レクイエムフォードリーム。
2009.06.11 [Thu] 01:16



  美しいということ


  汚れを知らぬという事

  汚れを知るという事

  汚れを恐れぬという事


  美しいということ

  
  人を信じるという事

  人に信じられるという事

  人を疑わぬ事



  美しいということ


  人を愛するという事

  人に愛されるという事

  愛に見返りを求めないという事


 

 ミルクキャンディ。
2009.06.02 [Tue] 01:47



 

 キスト。
2009.05.31 [Sun] 21:22

 


 
  この世に 確かなモノなんて
  1つも存在しない。

  
 

 真空ゾイトロープ。
2009.03.10 [Tue] 23:58






揺らいでいるのは 世界か、私か。

誰もしらない。
神様もしらない。

まみむめまい。

ご。

 

  Raven。
2009.03.09 [Mon] 00:51



 『イレヴン は トゥエルブに勝るのか?』
 レイヴンが尋ねるので、

 『世界の平均と均衡を保つには、"不幸"が必要だよ。』
 と 答えてあげた。

 『そんなゆとり教育は必要ない。』

 レイヴンは、水溜りに向かって
 綺麗なストライクを決め込んだ。

 ココア色の雨が、小気味好く弾け飛び。
 真っ白な長靴を雨空に変えた。




『白はやめた方がいい、キミは間抜けだから。』

 以前、僕はそう忠告してあげた。
 勿論、親切心からだ。
 
 でも、レイヴンは毎日履き続けた。
  
 『世界が汚れていく様を視たいのさ。』
 
 僕は、彼は阿呆だと思ったが
 なんだか、心の中が スースーするのを感じた。

 肺の中で、
 ハッカ飴を ゴロンゴロン 転がしている時のような 
 何とも言えない 爽快感だ。





with love
 

 グリコの前頭葉。
2009.03.02 [Mon] 00:03







 頭の裏側では
 
 ミルクが 溢れてる。


 
 赤血球は
 身体をミルクで塗りたくって
 白血球の振り。
 

 赤血球。  白血球。  赤血球。
 白血球。  赤血球。  白血球。
 赤血球。  白血球。  赤血球。



 ケタケタ 嗤いながら
 体内に息づく"アイ"ってやつを排除する。



 「ここに"目"は必要ない。」

 「成長しないってヤクソクじゃん。」
 


 こんな時の ヘモグロビン。 
 がんばれ  ヘモグロビン。



 "ユウ"を"アイ"さなきゃ。



 ヘモグロビン。
 ヘモグロビン。


 何がいいって、ヘモグロビン。



 口にして 

   噛み砕いて 

      味わいながら



 
 「へ・も・ぐ・ろ・び・ん」




 胃の中で増殖する "AI"は、


 「ここは生きづらい」


 と、嘆きながらも安堵するから。



 ヘモグロビン。
 ヘモグロビン。



 可愛い ヘモグロビン。

 頑張れ ヘモグロビン。 

 行け! ヘモグロビン。



 _____




 意外と 世界は

 愛に満ちているようです。


 これって最高の1cm.

 
 

 ニルギリの痴。
2009.02.24 [Tue] 00:32




  
 ハローベイビー
 僕はいつも不思議だね
 人は見えるものを欲しがるんだ
 いずれ自分は消えていくのに




 空白だらけの頭
 隙間だらけの心
 
 言葉を繋ぎ 
 意味を重ねる

 綺麗な言葉で飾られた
 意味なんてモノは
 メッキを施した真実に過ぎなくて
 
 捻じ曲がった真実は
 いつも眩暈がする程 美しい



 

 建築家のE。
2009.02.22 [Sun] 02:58

 




死んでいる有機物 ___ A
 生きている無機物 ___ B


 AとBの間に横たわる退屈と謂う名の時間。
 AとBが孕んだ微分方程式のかいぶつ。


 かいぶつの名前は ___ 
 きみの名前は   ___



 

 世界は身勝手に嘘をつく。
 3つ数えたら、新しい遊びを始めよう。


 新しい名前を付け て。
 愉しい事を想像し て。


 みんな が しあわせになる遊び。
 みんな が E 夢みれる遊び。

         
           1


    2

 
          
              3



 
 Cは しあわせ ね。


 

アンダースロウ
2009.01.21 [Wed] 18:05





誰もが苦しまず
悲しまず
笑顔で暮らせる

そんな世界が在ればいい


有り得ないだろうけれど
在ればいい



そうしたら
独りでも 笑って生きてゆける。


 

 SPiKLENCI SLASTI.
2009.01.07 [Wed] 05:54







これは一つの記憶の指標。

 
 今日よりも 遠く
 昨日よりも 温かい空。





 何処迄も 何時迄も 流れ続ける
 泪の味はスロウ。


 渇いた喉を潤すのは
 過去に溺れた数式。 





    1   


  0
    2
        3  
     1

          3 
     7

    2  
           1   

 0