日々の付き合いやプライベートでの趣味嗜好で遣り繰りって難しいですよね

March 18 [Fri], 2016, 10:36
仕事付き合いやプライベートで飲み歩く毎日が続き、経費として落とせない世知辛い世の中で財布の中は寂しい状態です。

おまけに接待でゴルフなんて始めてしまった日にはクラブ一式から打ちっぱなしの練習代まで、何で会社のためにここまで身銭を切らなきゃいけないんだと思ってもやらざるを得ません。

そして案の定、給料日前にお金が尽きて、後数日分の生活費が欲しいと言うお決まりの展開になります。

最近のキャッシングは短期間で返済可能であれば金利も低くしてくれるところもあり、キチンと返せるなら積極的に使っても問題ないと思っています。

ただし、給料日まであと3日なので10万円借りたい!なんて極端な借り方ではなく、自分が普段遣いで1日どれくらい必要なのかを計算する必要があり、私の場合は飲食費で2,000円、嗜好品(タバコなど)で1,000円、前払いの交通費で2,000円の計5,000円あれば事足りる計算で借りていっています。

都心部ではキャッシングコーナーもたくさんあり、一昔前に比べると比較的目立たない建物になっているので、入るのに勇気がいると言うことはなくなってきたと思います。

とは言っても、借り癖が付いてしまってはその後の自転車操業も待ったなしなので、入りやすくなったとは言え、借りなければならないのだということをしっかりと気持ちに持って行った方が良いですね。

まとめると、日々の遣り繰りでどうにもならない時にキャッシングすること自体は致し方ないことですが、お金を借りている=他人様の資産をお預かりしている、ということは大事にして、良いキャッシングライフを私も含めて送ってもらいたいと思います。
今すぐお金を借りれるおすすめランキングのキャッシング体験談

【30代|男性|社会人】
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/zjij5kt/index1_0.rdf