J3 2017年第18節 鹿児島vsセレッソ大阪U-23 

2017年07月23日(日) 21時00分
2017年のJ3、第18節
鹿児島ユナイテッドFC vs セレッソ大阪U-23 が、
2017/07/23(日) 19時00分〜 ヤンマースタジアム長居(大阪)で行われた。

結果は3−1の勝利!
今年苦戦のアウェーで連勝!!


★試合展開
途中からの観戦で、最初はわからないが、概ね鹿児島が主導権を握った展開。
ゴール前では決定的なパスを先にしっかりクリアできている鹿児島。
また、相手からのボール奪取も鮮やか。
若干、セレッソの選手がイライラしていたのだろうか、どうも制度が上がらない。

一方鹿児島も良いシーンを作り出すのだが、なかなか点が入らない。

そんな中、前半終了前に、強引に切り込んだ赤尾選手のクロスを見事ファーにヘディングで藤本選手が先制点を決める。
さすが得点王、見事!

後半に入ってからも展開は同様。
今度は鹿児島のグラウンダーのクロスに藤本選手が何とスルー!
その後ろから走り込んできた五領選手が蹴り込んで追加点!
得点王がスルーですよ!これもまた見事。

3点目は、セレッソの選手のハンドからのPK。落ち着いて藤本選手が決める。

しかし、終了間際。
セレッソの選手が、藤本選手の1点目のような形で決めて1失点。

それでも攻め続ける鹿児島。
そしてタイムアップでアウェー連勝!


★個人的感想
固い守備と全域でのボール奪取。
素晴らしい試合。
各所でどの選手もアクティブに動く、動く。
それでも、最初の選手交代が90分過ぎという。。。
素晴らしい体力。

しかし、1点目と同じような形での失点がもったいない。。。見事なヘディングだったけど。
それ以上に、鹿児島の1点目が見事ですけども!(贔屓。。。)

後半戦これからも期待が膨らむような試合展開だった。


★次戦
08/19(土)17:00〜 vs AC長野パルセイロ 鴨池陸上競技場 (鹿児島)
浅野監督、おかえりなさいませ。勝ち点3、遠慮なく頂きます。

J3 2017年第17節 鹿児島vsSC相模原 

2017年07月16日(日) 22時12分
2017年のJ3、第17節
鹿児島ユナイテッドFC vs SC相模原 が、
2017/07/16(日) 15時00分〜 相模原ギオンスタジアム(神奈川)で行われた。

結果は3−1の勝利!
今年苦戦のアウェーで勝ち点3を獲得!


★試合展開
鹿児島がやや優勢かと思われる展開で、積極的にシュートを放つが、なかなか枠に飛ばず。
永畑選手が抜け出してからのシュートは、相模原GKの川口選手に阻まれる。

前半終了間際には、永畑選手のクロスから吉井選手が頭で折り返す。
五領選手を飛び越したところには、今季初先発の川森選手がフリー。
しっかり蹴り込んで先制!

後半はお互い攻め合う展開となるが、鹿児島はサイドからのクロスを吉井選手が
かなり難しい体勢からのボレーでゴール隅に蹴り込み、追加点。

お互いの選手を1名ずつ交代させた後半33分の直後、相手DF最終ライン間のパスをかっさらった
藤本選手が、追いかけるDF2名を振り切って3点目。

ところが、安定した守りを見せていたDF陣がばたばたしたシーンがあり、ここで1点返される。

しかしそのまま逃げ切って、アウェーでの貴重な勝利を獲得。


★個人的感想
なかなか藤本選手以外のゴールが少ない中、今季初出場の川森選手がゴールしたことで、
相手チームにもプレッシャーを与えられたし、チームとしてもかなり良い勢いが付いたのではないだろうか。
なんとなく、藤本選手を抑えていれば、鹿児島は凌げる、と思われてるのではないか?と心配していたので。

吉井選手の今期初得点も嬉しい。
そのうえで、得点王もゴール数を伸ばすという、最高の結果。

ただ、あの失点はもったいない。
ひっかけたのに相手に転がったシーンが続いたので、しょうがないのかもしれないが。

一方で各ポジション争いも激化している模様。
少しづつ各ポジションの選手が入れ替わりつつある。
例えば井上選手にもスタメン出場して欲しいのだが、今いる選手の誰も変わってほしくなく。
他のポジションの選手達もしかり。
各選手の調子が上向いてきていることは良いのだが、どの選手にも出て欲しいこともあり、嬉しい悩みでもある。

