平井武史氏による新作『orgarhythm(オルガリズム)』発表 ― ジャンルは「ミュージック×ストラテジー」

September 15 [Mon], 2014, 13:07
そうですか? どうしてそうなるんです!筏俊? 近年、PS2の名作をHDリメイクする傾向が続いているカプコンですが、『デビル メイ クライ』3作を収録した『デビル メイ クライ HDコレクション』(PS3/Xbox360)はPS3版が4万4000本を売り上げて4位に。続いて。アクワイアは、PlayStation Vitaソフト『orgarhythm(オルガリズム)』を発表しました。

『orgarhythm』は、『シェンムー』『スペースチャンネル5 パート2』『メテオス』などの制作に携わってきた平井武史氏がディレクターを担当、平井氏率いるネイロ株式会社が開発を手掛ける新作ゲームです。ジャンルが「ミュージック×ストラテジー」ということ以外、ゲーム内容は謎に包まれています。

発表された本作のティザーサイトでは、「430」と「Elyata」という2曲の音楽を聴くことができます。「430」は民族調のボーカルとループするアップテンポなダンスミュージックが印象的。一方「Elyata」は、神秘的な雰囲気を醸し出しながら多国籍な雰囲気のロック調へと展開していく楽曲となっています。

初回版同梱特典には「"Bonus Track"DLコード」が封入されることが記載されており、音楽と密接に関わったゲーム作品となることがうかがえます。

プレイ人数は1〜2人。マルチプレイ相手と対戦となるか協力となるか、このあたりも気になるところです。

完全新作ゲームとなる本作は、果たしてどのようなゲームとなるのでしょうか。続報にご期待ください。

『orgarhythm』は2012年夏発売予定。価格はカード版が3,990円(税込)、ダウンロード版は未定です。

(C)2012 ACQUIRE Corp. XSEED JKS, INC. Published by ACQUIRE Corp.BNS RMT