リフォームPC(半自作PC?)がャ≠セった原因は?

July 23 [Mon], 2012, 20:56
2008年春頃に、GIGABYTEGAMA78GMS2HのマザーボードをベースにAMDAthlon64X25400とRADEONHD3850256MBを組み合わせてお嬢さんPCだった筐体にそっくり入れ替えたんですが、長く使ったり、CPU負荷が上がると落ちる。
原因が分からない。
そんな事態に落ち込んだので、そのPCは一旦使用を中止してMacminiに乗り換えました。
それから4年経って、ケースサイドのカバーを外したままにすれば空気量が増えるので動くんじゃないかと思って試してみたんですが、やはりメでした。
落ちた直後にCPU、ースブリッジ、サウスブリッジAthlon64X2はメモリーコントローラを内蔵してるはずなので呼び方が間違ってるかも知れないけどの冷却フィンを触ってみたところ、ースブリッジに相当する部分の冷却フィンだけ熱い。
どうもこれが原因でメになってるっぽいです。
ケース換えても多分動かなそう。
もうハードウェアも古いし、これ以上は望むべくもないし、OS代部品100万人の信長の野望代を含めて考えるととても残念です。
事前にいろいろ調べたのになあ。
最近はコンパクトなPCでも海外のFPSゲームとかやらなきゃかなり性能がイイみたいなんで、必ずしも標準のATXサイズmicroATXサイズのマザーボードで頑張る必要もないか、と思ってます。
次はまたMacminiになるかも知れません。
それにしても最近のマザーボードはすごいですね。
コンデンサらしき部品が全然露出してなかったり、メモリやビデオカードのスロット以外はカバーで覆われてたり、なんか、すげぇ進化したな、と思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:zqxalhurew
読者になる
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/zqxalhurew/index1_0.rdf