余談だが、最近1試合をしっかり観戦できず。
見逃すシーンも多々あり。。。
たぶん、各選手の良い動きはもっとあるのだろうが、押さえられていない。
残念ではあるが、ま、しばらくはしょうがない。

★次戦
07/23(日)19:00〜 vs セレッソ大阪U−23 ヤンマースタジアム長居 (大阪)
何としてでも、前回ホームでの敗戦を取り返して来て頂きたい!

J3 2017年第12節 鹿児島vs福島ユナイテッドFC 

2017年06月10日(土) 21時00分
2017年のJ3、第12節
鹿児島ユナイテッドFC vs 福島ユナイテッドFC が、
2017/06/10(土) 18時00分〜 鴨池陸上競技場(鹿児島)で行われた。

結果は2−1の勝利!
ホームで連勝!


★試合展開
実は、試合開始に間に合わず、観戦し始めた時には既に1得点決めていたという・・・
後ほど映像で確認したところ、永畑選手?からの絶妙な裏へのパスに反応した藤本選手が、
1対1を冷静に決めて、先制。
開始3分未満での出来事。見事!
あー。。。めっちゃ見たかった。。。

鹿児島は、30分過ぎあたりに福島の猛攻にあう。
弾いても弾いても、福島がボールを拾い、たたみかけてくる。
ゴール前でボールを奪われ、鴨志田選手に放たれたシュートは辛うじてバーに当たって失点にならず。
これはかなり危険なシーンだった。

しかし、終了前のFKに上手く回り込んでマークを外した上本選手がニアにヘディングで叩き込み、追加点!
今期新加入の松下選手→上本選手での得点に、歓喜!

後半からもお互いの攻防が激しい中、福島のトップの選手のマークを怠らず、
鹿児島は粘り強い守りを展開。
攻撃では、シュートまでいくのだが、なかなか得点が奪えず。
各選手の迫力あるシュートは見事なのだが、なんとかあと1点は決めたかった。
しかし、藤本選手の前線での存在感はさすが。

失点のシーンは、鹿児島出身の平秀斗選手の見事なミドル。
あれは。。。見事すぎた。鹿児島出身の選手の活躍は大歓迎なんだが、これまた鹿児島相手に決めてしまいますか。。。

終了前に福島の選手の退場があったが、永畑選手はよく狙われる。。。ほんと怪我が心配で。
さらに、その前にベンチの選手にレッドカードが出ていたが、これは、はてさて???

何はともあれ、何とか失点せずに試合終了。

今回は、山田選手が後半37分から交代で入ったのだが、リーグ戦初出場?かと。
個人的には、今度は初ゴールを見てみたいものだ。
天皇杯予選でのゴールは、良いポジション取りからのゴールを取ったが、次はリーグ戦で!


★次戦
06/17(土)13:00〜 vs 栃木SC 栃木県グリーンスタジアム (栃木)
上位に勝利して、3連勝、差を縮めてもらいたい!

J3 2017年第11節 鹿児島vsガイナーレ鳥取 

2017年06月04日(日) 21時00分
2017年のJ3、第11節
鹿児島ユナイテッドFC vs ガイナーレ鳥取 が、
2017/06/04(日) 18時00分〜 鴨池陸上競技場(鹿児島)で行われた。

結果は2−1の勝利!
連敗脱出かつホームでの勝利!


★試合展開
後ろでのパスは回せるものの、攻めきれない鹿児島。
鳥取はドリブルでの推進力が強い印象。

先制点は鳥取。
鹿児島自陣ペナルティエリア近くでボールを奪われてからのシュートで失点。
得点を決めたのは、京都サンガからのレンタル加入、沼選手。
レンタル先でも活躍を期待してはいたが、まさか鹿児島戦でも活躍しちゃいますか。。。
見事なシュートでしたけれども。。。嬉しいけど、悔しい。。。けど嬉しい。
鳥取さん、来年は京都に返してくださいね。

