「焼き肉」必勝法

September 20 [Fri], 2013, 0:31
気をつけたいのは、動物性脂肪の取りすぎでした。詳しくは、カルビやホルモン等脂肪の多いジューシーな部位は危険。カルビと言うときこえはいいですから、バラ肉と同じ部位でした。



 脂のノリがいい分、飽和脂肪酸も大勢、カロリーもひどいに高くなるでしょう。牛カルビ肉は371キロカロリー(100グラムあたり)。あれはヒレ肉の約3倍となるでしょう。



 魚の油や植物油は、不飽和脂肪酸と言う液状の油ですから、牛や豚に大勢含まれるのは飽和脂肪酸と言う固形の脂。これの脂は、コレステロールをふやす等暮らし習慣病の原因にもなります脂肪酸でした。



 カルビ等脂ののった部位を食べるなら、和牛がオススメ。和牛は輸入牛や国産牛(一定期間以上、国内飼育された牛)と比べ、オリーブオイルと同じ一価不飽和脂肪酸が多いのでした。高級な和牛の脂のだが、熱にあたって溶けるのは、不飽和脂肪酸が多い証しでした。



 「肉をたっぷり食べたい」と言う方は、サンチュやえゴマの葉を頼んで、巻いて食べるようにしませんか。食べごたえも増えるうえ、食物繊維が食べ過ぎ防止に一役買ってくれるはず。



 カルビ以外に、何を食べればいいのか。比較的カロリーの低いハラミやロースの赤身等は如何ですか。代謝に必需なビタミンB群もさらに豊かになるでしょう。



 「キノコ焼き」「野菜焼き」「海鮮焼き」は、毎回わたしが頼むメニューでした。ニンジンやピーマン等は抗酸化ビタミンがきちんと取れ、キノコは食物繊維がたっぷり入って、低カロリー。イカ、エビ等の海鮮焼きもカロリーが低く、タンパク質が豊かでした。



 焼き肉店は、選択次第で、野菜豊かなヘルシー料理がいただけます。こういったメニューを意識的に取ると、低カロリー、代謝に必需なB群、食物繊維、ビタミンたっぷりになり、食事の価値はとても高くなるでしょう。



 つまりは「肉中心」ではなく、「肉控えめ、魚介もキノコも野菜もバランス良く食べる」が焼き肉必勝法なのだ。



 締めのメニューは「ビビン冷麺」は如何ですか。ここまでバランス良く食べてきたら、おなかはそういうに空いていないでしょう。フィニッシュは一人前を2〜3人でわけるくらいが適当かといえるでしょう。



 冷麺を辛いタレであえた具だくさんの「ビビン冷麺」は「代謝を高める」カプサイシンがたっぷり入っている。食事のフィニッシュに辛いものを食べて締めくくる、と言うのも刺激的でした。焼肉デートをしよう



 2週にわたって「さいしょに野菜たっぷり」「レパブは必須頼む」「サンチュ、野菜焼き、キノコ焼き、海鮮焼きを」「締めで辛味」と伝授しました。みなさんも焼き肉必勝法、是非、検証してみてくださいね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chica
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/zk89b4e2/index1_0.rdf