福祉住環境コーディネーターの特権は?

June 05 [Thu], 2014, 21:36
福祉住環境コーディネーターになると、住宅関連はもとより、福祉用具、介護用品、家具などの商品開発や販売にもかかわる仕事をします。
ただし、1級は申込登録の時点で2級に合格されていることが条件です。
福祉住環境コーディネーターの資格だけで求人票を呼びかける業界団体は少ないのが実情です。
費用面では、リフォーム会社や工務店、福祉用具の販売店などと改築やその後の生活に使う福祉用具にかかる費用を計算したりしてきます。
バリアフリーやトイレの手すりの設置など、自治体と社会が一体となって活動しています。
まず公式テキストの目次を読んで、全体の流れを把握します。
個人受験の場合は、インターネットもしくは電話で申し込み登録をします。
幅広い知識を活用するためには、かなりの時間や能力も必要です。
日本の人口比率でも高齢者が多くなり、子供が少ない少子高齢化社会へと移行している最中です。
福祉住環境コーディネーター1級は、2級合格者のみが受験することができます。
2級、3級の合格率は50%前後であり、しっかりと対策をすれば独学でも合格可能なレベルです。
さらに、安全で快適なまちづくりへの参画など、幅広い活動を行います。
福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーで、医療・福祉・建築について体系的で幅広い知識を身につけ、各種の専門職と連携をとりながらクライアントに適切な住宅改修プランを提示する仕事をします。
2級・3級にあたる資格試験が実施されるのは、毎年7月と11月に決まっています。
福祉住環境コーディネーターには、1級、2級、3級があります。
福祉住環境コーディネーター推論

福祉住環境コーディネーターの隅をつつく

福祉住環境コーディネーターの記録
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:zlfjkyea
読者になる
2014年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/zlfjkyea/index1_0.rdf