個人的にNHKのアナウンサーが好き

December 28 [Wed], 2011, 20:29
最近の若手アナウンサー、帰国子女が増えたせいか、さしすせその発音が気になって仕方がない。
気にしなければ、どうということもないのだろうが、一旦気になり出すと、もはやさしすせそしか聞こえなくなるほど気になる。
気にするなってか。
レポーターやキャスターとして、バイリンガルが重宝するのは分かるが、アナウンサーは大前提として、日本語の発音がきっちりできる人を選んで欲しい。
それでなくても、最近、顔やコネでアナウンサーを採用するので、声そのものが、ちっとも美しくないアナウンサー、声量の無いアナウンサーが多すぎる。
昔、知人のパーティーの手伝いに行ったら、小林完吾氏昭和時代の日テレの名物アナウンサーが司会で呼ばれていたのだが、マイク通さない雑談でもホテルの宴会場に響き渡るような声量だった。
それ程好きなアナウンサーではなかったが、さすがと感心したもんだ。
女性アナに関しては、かなり前から容姿で選ぶ傾向があるが、最近は男性も、妙にイケメン風のアナウンサーが増えている。
逆差別と言われそうだが、イケメン風のアナウンサーが政治経済ニュースを読んでも、何だか説得力がない。
こい、意味分かってるのかどうかが気になって仕方がない。
だから、気にしなきゃいいんだけど。
特に、民放は最近、入社直後からバラエティーの司会やワイドショーのレポーターなどをやらせて、最初から本人の素の程度を白日のもとにさらしてしまうので、後でいくら真面目な顔してニュースを読まれても、おふざけの延長にすら見えてしまう。
俳優でもアナウンサーでも素の顔裏の顔を知りたがる人が多いが、余り知らない方が良い場合もある。
ヘタに自分の意見を言って、言うことが薄かったりするとガックリくる。
その点、のアナウンサーは、少数の例外を除いて、若いうちはニュース読みに専念することが多い。
だから、深刻なニュースでも、単なる読み手として素直に聞くことができる。
最近、私が好きなアナウンサーは、総合テレビで平日午後の短いニュースを担当して彼女探し完全サポートいる横尾泰輔氏。
はっきり言って、声質は、こもっていて余り良くはないが、落ち着いた語り口と派手過ぎない顔立ち、何より、私が彼の人となりを良く知らないのが良い。
東日本大震災後、連日そのニュース一色になった際、平日の午後は横尾氏の出番が多くなったが、繰り返し起こる余震と原発事故の深刻なニュースで、日本はどうなってしまうのかと不安になる中、横尾さんが落ち着き払って伝える姿を見ると、少しは救われたものだ。
苦しい避難生活を強いられていた東北の人々には申し訳ないが、渋谷でのアナウンサーが冷静にニュースを読んでいると思えば、首都圏の人間までがパニック起こすことは無いだろうと、少なくとも私は、思うことが出来た。
話は戻るが、問題は、こうした読む専門のアナウンサーが司会者やキャスターに出世して、自分の意見を喋りだした時。
の場合は、全国に支局もポストもあるし、コメントの出来ないアナウンサーは淘汰されるか、読み専門に徹して終わることが多いが、民放の場合、年齢いくと中途半端に自分のコメント入れだして、ああということがある。
私にはアナウンサーの知人はいないが、学生時代の同期が数人、テレビ局に就職していて、たまに、政治部記者とか特派員とかいう肩書きでニュースに出てきて短く喋ることがあると、その都度、おいおい、大丈夫か学生時代、ボンヤリしてたけどとハラハラしてしまう。
ただ、今思うと、普段、少しボーっとして見える位の人の方が、何が起こっても落ち着いて見える分、テレビ報道には向いているのかもしれない。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:zs1ten5zob
読者になる
2011年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/zs1ten5zob/index1_0.rdf