めごっちで小谷

September 13 [Wed], 2017, 22:08
ニキビができてしまう理由のひとつに、乾燥も含まれます。
肌の余分な油脂のせいじゃないの?と驚いている人も多いかもしれません。当然、余分な油脂のせいで毛穴が詰まるのも原因のひとつなのは本当ですが、そう思って過剰に油脂を落としすぎてしまうと、今度は乾燥した肌になり、それが原因でニキビができてしまうのです。


肌トラブルとニキビが関係していることも有りです。というのも、ニキビはホルモンバランスの悪化が主な原因なので、特に思春期に出現しやすいです。
とは言っても、思春期をすぎても現れることがあり、その事例では大人ニキビとか吹き出物と命名されてます。
この大人ニキビの起こりの一つが肌荒れですから、スキンケアや生活習慣には考慮が必要です。


ニキビ対応に栄養管理が必須です。

脂質や糖質を多く含んでいる物を摂取し過ぎることはニキビの一因になります。

チョコは脂質も糖質も多く含有しているので、あまり摂取し過ぎないようにした方がよろしいです。カカオの含くまれる確率が高くて糖質の少ない物はお肌にも良い効果があるので、ぜひとも食べたい時には成分表を目に入れましょう。

ニキビにヨーグルトは良いものではないといったことが言われていたり、その逆に良いと言われたりしていますが、こうした情報の真偽とは決して定かではありません。



特定の食品にこだわるのではなく、常に栄養バランスの取れた食事を心がけるようにすれば、ニキビの予防になると思っています。昔、ニキビが顔の上部にいっぱい出てきてしまった時に、化粧でも隠せないほどの状態だったので、薬を貰いに行くとこにしました。

医師から、これを処方しますので、塗って経過を観察して下さいと言われ、ステロイド系の塗るタイプの薬を処方されました。
ステロイド系の薬はすぐに効果が現れますが、強い薬の為、状態の改善が見込めたら塗布する割合を少なくしていかなければならないそうです。
ニキビを予防するために大切なのは、菌が住み着かない環境をつくることです。
ファンデーションのパフに皮脂等が付きっぱなし、枕カバーを不潔にしている、手で肌に触る等は、雑菌を塗ってしまっているようなものです。
常に清潔にいれるように気をつけて生活しましょう。妊娠、初期の頃には女性ホルモンが乱れることからニキビがでやすくなるのです。また妊娠に伴う精神的ストレスもニキビができる原因となります。
ですがだからといって、抗生剤などを使用をすることはできません。ホルモンバランスを整えていけるように、とにかくこの時期はリラックスをして、身体を労わるようにしましょう。

ニキビという言葉は、10代までの若い子たちが使う言葉で、20歳以上の大人はニキビとは言わないななんて言われることが多いです。
つい先日、何年ぶりかで鼻の頭に大きな吹き出物ができたので、主人に、「あ、ニキビだ」というと、笑いながら、「その歳じゃもうニキビなんて言わないよ」と、バカにされました。


顔にニキビが出来てしまうと気分が滅入ります。



でも、実は肌の調子ってお腹の中の調子と深く関係があるらしいので、腸内環境を良くしたら、さっぱり消えてくれます。まずは、腸内さっぱり快便生活から始めるためにバナナなどの食物繊維が豊富なものを食べて、不要なものを体から出していったら、ニキビもさっぱりなくなります。白く膨らんだ痛々しいニキビを見つけると気になって触ってつぶしてしまいます。白く膨らんだニキビから白い中身が飛び出してくるのがとっても大好きです。



ただ、五回に一回はつぶしても中身が残り、どうしても中身を出そうとした結果、消えないニキビの痕跡が残ります。
ニキビ跡を見ると、無理にニキビをつぶしてしまった自分を反省するのですが、また白いニキビが出てくると自分を抑えられずに、また中身を出すべくにきびをつぶしてしまっているのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:トモヤ
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる