かつて、マラドーナもプレーしたナポリのデラウレンティス会長が26日

March 05 [Mon], 2012, 18:52
かつて、マラドーナもプレーしたナポリのデラウレンティス会長が26日、今夏にも日本人選手を獲得する意向を示した。ナポリはこの日、インテルとホームで対戦し、1―0で快勝。グッチバッグインテルの日本代表DF長友佑都(25)は左サイドバックでフル出場した。同会長は試合後「日本は代表監督がイタリア人のザッケローニ監督なので、ナポリとしてはいろいろな情報を入手している。vuitton財布今は、様々な優秀な選手たちの情報を集めているところだ」と話した。

 コリエレ・デロ・スポルト紙ではその有力候補としてFW原口元気(20)=浦和=とMF清武弘嗣(22)=C大阪=の名前が挙げられている。chanel 新作ほかにも現役フランス代表のMFエムビラ(レンヌ)、FWジルー(モンペリエ)もリストアップ。同会長は無名の若手タレントを好むといわれ、ザッケローニ監督の意見を取り入れて日本からの補強を進めていく模様だ。シャネルバッグ 府内11町村でつくる府町村会は27日、任期満了に伴う役員選挙を行い、会長に汐見明男・井手町長(64)が再任されたと発表した。任期は4月1日からの2年間で、汐見氏の会長職は5期目。エルメス hermes 県議会は27日の各派代表者会議で、議会あり方検討会(石坂真一会長)がまとめた「通年議会」の4月からの導入を柱とする中間報告を了承した。

 3月12日の議会運営委員会で通年議会導入を正式決定し、通年議会に必要となる関係条例の改正案を2月定例会最終日(3月23日)に議員提案する。ヴィトンバッグ可決する運びで、定例会は現在の年4回から年1回になり、会期は1〜12月の約340日になる。

 この日の各派代表者会議は、6常任委員会を3委員会に分けて日をずらして開催したり、委員会ごとに特定テーマを設けたりする活性化策も了承。グッチバッグ議運委のほか、予算、災害対策、産業振興対策の3特別委員会などの委員定数などでも合意した。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/zsdarghc/index1_0.rdf