失点後も攻めきれない鹿児島。
テンポよくパスが回るときもあるが、むしろ合わないシーンが多い。
パス受けてからのワンテンポが遅く、すぐに固められてしまう。

前半は、とにかく藤本選手にボールが入らない。

後半に入って、徐々に藤本選手にもボールが渡り始める。
そこからのフリーキックも増え始め、相手の守備を慌てさせてきた。

同点シーンは、左深くへのパスから折り返しを受けた中原選手からのクロスに
飛び込んだ藤本選手のシュート。
相手もしっかり付いていたにもかかわらず、キーパーの届かない位置にねじ込んだ藤本選手、さすが。

そしてアディショナルタイムに、またも藤本選手。
フリーキックの折り返しに対する相手選手のクリアがゴール前に浮いて、
いち早く反応した藤本選手がしっかりと押し込んで逆転!!!
クリアにいち早く反応し、ディフェンスを置き去りにした藤本選手はさすが。

これで連敗を脱出。


★次戦
06/10(土)18:00〜 vs 福島ユナイテッドFC 鴨池陸上競技場 (鹿児島)
連勝してより一層鹿児島を盛り上げて頂きたい!

J3 2017年第05節 鹿児島vsギラヴァンツ北九州 

2017年04月16日(日) 17時00分
2017年のJ3、第05節
鹿児島ユナイテッドFC vs ギラヴァンツ北九州 が、
2017/04/16(日) 14時00分〜 鴨池陸上競技場(鹿児島)で行われた。

結果は2−1の勝利!
九州ダービーを勝利で飾ることができて、ほっとした。


★試合展開
立ち上がりは北九州のパスワークに振り回され、シュートを数本許す展開。
ゴール前までの侵入を許すが、正面でGKがキャッチするなど凌ぐ。
一方鹿児島も徐々に盛り返し、うまくサイドからの展開でやり返し始める。

お互いに相手陣内への切込みはできるのだが、
北九州は、上手く多彩な攻撃で真ん中からも切込み、最後のシュートが淡泊、
鹿児島は、はやい速度と難易度の高い連携で切り込むが、若干成功率が低め、
といった印象を受けた。

共に集中力の高い守りもあり、前半は無得点で終了。

後半に入り気になったのは、鹿児島の赤尾選手の試合中の負傷の影響?と、
北九州のミスの増加。
特に北九州の、自分たちの繋ぎの中での、あれ?というパスミス。どうしたのだろう。
そんな中、永畑選手の右からの切込みからゴール近くの赤尾選手へのパス、
そして藤本選手へのマイナスのパスから、鹿児島が先制。
綺麗な連携からの得点。

鹿児島は後半、幾度かフォーメーションを変更しながら対応するが、
違和感少なくスイッチできていたように思える。

しかし、その後失点。
ペナルティエリア内でのファールを取られ、PKで失点。

また、コーナーキックからのこぼれ球を詰められて勝ち越しを許した・・・
と思ったら、これはその前のファールを取られて、取り消し。危ない危ない。

一方、鹿児島はクロスが流れたボールをラインぎりぎりで残し、藤本選手がパスを受ける。
そこで北九州の選手がたまらずファールし、PKを獲得。
きっちり藤本選手が決めて勝ち越し。

そして点差はそのままで終了。
難敵北九州を下して、ホームでの勝ち点3を獲得。


★次戦
04/30(日)13:00〜 vs アスルクラロ沼津 愛鷹広域公園多目的競技場 (静岡)
去年までJFLだった沼津だが補強を含め勢いのあるチーム。J3の先輩としてなんとしても勝利して頂きたい。

J3 2017年第04節 鹿児島vsFC東京U-23 

2017年04月02日(日) 17時00分
2017年のJ3、第04節
鹿児島ユナイテッドFC vs FC東京U-23 が、
2017/04/02(日) 14時00分〜 江東区夢の島競技場(東京)で行われた。

結果は2−1の勝利!
アウェーでの勝ち点3、お見事。


★試合展開
相手チームのスタメンがとんでもない。
噂の久保選手は出場すると思っていたが、FWに前田選手、MFに梶山選手とか。
いやいやいや。鹿児島のときはいつもそう。。。

試合の流れは、一進一退だが、ビルドアップはFC東京側が上手かったように見えた。
鹿児島も、両サイドのドリブルや、ボランチの赤尾選手、松下選手を絡めたパスも
良かったのだが、攻撃の厚みはもっと欲しいところ。

それでも、先制点は鹿児島の連動した前からのプレスから生まれたもの。

相手自陣深い位置で連動したプレスから奪い、松下選手のシュートは相手DFの足に当たり、
ふわりと山なりになったボールがゴールに吸い込まれて先制。
FC東京としては不運な部分もあったが、鹿児島の連動と執念が生み出した得点。

2点目は、後半。
ナソンス選手からの上手いパスに裏に抜け出した藤本選手が、
ペナルティエリア内で相手DFと交錯して得たPK。

鹿児島の永畑選手、ナソンス選手のドリブルやハードワークは、かなりの強み。

ところが、2分後にセットプレーからヘッドで叩き込まれる。
完全に鹿児島の選手は後ろからとなっていたので、フリーのようなもの。
これはいけない。。。

しかし、その後の猛攻も凌いで、なんとか勝ち点3を獲得。

さて、うわさの久保選手。
注目される十分なプレーを見せつけてくれた。
競っても負けていないし、数人引き連れてのシュート、味方への見事なパス捌き、
各所の抜け目ないポジショニングからのボール奪取など、
十分な脅威を見せつけられた。
いやはや、恐るべし。

後、気になった点。
J3は解説がおひとりのようで。なかなか大変そう。
また、やたらと藤本選手のアップが多かったような。何故だろう。
比較的、FWのアップが多かったようだが、鹿児島では藤本選手が一番多かった気がする。
いや、別段統計をとったわけではない。ただの印象ではある。


★次戦
04/16(日)14:00〜 vs ギラヴァンツ北九州 鹿児島県立鴨池陸上競技場 (鹿児島)
去年までJ2だった北九州。強敵相手にホームで是非とも勝利を。

J2 2017年第06節 京都サンガF.C.vsジェフユナイテッド千葉 

2017年04月01日(土) 17時00分
2017年のJ2、第06節
京都サンガF.C. vs ジェフユナイテッド千葉 が、
2017/04/01(土) 14時00分〜 フクダ電子アリーナ(千葉)で行われた。

結果は2−2の引き分け。
今日こそは勝ち点3を!と思ったのだが、ロスタイムに追いつかれ、引き分けという結果。

★録画の映像で試合を観戦
タイムリーに試合を観戦できず、録画の試合をみたので、結果は知っており、
複雑な気持ちで観戦した。

千葉の1点目は綺麗な崩しだったと聞いてはいたが、見事なパスワークで京都を切り裂き、
清武選手は絶妙なワントラップ目で京都DFを交わしてシュート。
本当に、見事。そして京都の守備陣。。。

展開は千葉の早いプレスでマイボールにし、パスワークで次々と京都に攻撃を仕掛ける。
なかなか追加点のない千葉に対し、京都は自分たちのミスでボールロストするシーンが多いように思えた。

そんな中、千葉DF同士のパスの隙をついて、京都の小屋松選手がかっさらい、
GKまでも絶妙なコントロールでかわしてゴール。

後半に入り、今度は京都が逆転ゴールを突き刺す。
ペナルティエリア内の大野選手からの落としを受けた仙頭選手が見事なふわりとしたミドルシュートが、
千葉のゴールに吸い込まれた。

しかしペースは全体的に千葉。
なかなか点を入れられないが、ロスタイムに千葉のクロスを近藤選手が押し込む。
距離があるのにピンポイントのクロスと、滞空時間の長い近藤選手のコンビネーションが
生み出した同点弾。

これで京都は、またもや勝ち点3がするりと抜けていった。。。
かみ合っていない京都。さてどう立て直すか。

一方、今回の解説がなかなか面白くて。
サッカー談義を聞いているようだった。
内容は主に千葉の守り方についてが多かった。
小屋松選手のゴールシーンは、「ほらー。だから、こうなるんですよね。」的な。

DFはかなり高いラインを設定し、1対1で負けない前提での守備、
GKも広く動いて、自陣のパスワークにも高い位置まで参加しに来る。
その分、一人でも抜かれれば大ピンチになるような形だったようで、
完成すればかなり面白いが、はらはらするフォーメーションと言っていたような。
良くも悪くも、「おもしろい」戦い方をしているとのこと。

