東南アジアに暮らす少数民族グループ

June 30 [Sun], 2013, 21:08
中国 旅行漢族は中国の主体の民族であり、また漢族は中国の大多数を占める民族である。 “漢”のもとは天の川、中国人は漢朝から“漢人”と自称している。現在、漢族の人口およそ13億、世界の総人口の19%を占め、世界各地に分布します。中国両岸の4地の以外、漢族に東南アジアと北米にもわりに多い分布がある。中国では漢族が全人口の 94 パーセント以上を占める。漢人とも言い、華僑として中国を離れ、移住先に定着した人は華人と自称することが多いである。
ラフ族(拉祜):東南アジアに暮らす少数民族グループのひとつであり、雲南省西南国境付近の山岳地帯に居住し、人口約41万人である。ラフ族の言語はチベット・ビルマ語族のイ語派に分類されている。 ジノー族(基諾):雲南省シーサンパンナ地域に集中的に居住し、人口約1万8千人である。 トールン族(独龍):雲南省西北の最深部、4千メートルを越える山々を望む、1〜2千メートルの高地に住む。人口の最も少ない民族のひとつで、約5千8百人、チベット系。女性の顔面入れ墨の身体装飾が見られる。世界の万物に聖霊が宿ると信じ、自然を崇拝する。 リス族:雲南省西北部怒江岸の山地に居住し、人口約57万人である。漢族、ペー族、イ族、ナシ族などと雑居している。弦楽器や口琴などを用いた歌と踊りが特徴である。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bdfgjf
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ztjsfthjs/index1_0.rdf