医療費控除の対象者 

2013年03月17日(日) 15時19分
大きな顔をしていいのです。従って、総年収からこの108万円を差し引いた金額が実際の所得税対象額となります。

世の中知らぬが仏という言葉がありますが、やはり自分の支払った税金については、きちんと把握しておく必要性は否めないでしょう。そうなると、なんと21,500円を超えた段階で高額医療となり、医療費控除の対象者となって来るんですねぇ。

所得税に対してはさらりと流し、医療費控除でしっかり取り戻しましょう。ですから、単純に計算すれば、年収108万円の5パーセントと言えば54,000円になりますが、給与所得者には最低65万円の給与控除額が認められていますから、これを引いた43万円に対する5パーセントという事になって来ます。

まあね、年収130万弱あれば、年間に支払う所得税は13,000円ほどですから、税金を差し引いても128万円以上残る事でしょう。つまり、年収128万円の主婦なら、年間64,000円以上から対象となる訳ですが、年収108万円の主婦であれば、年間54,000円以上で還付が受けられる事になります。

医療費控除とは
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:zufxbxko
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる