商標UGGオーストラリア(&デザイン)とデッカーに対して裁定

December 23 [Fri], 2011, 21:15
2010年には、IPオーストラリアはリュダの商標UGGオーストラリア(&デザイン)とデッカーに対して裁定コストでUGGブーツオーストラリアはメイドを登録する権利を付与、デッカーとリュダ生産Pty Ltdの間で商標の異議申立の論争に判決を下した。裁判所は、販売、広告や他のプロモーションに基づいて、同社がリュダProductionsによって支配されていたオーストラリアの市場に大きな評判を持っていなかったことがわかったため、取引慣行法の要件を失敗しました。メーカーの原点の公共誤解について。裁判所は、そのルーダプロダクションによって、オーストラリアでの商標の使用は否定同社がリュダは彼らの信用に対して取引だと主張22年でデッカーの侵害のアプリケーションを前日に注意。 UGGは、判決を不服として控訴している。UGGは、ウォータープルーフ加工の上質なレザーとオイル加工のスエードのコンビネーションが特徴です。ラバー素材のアウトソールは優れた耐久性と高い滑り止め効果をご提供します。雨、雪など、天候にかかわらずお楽しみいただけます。

UGGブーツ防水加工のフルグレインレザーをアッパーに用い、通気性に優れたeVent 保護膜を使用したUGG Adirondack Boot IIは、雪や湿った天候での着用にも最適。特製 Vibram アウトソールが優れた耐久性とトラクションを発揮します。本革シープスキンで全体を裏張りされたこの機能的なひざ下丈ブーツの履き心地は、とても暖かく、快適。なお、この商品には着脱&取替え可能な本革シープスキン?インソールが付属しています。UGG アディロン U 5469は最高の履き心地感はそのままに、自由自在にスタイルを楽しめる魅力たっぷりなブーツです。上質なレザーまたはスエードのアッパーは裏地が全て最高品質グレードAのシープスキンのフリース地で仕上げられています。ショート丈にカフダウンしてもロング丈でも楽しめるこのブーツは、秋のワードローブのマストアイテムになること間違いなしです。

UGG Bailey Buttonは、Classic Shortと同じく本革ツインフェイス?シープスキン製のひざ下丈ブーツです。定番のスタイルにUGGオンライン ロゴ入り木製ボタンと伸縮素材のバンド留めを採用してバージョンアップしました。装いに合わせてそのままの長さで、またはカフダウンでちょっと違った趣をお楽しみいただけます。クラシックコレクションのブーツはすべて、本革シープスキン張りのソフトフォーム?インソールと、軽く柔軟な成型 EVA アウトソールを使用。歩くたびに驚きの快適さをお楽しみいただけます。UGGのヘリテージを全面的に打ち出した快適さとプレミアム感を兼ね備えたUGG Bailey Buttonは、UGGの定番である、驚くほどフワフワなツインフェイスのシープスキンの折り返しファーがあしらわれ、レーザー加工のロゴがアクセントとなっています。Vildonaのリフレクティブ?インソールは最高の履き心地感を、柔軟性に優れたEVAアウトソールには高い滑り止め効果をご提供します。

UGG クラシック ミニ 5854 UGGならではのスタイリッシュなデザインと快適さをご提供するウィメンズClassic Mini。本革シープスキン張りのソフトフォーム.インソールと、軽く柔軟な成型 EVAアウトソールを使用。歩くたびに驚きの快適さをお楽しみいただけます。UGGのヘリテージを全面的に打ち出した快適さとプレミアム感を兼ね備えたClassic Miniは、まるでコルセットのようにレースアップされたシルエットが特徴のUGGツインフェイスのシープスキンブーツです。ファーで縁取られたDリングがアクセントとなり、また、カフダウンして違ったスタイルもお楽しみいただけます。 Vildonaのリフレクティブ.インソールは最高の履き心地感を、柔軟性に優れたEVAアウトソールには高い滑り止め効果をご提供します。

2010年12月25日に、デッカー屋外株式会社はその販売のウェブサイトでUGGオンラインの名前を使用してからエミューオーストラリアを停止するには、入札での商標権侵害訴訟を起こした。 12月30日エミューオーストラリア反訴えた米国のデッカーのUGGの商標の取消のために。エミューのスーツは、デッカーの商標は、米国の商標庁に虚偽の陳述後に得られるため、無効であった??と主張した。 2011年8月25日にケースは当事者の規定によって偏見で消されたが和解の条件はdisclosed.On2011年2月10日ではなかったした、Uggleboクロッグは、不正競争の主張、詐欺的取引慣行とデッカー屋外コーポレーションを提訴し、逆混乱は、下駄や靴のためのUGGの商標のデッカー"使用に基づく。スーツにUggleboは"UGG"は一般的な用語とそのであると主張している"を通じて積極的な訴訟、偶然の一致、および広告が、被告は、正常に米国でブーツのための商標にオーストラリアのシープスキンブーツの総称から"UGG"を変換していますさらに、被告は現在、そのような例の下駄、スリッパやモカシン、並びに非羊のため、できるだけ多くの非ブート靴製品に商標を拡張しました。"Uggleboブランドの目詰まりは、1965年以来製造されている。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:UGGブーツ
読者になる
http://www.uggbootsonline.jp/
2011年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/zone56/index1_0.rdf