君がーいた夏はー遠い夢の中ー空に消えてったー打ち上げ花火ー

September 04 [Sat], 2010, 12:40
馬券モニターう作品ほど、今主流の自然主義文学の現状を痛烈に皮肉ったもの馬券モニター 詐欺はないこのスポンジ頭君スポンジ頭たあ、言うじゃねえかこの白痴野郎表へ出やがれ君ハクチだと上等じゃねえか。このータリン店内の突然の剣幕に、御勝手から慌てて馬券モニター 詐欺馬券モニター 実態てきた店の女将。女将何やってんだい、お前さん方。喧嘩なら表でやってくんなよ君も君も、当時流行っていたエビスビールをガブガブ飲んでいたため、かなり酩酊状態。君は、なんでもないその女性の言葉にカチンときたのか、君うるせえやい女の出る幕じゃねえやそれとも何かいこの店じゃ、こんなに不味い鍋を食わせた挙句、客を追っ払おうってのかい冗談じゃねえやこれでも食らいやがれと罵声を浴びせ、おもむろに袴をズリ上げ、ふんどしからヒューマンキャンを抜き出すと、目の前にあったすき焼き鍋に乱射。グツグツと煮え立っていた鍋にキャン砲を乱射したもんだから、鍋の中の小水が一気に蒸発して、ドドリアさんもリトマス試験紙も真っ青なアンモニアの異臭に包まれる店内。女将あーれー、おまいさん、ちょっと来ておくれよ店の主人を呼びに言った女性。のれんをくぐって登場する主人。主人やいやい、おれっちが作った料理に小便かけるたあ、随分ふてぇ野郎じゃねぇかおい、おマサ、警察呼べ、警察ということになり、君は警察に捕まった以上、妄想終わり。君でも君でも、どちらも犯人に仕立てられる妄想設定でした馬券モニター 詐欺が、俺は君を犯人にしてしまいました。君、すい・・・と私は感じたのですがどうでしょうか
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:zrrulq3det
読者になる
2010年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/zrrulq3det/index1_0.rdf