ある時おじいさんのもとへと若い娘が訪れました

September 06 [Mon], 2010, 0:19
ある時おじいさんのもとへと若い娘が訪れました。
「おじいさん…道に迷ってしまいました…今日は夜も遅いので泊めてもらえませんでしょうか?」
町では見た事のない娘でした。ですがおじいさんは快く泊めてあげる事にしました。
「さぁ…中へ入りなさい。暖かい食事も用意しよう…」
そぉ言って娘を中に入れてやりました。
娘は家に入るなり…「おじいさん?家族はいないのですか?」
おじいさんはおかしいなと思いながらも…「息子達は遠い街へと出稼ぎに行っとるんだ…お母さんはもぉずいぶん前に魔物に連れていかれてしまったよ…」
娘は申し訳なさそうに…「そぉですか…すみませんでした…」
「なぁに…気にする事ないさ…さぁスープが入ったよ…お食べなさい…」
娘は嬉しそうに「ありがとう」とお礼を言い美味しそうに食べ始めた…
平和な毎日なのに・・・町田 デリヘルをやめます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:zjynwxo629
読者になる
2010年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる