
>
>
>
>

2012。 

2008年12月24日(水) 2時00分

今日が
あなたの残りの人生の
最初の一日である。


孤独という甘え。 

2008年06月01日(日) 23時48分

ほんとうの強さは

一人じゃないって

言えること。



か。

セルフプロデュース。 

2008年04月28日(月) 23時41分

明日はレセプションパーティー。
それに向けてまずは自分をプロデュースしてみる。

何はともあれ、期限のある目標があるのは良い。




想像の夕闇。海色100円ライター。 

2008年04月20日(日) 11時09分

一泳ぎして、洗濯の間の一服。
ゆるやかな日曜日の午前中の風が頬を撫でる。

その一瞬、遠くの海に思いをはせる。
波の音がしてくるよう。

そんな場所でゆっくり過ごしたいなぁと思う。

でも、日曜の次が月曜である限り。
海にも夕闇はやってくる。

束の間。

シーチング。 

2008年04月18日(金) 0時41分

そういえばあの頃はシーチングで作った服ばかり着ていたっけ。
生成の生地に、茶色のステッチ。
その色の組み合わせがたまらなく好きだった。

そのころの感覚は今の服作りの原点になっている。

サイズのあった服に袖を通したときのあの軽さ。
シンプルな素材とデザインの中の一捻りのディティール。
接着芯は使わない。

機能美。



一回りして、振り出しに戻る。 

2008年04月02日(水) 0時15分

また、一周。
スタートの位置に戻ってきた。

同じ季節を巡る道で、同じ道は二度と通らない。

一生で、たかだか数十回迎える、今日この日。



*井の頭公園の桜がきれいです。

繰り返し。 

2008年03月28日(金) 21時05分
いつの間にか桜が咲いていて、嬉しくて、そして散ることを思います。
過ぎ去った時間と、過ぎゆく時間の狭間で生きている今という一瞬を意識する瞬間でもあります。

小春日和の冬の日に、春を勘違いし。
ちょっと暖かい春の夜に、夏の夜を期待して。
夏の夕暮れに、ジョンレノンのハッピークリスマスで寒さを懐かしむ。

光が射して、陰が出来る。
だから私は、悲しいほど、嬉しいのです。




全体のバランス。 

2008年03月23日(日) 13時12分
腕の振りと、ばた足のタイミングが合っているか。
→基本となるリズム

腕を肘から静かに水の上に出す。
手の先から静かに水に沈める。
左右の腕の振り方を同じにする。
とぎれなく水をしっかり掻きだす。
呼吸時に上を向き過ぎない。
掻いた後しっかり伸びる。
腿でばた足をする。
水面下すれすれで静かにばた足をする。
→部分的な技術

静かに。
無駄のなく。
楽に。
コンパクトに。
→コンセプト


美しさとは全体のバランスである。
部分的な技術に長けているだけでは、美しくない。
部分的な最高の技術が絡み合って、創発現象を起こしたときにだけ
美しい全体のバランスが生まれる。
全体のバランスだけを考えていたのでは、部分的な技術は身につけられない。
部分的な技術を極めた者にだけ、次のステップにゆける権利がある。
全体のバランスを美しくさせたいと思ったら、数多くの部分な技術を磨き、そしてそれをひとつずつ関連づけてゆくことだ。
美しい全体のバランスは、全体のバランスのことを考えていては生まれないのだ。
トップダウンではなく、ボトムアップ。

奇跡の失敗。 

2008年02月11日(月) 22時45分

天気が良くて、今日はまだ始まったばかりで、すべてがうまく行きそうな午前9時。

日が陰りだして、やりたかったことが何も出来ないで、焦り始める午後4時。

暗くなって、平日の帰りに比べればまだ早い時間だと、開き直った午後8時に。


失敗って、いつも起こる。
やりたいことが、気持ちが大きければ大きいほど。
失敗も大きくなる。
挫折したときの喪失感も大きくなる。

でも、その陰で奇跡もいつも起こってることに気づいた。

失敗はいつも向こうからやってくるけど、
奇跡はこっちから向かって行かなければ見つけられない。

奇跡と失敗は紙一重。


「や〜きいも〜」、じゃなくて「餃子〜」を買いに、走った午後9時。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:zugunruhe
読者になる
2010年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Yapme!一覧
読者になる