10/23(火)大阪のプレムサーシャにて より深く丹田に入るゆるゆる瞑想

October 09 [Tue], 2012, 16:17
9月18日、大阪のサロンプレムサーシャで、ゆるゆる瞑想をやった。
今まで何回もゆるゆる瞑想をやったけれど、今回は全く違う味わいのゆるゆる瞑想だった。
それは今まで公共の施設をかりてやっていたため、いろいろな波動が交差して一種の雑音状態のなかでやっていたから、自分自身の中に深く入ることがなかなかむずかしかった。
今回はこのサロンプレムサーシャはオーラソーマのワークショップだけではなく瞑想音楽のコンサートや、瞑想そのもののワークショップを行っているため、瞑想的エネルギーの蓄積がその場にあった。
サロンにクリスタルボウルや水晶のクラスターがたくさん置いてあって、それにオーラソーマのクリスタルエネルギーもあふれ、とっても場が気持ちよいところだった。
大阪の瞑想的エネルギーのオアシスのような場だ。
そのため、僕も含め参加者たちは深い体験をすることができた。
今回1日通しで参加した、ナタラジさんの感想です。
今回は前回開催のときよりも、わたし自身より深い丹田の中に入っていくような感覚。
丹田をまわしていくことで、お腹あたりに空洞のようなスペースを感じ。
途中シャンタンさんがかけたムーラマントラのCDソングが流れ全体でゆるゆるをしながら、自然にムーラマントラを曲のリズムに合わせて歌いだしたんですよね。
ゆるゆるでみんなとつながり、全体のエネルギーが流れるなかマントラを唱えながら、輪になっているときものすごく幸せな気持ちになって来て、またこんな場を共有できることが素晴らしいと感じ、涙を流しながらマントラを声に出していました。
なんていうか、今回はより深い中に、静かな感動がありました。
1023火ゆるゆる瞑想昼の部14時17時3000円夜の部18時半21時半3000円昼、夜の部通しの方は5000円1024水個人セッション60分8000円ゆるゆる瞑想は、ぼくの身体をとうして思い出した方法です。
古代、まだ人びとが素朴で純粋な時代、共同体の中で病気なおしや、健康のために集まって、お互いのエネルギーをまわし合ってひとりでは取り切れない疲れや、からだの毒を流し取っていきました。
ただ、ゆるやかに丹田をまわす、誰にでもできるからだの運動をとうして行います。
日本人には丹田は、とても大切なところ。
武道茶道書道能、すべて丹田の文化です。
丹田から始まって丹田で終わっています。
古い丹田のあり方はパワーの固まりにしていた、戦いの時代の丹田でした。
武道で丹田を鍛えて、固めていました。
いま、新しい次元の丹田のあり方は丹田をゆるめてあったかくなりゆるんでいって、拡がって、光に変わり、スペースになっていくことなのです。
今朝、座禅をくんでいると、丹田が拡がってスペースになり自分の中心が丹田にあると、感じました。
チベットで行われている瞑想メソッド、問い、公案があたまに浮かびました。
私は、誰だWhoamIよりも、もっと深い問いかけ。
私は、どこにいるのかWhereamI答えは新しい丹田だった。
内側スマとも 掲示板と外側をつなぐ全ての中心、生命の源泉、丹田がスペースになり光になり、ゆるやかな空間になった時人はリラックスして、丹田の中にいることができる。
僕が、ゆるゆるをやっているのは新しい次元の丹田のあり方を無意識にやっていたのが、わかりました。
oshoが肉体を離れる前、禅宣言の時、直接、瞑想を指導してこの丹田に入っていくことをガイドしていました。
言うなれば、ぼくたち日本人にとってはoshoの遺言のようなものです。
丹田に入っていくことが悟りのもっとも早道です。
シャンタンのプロフィール。
1975年、oshoがプーナに入った時、oshoのところに入った最初のグループの1人。
1979年には日本に帰り、アナンドニケタン瞑想センターを立ちあげる。
その後、シャンティユガ瞑想センターの創立に関わり、日本での本格的グループ、ソメンドラーのワークショプを富士山で行う。
oshoの版画を日本で出版する時のディレクションワークをする。
日本の多くの瞑想キャンプやグループをリードする。
お申込み、お問い合わせはオーラソーマサウンドレゾナンスレイキスクールPremSashaプレムサーシャ担当田嶋ホームページブログEメールaurasomakansaiforestocnnejp
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:zl8f9cwe6m
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/zl8f9cwe6m/index1_0.rdf