文芸大聴講西洋美術史TD〜ルネサンス、その1

May 21 [Mon], 2012, 15:10
59水、静岡文化芸術大の社会人聴講西洋美術史T第5回目、ルネサンス。
8初期ルネサンスここは、ルネサンス直前とも前夜ともいうべき時代で、人によってはルネサンスに含めない。
ルネサンスの語源本来、再生復活を意味するフランス語。
人間性回復の時代。
美術のみに留まらない社会全体の現象。
何に対して人間性回復と言っているのかそれは中世に対して。
中世キリスト教会の支配下にあった宗教的世界。
生活全体が垂担に営まれた。
人間は過ちを犯す生き物。
大きな束縛の下の生活。
現世でなく、あの世が大事。
あの世での幸福を求めた。
美術は、垂ヨの信仰を深める為、布教の為に存在する。
作家の個人名は無意味。
ルネサンス行き過ぎた宗教中心の生活に対して、現世の人間の生活を重視、生きる歓びを歌った。
反中世という事で視線が向くのは、古代ギリシアローマ時代、理想的な美の世界。
ギリシアローマ的世界の復活を希求。
個人の美的情熱の発露。
イタリアを中心に、フランスドイツフランドルでも興る。
@フィレンツェイタリアルネサンス発祥。
ジョットディボンドーネ1266頃1337中世宗教芸術からの脱却。
ルネサンス絵画の先駆者祖。
単純化された力強い形態の持つ造形性と、安定した構図による充実した空間性。
部分的な遠近感表現。
聖フランチェスコ聖堂壁画アッシジ荘厳の聖母1310頃、ウフィツィ美術館。
聖母の坐る椅子の奥行き感。
但し、マリアは大きく、使徒達は小さい。
遠近原則でなく、宗教的価値の高いものが大きい。
スクロヴェーニ礼拝堂壁画群パドヴァユの接吻1365頃写真1フレスコ、185200、集団描写の妙。
Aシエナフィレンツェと並ぶ中心地、中部イタリア。
ドゥッチオディブオンセーニャ1255頃1319シエナ派を創始。
ビザンティン絵画とフランスゴシック様式を融合。
荘厳の聖母130811テンペラ、シエナ大聖堂付属美術館優雅な装飾性と写実性。
シモーネマルティーニ1284頃1344ドゥッチオの弟子。
受胎告知1333ウフィツィ美術館一層優雅で気品に満ちた、装飾性の強い画風、流麗な線と、繊細な人物表現。
9前期ルネサンス真のルネサンス芸術の誕生、特に1430年代に入ってから。
@建築建築からルネサンスは始まった。
1401年、フィレンツェ、サンジョヴァンニ洗礼堂門扉の浮彫について、公募コンクール世界初のコンクールが行われた。
課題はイサクの犠牲。
ロレンツォギベルティ1381頃1455とフィリッポブルネレスキ13771446の作品が最後迄残り、決選、ギベルティの優勝。
しかし、本当に卓越していたのはブルネレスキと言われる。
技術的に浮彫を超越した部分があり、洗礼堂8面に再現するのは困難だった為に落とされた、という説も。
イサクの犠牲両作はバルジェッロ美術館蔵。
負けたブルネレスキは建築家として出直す決心をする。
フィレンツェの象徴、サンタマリアデルフィオーレ大聖堂のドゥオーモ142036の設計は、彼による。
高さ86m、頂塔を入れると112mもの大建築。
ルネサンス期の建築は、教会だけでなく、個人の豪華な宮殿や私邸が多いところに特徴。
パラッツォメディチリッカルディ宮メディチ家の邸宅。
ミケロッツォ設計。
市民建築の代表的なもの。
サンピエトロ大聖堂15世紀に着工、何度もの変遷を経て1590年完成。
最終完成図設計はミケランジェロによる。
前広場はバロック期のベルニーニ。
A彫刻中世建築の装飾の為の付随的なもの。
ルネサンス独立した作品。
丸彫り彫刻の復活。
解剖学と遠近法の研究成果が見られるようになる。
ドナテルロ1386146615世紀最大の彫刻家。
力強い量塊と平衡性を持ち、躍動美に溢れる。
写実的様式から理想美追求へ変化していく。
ガッタメラータ将軍騎馬像144753パドゥヴァ、イルサント広場ヴィデ像1434写真2パルジェッロ美術館。
悪を退治する力強さとは無縁なヴィデ像。
同性愛的ななまめかしさ。
アンドレアデルヴェロッキオ143588前期ルネサンス最後の巨匠。
男性的で豪快な作風彫刻ミケランジェロに引き継がれる。
絵画建築にも田川和弘作品を残す。
コッレオーニ将軍騎馬像148188ヴェネツィア、3本脚で立つ。
絵画キリストの洗礼1472頃ウフィツィヴェロッキオ工房にいたヴィンチが左下の天使を描いた。
若きヴィンチの圧倒的才能を見出す。
後、絵画は描かなかったとの逸話。
ヴェロッキオはテンペラ、ヴィンチは油彩で描いている。
B絵画ジョットの造形性を継承、一層力強く写実的な肉付け法を獲得する方向へ。
マサッチオ140128前期ルネサンスフィレンツェが生んだ最初の巨匠。
力強い写実性と、優れた空間表現で、新しい絵画を目指した。
ドナテルロやブルネレスキから、遠近法と立体造形を学ぶ。
貢ぎの銭1427写真3フレスコ、フィレンツェ、サンタマリアデルカルシェ聖堂ブランカッチ礼拝堂量感のある人体表現、正確な明暗法肉付け法による空間表現。
フラアンジェリコ1387頃1455ドミニコ会修道士。
フラは聖なるの意。
敬虔な信仰心を、美しい色彩でそのまま絵画化。
受胎告知1440年代前半フィリッポリッピ140669ルネサンスの画家らしい雄大な画面。
受胎告知1440年代半ばミュンヘン、アルテピナコテーク蔵聖母子と二天使1460年代ウフィツィ。
幾何学的遠近法アルベルティの絵画x1435の中で明確に理サされた。
ピエロデラフランチェスカ141692単純化された形態と調和のとれた色彩。
宗教的な深い静けさに溢れた絵画。
光による色彩の変化を捉え、奥行きのある空間を描いた。
聖十字架物語聖木を礼拝するシバの女王145266フレスコサンドロボッティチェルリ14445151015c後半、フィレンツェのルネサンス黄金時代に活躍した。
線描法による線的な装飾効果によって、耽美的で象徴性の強い独自の画風を築いた。
ボッティチェルリはニックネーム、小さな樽の意。
書物の聖母1483ミラ、ボルディペッツォーリ美術館ブィーナスの誕生1486テンペラ、ウフィツィ春プリマヴェーラ1482ウフィツィ、右から左へストーリー展開西風ゼフュロスが冬から追い出すクロリュス春の女帥tローラに変身ヴィーナス目隠しをしたキューピッドが曹、のは、三美数貞節愛の内の貞節冬を追い払うメルクリウス。
次週は、盛期ルネサンス、ヴィンチから。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:zm73wrx1xg
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/zm73wrx1xg/index1_0.rdf