語学番組(2)

November 06 [Tue], 2012, 16:28
さて、そのドイツ語の番組だが、ユーロ4カ国の生活ぶりを比べる新コーナーで、ユーロクラシカル。
今回は、家事の負担について、ユーロ各国はどのようになっているか、日本とも比べてみようかというところ。
いまやヨーロッパでは夫婦共働きが当たり前だが、その中でドイツ、フランス、イタリヤとスペインでは、家事分担がどのようになっているのかとそれぞれのお国の方々に実際にお聞きしてみたものである。
先ず、フランスではあるご夫婦掃除とアイロンがけは夫の仕事。
ある男性は、妻は学校の先生だから、家事はAZまで自分の仕事。
別の男性。
掃除は好きではないけれど皿洗いから料理はすべてやっている。
あるご夫婦夫二人暮しだから、自分もやりますよ。
好きなんです。
妻たくさんしてくれますよ。
主人のような人はなかなかいません。
夫婦円満の秘訣は夫の家事分担にある夫の家事参加率が高いフランスに対して、スペインでは家事は夫婦のどちらがするかという問いに対して、妻私ね。
仕方がないけど、私の方が多いわ妻二人でやっています。
でも洗濯は私妻の方が多いわ。
洗濯を干すのも私。
あるご夫婦、夫二人で分担しているよ。
夫はやっているつもりだが、妻残念ながら、私がやっているわ。
世代の問題かもしれないけれど、今後変わっていくことを願うわ。
スペインでは家事は女性の仕事というのがいまだに根強く残っている様子。
イタリヤミラ夫妻は働いていて、僕はもう引退の身だがあまり家事が好きではないので、掃除とかアイロンがけは家政婦に頼んでいる。
妻家政婦に週一回掃除に来てもらう外は自分でやります。
妻家事はあまりしないわ。
家政婦がいるので、ほとんど家事はしないけど、育児はちゃんとやります。
彼も仕事はあるけど、帰宅後や週末には育児を手伝うわ。
存在感のあるパパよ。
家事は家政婦に手伝わせて、家族の時間を大切にする忙しいミラの人たちの考えです。
ドイツ人はどの国よりも家事や育児を手伝うのかという問に対して、妻私はラッキーです。
彼は料理が上手だから。
でも、家事はほとんど私がやりますよ。
私はパートタイムの仕事だけど、夫は家にいる時間が少ないので、料理や片づけを手伝ってくれます。
妻割合で言っても夫が30ぐらい。
アイロンがけが上手です。
家庭内の割合分担はきっちり決めている夫婦もある。
妻今は私が育児休暇中なので、私が家事をして、夫は博士カに集中してもらっています。
妻我が家では分担して在宅ワーク 副業いるの。
彼は忙しいから家事をしている時間はない。
私が家事をやり、彼の仕事は外でお金を稼ぐことです。
ドイツはミユンヘンで聞いたので、多少保守的な地域だとか。
統計では、働く男性が家事に費やす時間は日本は31分イタリヤ1持間9分、スペイン1時間20分、ドイツ1時間55分、フランス2時間2分。
別の統計では、日本人男性の睡眠時間が一番少なく約8時間に満たないが、フランスでは1時間は多く寝ているとか。
又、食事時間に費やす時間が一番多いのはフランスで、2時間20分、日本は二番目で、次にイタリヤ、スペインの順。
ドイツでは、あまり食事に重きを置かないので、一番少ない。
こういったところから各国の暮らしぶりがわかるという。
以上、NHKテレビ語学講座、ドイツ語よりの抜粋
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:zozl9ut3mz
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/zozl9ut3mz/index1_0.rdf