大好きなカカシくん

June 02 [Thu], 2011, 1:47
仮退院したカカシくんの食欲は食欲不振というより、もはや食欲消失状態。月日から、ぱったりと食べなくなってから既に週間という長すぎる絶食に、また二人で病院へ。医師からの提案で、無理矢理にでも食べさせるため食道に管を入れ、外に出したチューブから、注射器で流動食、水、薬を胃に送るその間、自ら食事を取るのも可能なので、続けていくうちに、元気になれば管を抜く。その方法をしてみましょう。と話を進めたのち、他に原因があるかもしれないからと、レントゲンを撮りました。写真が映し出されたパソコンの前に呼ばれ、医師からの説明を受ける。カカシくんの横隔膜の中にある臓器の周りに、水が溜まり写真に心臓や肺、全てがくもって、ぼんやりとしか映ってなかったのでした。その原因となるものは、肺に繋がる器官にあるリンパこれにガンがみられたのです。この為、カカシくんの呼吸の荒いのも、このガンのせいで、既に肺が小さくなってしまっているから。横隔膜周囲に溜まった水は抜いても、また溜まるそうです。このガンさえなければ、さっきの管から流動食を胃に送ることで、また元気になれるであろう。けれど今のカカシくんの呼吸では喉に穴を開ける手術の際、麻酔で死んでしまうか、目が覚めないままか。カカシくんは余命週間と告げられました。悔しさと後悔の中、ほんと何もしてやれんまま。カカシくんは、このまま旦那と二人でみとります。ここ読んでくれて、カカシくんを心配、気づかってくれたさん、ありがとね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:zrpze0nozs
読者になる
2011年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/zrpze0nozs/index1_0.rdf