四大軍区の密集していて大規模な軍事演習 専門家は学部が日本に警告すると語っています

September 12 [Wed], 2012, 11:26
四大軍区の密集していて大規模な軍事演習 専門家は学部が日本に警告すると語っています

深セン衛星テレビ《生放送香港・マカオ・台湾》の報道によると、南京、済南、成都、広州の四大軍区は近日しきりに演習を開催します。《解放軍報》はまた南京軍区の演習の細部を報道しました。

ロケット砲の千里の行動 実弾射撃の訓練を展開します

極めて悪い台風の天気の下で、南京軍区の解放軍陸海空三軍は共同で演習をしますと報道しています。海軍のから艦、陸軍の艦の構成をログインするチームチームをログインして、海軍の戦闘艦、空軍の航空兵と陸航の火力の援護もとで、兵が3路線分けるのは敵の陣地に向ってころあいを見て着岸する急進的です。済南軍区が近いうちに強行して島に登って対抗したことを練習した後に、また3つの“ヒョウを飛ぶ”の戦機で低空を超えて海をかきあげて海上の小島の状況に突撃することを練習しました。
北京の戦略の学者の胡思遠は、このような攻防の戦う演習の信号はとても明らかで、日本に警告するので、中国は持ち札を出すことが恐くなくて、空論を言わないで、釣魚島を守ることに対して自信がある能力があるつもりなことがありますと言います。いったん着手しはじめる、日本は“安保の条約”などの米国の救援によって恐らく空想だと思っています。米国と日本の歴史の上に存在するのが矛盾していて、それは追随者であるしかなくて、米国は日本のこの小島の利益の出兵のためことはでき(ありえ)ません。


偽物ブランド
偽物時計
コピーブランド
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/zqp/index1_0.rdf