京都は。。。裏への動きのタイミングがみんな一緒だとか、そんな話が少し。
うーん、完成まではまだまだか。

最高丼(さいごうどん) 黒毛和牛丼 

2017年03月25日(土) 19時00分
鹿児島のアミュプラザで開催されている、
最高丼No.1決定戦!
で、「焼肉 Gyudo! 中央駅店」さんの
黒毛和牛丼
を食べてきた。

ここのお店なら美味しいでしょう、と思っていた。
牛すじともつ、ばら肉を牛丼的な味付けと、
少しばかりの焼き肉タレの合いまった美味しさで、
がつがつと頬張れる。
この味付けで、美味しくないわけがない。
量は若干少なめ。

とても満足する一品。

最高丼(さいごうどん) とり天親子カレー丼 

2017年03月25日(土) 19時00分
鹿児島のアミュプラザで開催されている、
最高丼No.1決定戦!
で、「そば茶屋 吹上庵」さんの
とり天親子カレー丼
を食べてきた。

パンフレットの写真は、一見キーマカレーのようにも見えたが、
実際はさらさらルーのカレー。真ん中には温玉が乗っている。
スパイスがややおしゃれ系のような風味。
自分は、最初は温玉をよけて味わって、途中から温玉を軽く混ぜて
食べたのだが、また味が変わって美味しい。
また、とり天とカレーがとても合っていた。
量はやや少な目。

温玉ととり天とカレーのバランスの良い、食べやすい丼。

J3 2017年第03節 鹿児島vsガンバ大阪U-23 

2017年03月25日(土) 17時00分
2017年のJ3、第03節
鹿児島ユナイテッドFC vs ガンバ大阪U-23 が、
2017/03/25(土) 14時00分〜 鹿児島県立鴨池陸上競技場(鹿児島)で行われた。

結果は1−0の勝利!
連敗を回避、しっかり勝ち点3を積み上げた。


★試合展開
立ち上がりからは鹿児島優位で押し込んでいたが、徐々に大阪のパスが繋がっていく。
大阪のDFラインからの縦パスが、鹿児島DF前に通り、さらに裏にパス。
GKとの1対1は、今年初スタメンのGK山岡選手がブロック。ヒヤリとする場面。

一進一退が続くが、鹿児島はなかなかシュートまでの形を作れず。
一方の大阪は所々でテクニカルなプレーを見せながら、ゴール前まで持っていく。

両チームとも高い位置からのプレスをかけに行くなど、アクティブなプレーが続く。

鹿児島の得点は、新加入ナ ソンス選手のペナルティエリア内でのプレー中に起きたハンドからのPK。
ナ ソンス選手が蹴りたがっていたようだが、チームのPKキッカー藤本選手が蹴ることとなり、
落ち着いたキックでしっかりゴール。

鹿児島のボランチ2名、赤尾選手と松下選手が攻守にわたり安定感を感じる。
お互い、サイドバックが上がればケアに回ったりとポジションチェンジを繰り返して、
状況に応じてスペースを潰したり、パスの出しどころを確保したり。
頼もしいコンビ。

結局鹿児島は一人も交代せず、90分間終了。
無失点はとても素晴らしい。


★次戦
04/02(日)14:00〜 vs 江東区夢の島競技場 (アウェー)
続けざまにアンダーチームとの戦い。連勝目指して頑張ってほしい。
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像ぞの
» 2016年鹿児島出身Jリーガ (2016年02月18日)
アイコン画像しろひげR
» 2016年鹿児島出身Jリーガ (2016年02月17日)
アイコン画像ぞの
» JFL 2015年2nd-S第14節 鹿児島vs奈良クラブ (2015年11月11日)
アイコン画像tomo
» JFL 2015年2nd-S第14節 鹿児島vs奈良クラブ (2015年11月08日)
アイコン画像ぞの
» 2015年鹿児島出身Jリーガ (2015年03月09日)
アイコン画像tomo
» 2015年鹿児島出身Jリーガ (2015年03月08日)
アイコン画像ぞの
» JFL 2014年2nd-S第13節 鹿児島vs横河武蔵野FC (2014年11月21日)
アイコン画像tomo
» JFL 2014年2nd-S第13節 鹿児島vs横河武蔵野FC (2014年11月18日)
http://yaplog.jp/zonoblog/index1_0.rdf
メールフォーム

TITLE


MESSAGE