効率のいい睡眠で疲労回復

March 16 [Sun], 2014, 7:49
 効率のいい睡眠をとるにはどうすればいいのでしょうか?睡眠がとてもよい状態だと日々の活力も違ってきます。睡眠は夢を見るレム睡眠と夢を見ない睡眠ノンレムのバランスで決まってくるのですが、レム睡眠とノンレム睡眠が続いてワンセット、約90分といわれています。

 これが起きるまでに3セットバランスよく取れればほぼ睡眠が完了するといることみたいですが、これが4セットになるか5セットになるかは個人的に違ってきます。

 私はもっともバランスのいい場合3セット約四時間半で足りると思っています。

 でもそのバランスのいい睡眠をとるための荷は工夫が必要なんです。日常忙しくあまり睡眠時間が取れない人はこの三セットで十分に休息がとれるようにいかのことを心がけてはいかがでしょうか?

 1、寝る前の3時間前は食事をとらない。

 胃が消化活動を続けていると寝付けないのは経験からわかるとおもいますが、内臓も同時に休息しなければ、睡眠が効率よく取れません。

 2、トリプロファンという栄養素をとって深い睡眠を誘発。

 トリプトファンは深い睡眠を誘発するメラトニンというホルモンを分泌するのに必要な栄養素です。これをとるために寝る前にホットミルクをのんだり、青魚や乳製品を夕食後に取り入れると効果があるでしょう。

 3、メラトニンの分泌を活発にするため部屋を暗くする。

 目からの光の信号がメラトニンの分泌を抑えます。よってアイマスクなどを利用し光を遮りましょう。

以上の点に注意すると短時間でも深い睡眠がとれて、日中の活動も活発になっていきます。睡眠は健康な生活を送るのに大切な要素です。

 良い睡眠をとって健康的な生活を送れたらいいですよね。