神経性胃炎の症状って?

June 25 [Sat], 2016, 21:33
神経性胃炎の症状は、胃の痛みや吐き気、胸(開いていると、つい目線がいってしまうこともあったりなかったり)焼け、胃のムカつき、腹部の張り、みぞおち当たりの痛みなどが多いでしょう。吐き気や胃の痛みがひどくて眠れない場合があります。胃潰瘍や胃がんといった症状と同じですが、胃の検査をしても異常がみられない時に、神経性胃炎だと診断されます。神経性胃炎の特徴の一つが、胃の不快感を抑えるような薬を飲んでも効果があまりみられないと言う事です。それに、一時的な症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)ではなくて、慢性化しやすいのも特徴になります。そのため、いつ胃の痛みが起こるか、いつまで胃の痛みが続くのか不安(あまりにも頻繁に強く感じるようなら、カウンセリングなどが必要かもしれませんね)で、鬱病(家族や周囲の人の理解が得られずに、孤独に苦しむことも少なくありません)を発症する事もあるそうです。つまり、神経性胃炎の症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)そのものがストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)になってしまって、悪循環(放っておくと、どんどん悪い状態になってしまうので、どこかで改善しなくてはいけないでしょう)をおこしてしまうのですねね。神経性胃炎の症状が軽い間は、ストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)の原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)を除外することができれば、症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)が好転する事が多いです。ただ、ストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)の原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)を取り除くなんて、それほどたやすくは出来ないことが殆どです。神経性胃炎は、規則正しい生活(変わらないことの繭り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)を送り、胃に負担が掛からない食事をこころがけるのみでも、かなり症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)が軽くなるだと言えます。寝る時間と起きる時間をできるだけ一定にして、揚げ物や辛いもの、冷たいものを避け、一たびに取る食事の量を減らすといいでしょうね。空腹を感じる時間を減らし、クラッカーなどの軽いものを二、3枚たべるとか、ホットミルク(コーヒー用のクリームパウダーは、牛乳を原料としていることが多いですが、植物性脂肪が使われていることもあるようです)を飲むのもいいですね。温めた豆乳(大豆を原料とした飲み物の一種です)もお勧めでしょう。胃の痛みや不快感を感じた場合、殆どの人は病院に行くのを面倒がって一般に売られている胃腸のくすりを利用してくださいよね。でも、胃の痛みの原因は何か、どの程度の症状が出ているかにより、服用すべき薬は違ってきます。間違った薬を長期的に服用しているうちに、胃潰瘍になってしまったと言った場合がありますから、胃腸のくすりを購入する場合には、薬局にいる薬剤師によく相談してくださいね。そして、症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)が治まらないようなら早急に病院に行きましょう。胃の検査では異常がなく、神経性胃炎だと診断されたけれども、実は、慢性膵炎だったという例もありますので、思い切って人間ドックを受けてみるのもいいかもしれません
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:シズク
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/zrusaeartdyfcw/index1_0.rdf