雑誌論文を読んでvol.9

January 11 [Fri], 2013, 2:15
『向山型国語教え方教室 '12 11-12月号 No.070』
【発達障害の子どもの 自己肯定感を高める向山型国語 伊藤寛晃】

伊藤先生といえば翔和学園だ。
学生のときに公開授業を見学したことがあったが,これがすごいの一言に尽きる。
こればかりは言葉で言い表せないので,実際に見に行くことをおすすめする。

さて,論文である。
翔和学園には教員合宿があるのだが,その合宿内容の一つが記されている。
--------------------
今年は,声を出してはいけない模擬授業に挑戦した。
--------------------
「言葉を9割削れ」とは向山洋一先生のお言葉であるが,ノンバーバルで授業を進めていくのだ。
例えば,教科書を開かせるにはどうのようにしたら良いか。
自分の教室を想像する。
教科書を開いて見せるのも一つの方法だし,黒板に書くのも一つの方法だ。
これはサークルでやってみたら面白いかもしれない。

そして,次の段階として
--------------------
次に,三つだけ言葉を使っていいことにした。(※指示の言葉を三つ)
--------------------
どのような時に,どのような指示をだすかで教師の力量が現れそうだ。

上記のような修業を通してこそ、自分が如何に余計な言葉を使っているのかを実感できるのだろう。
是非、サークルで挑戦する。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:zufditme
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

霞んでいく朝

生活環境で選ぶなら世田谷区の新築マンションがオススメです

ライバルの意思

To You…

旅立ちの夕日

yahoo

息を潜めて。

最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/zufditme/index1_0.rdf