忘却の感情 

2006年04月05日(水) 14時27分
最近の私は酷く醜い
自分で自分が嫌
でも気付いた
ゆぅタンの思考見てたら自分見てるみたいで
客観視できた
私は忘れていたんだ
華と一緒にいる時間が
幸せすぎて
それを当たり前だなんて思っていた
「ありがとう」
感謝の気持ちこれを失くしていた
当たり前のことなんて何もない
大切だと思える人が
自分の傍にいてくれているということは
限りなく奇跡に近いことなんだ
この奇跡を続けて行く為には
感謝の気持ち
これ重要
今まで私と一緒に居てくれてありがとう
私を支えてくれてありがとう
喜びを与えてくれてありがとう
言葉では言い表せないくらい
だから態度で示そう
これからも一緒に居て欲しいから
この先も迷惑やうんざりさせてしまうかもしれないけど
私は心から華を愛してる
これだけは信じて
何かを得る為には
何かを捨てなければならない
華はこれを否定するけど
基本的に容量の小さい私には
広く平等になんて無理
だから限られた愛情と優しさを
華にだけ向けたい
今の私は全て華が居てこそ成り立ってるんだ
学校のことも仕事のことも全て
華の為に捧げたいと思うからこそ頑張れるんだ
少し大袈裟かもしれないけど
それだけ華が私にとって唯一無二の存在なんだよ
こんなこと言ったらゆかに笑われるかもしれない
でもそれは今まで何も大切と思えなかったから
何にも興味がなかったから
執着しなければ傷つかずに済むと思ってたから
顔で笑って心は冷めて
誰にも理解されなくても自分さえ良ければそれで満足だった
でももう自分だけじゃ満足できない
違う・・・華を幸せにしたい
華に与えてもらったものを私も返したい
見返りなんて欲しないくらい
相手を想いたい
カッコ悪くてもいい
笑われてもいいから
華にありったけの愛情を伝えたい



どうかこの想いが君に届きますように・・・

気付いた感情 

2006年03月01日(水) 10時14分
あー昨日は病んだ病んだ(笑)
一人でいじけて一人で妄想オンパレードして一人で不機嫌でした
華にとってしたら理不尽以外の何物でもないよね(笑)
私は思ったことがすぐ態度に出てしまう・・・
でも自分の気持ちを言葉に表すことができない・・・
たちが悪い!捻くれ者なんです・・・
というか臆病者・・・
相手に自分のことなんかわかんない
そう自分に言い聞かせて本心から逃げてるだけ
ホントは自分のこともっと理解して欲しくてたまんないんだ
結局は他人・・・自分が傷つくのが怖いからそう思い込ませてるだけなんだ
それでも華はちゃんと向き合って話を聞いてくれようとしてくれる
昨日だって私の理不尽な気持ちを受け止めてくれた
理解しようとしてくれた
今まで自分の気持ち溜め込むことしかできなかったから
初めてだった・・・
自分の弱さを曝け出すのが恥ずかしい反面
すごく安心できたんだ
私にとって華は何よりも大きい存在
華に関することは何でも私に大きく影響する
嬉しさも倍増、悲しさも倍増
でも悲しさを恐れていては喜びは手入らない
リスクを背負っているからこそ喜びが倍増するんだよね
華が以前言っていたように愛に確実なものがあったら
きっとそれは愛ではなくなるのだろう
不安を安心に変えていけるからこそ愛は深まって
完全に理解できないからこそずっと傍にいれるのではないか?
何もかも相手に伝わらないから少しでも伝わったときに嬉しくて
悲しさがあるからこそ大切にしようと想うんだよね
昨日の気持ちを裏返せばこんなこと簡単にわかるのに・・・
自分が愚かなことに気付いたら夜中なぜか無性に不安になってこんなこと考えてた(笑)
昨日言いたかったのはあんな言葉じゃなかったんだ
ホントは会いたくて仕方なかったんだ
競技会お疲れ様って笑顔で言いたかったんだ
華の努力が実ったことが純粋に嬉しかったんだ
なのに・・・自分に負けて疲れてる華に追い討ちかけちゃったよね
本当にごめん・・・
それでも私を包み込んでくれる華が本当に愛しいと想った
自分も華の為に何かしたいと想った

有るまじき感情 

2006年02月28日(火) 21時32分
何も云いたくない
今宵の口は猛威を奮っている獣を捕う
教科書通りの慣用句などは止めて・・・
虚しいだけ

今日は今まであまり感じたことのない感情をまざまざと見せ付けられた
それはとても人には見せられないような黒い感情
利己主義の私には有るまじき感情
消去したい感情
嫉妬、憎悪、悲しみ、怒り
負の感情なんて私には必要ない
私は前だけを見ていればいい
他人のことを考える余裕なんかない
・・・はずなのに・・・
恋愛絡みではとことん醜い人間になってしまう
普段他人に興味のない私からは生じえるはずのないもので
すごく自分が惨めだった
自分が汚いと認識する部分を露わにされたことが酷く不愉快だ
愛しさ余って憎さ百倍
これぞ正に適するような状況
大切に想えば想うほど執着は深くなって
白い感情よりも黒い感情のほうが色濃く刻まれる
何で私が他人の為にこんなに脳を酷使しなければならない?
自分から見える景色だけで他人を計ろうとしたって
結局そんなことは無理、無謀
百も承知
それでも止められないのはやはり私が相手を愛しているからであろうか?
馬鹿馬鹿しい
今までだってどんだけ裏切られてきた?
私には理解し難いものばかりだったじゃないか
結局人は独りで他人と繋がることに意味はない
誰しも誰にも理解し得ない、あるいはされたくないものを隠し持っている
どれだけ一緒に居ても、理解したつもりになっているだけ
心で繋がる?そう想ってたのは私の単なる思い上がりのようだ
幸せに現を抜かして肝心なことを忘れかけていた
私自身を見失っていた
無償の愛など存在せず
何かしらの満足感を得る為だけに人は行動する
つまり損得勘定
少なくとも私はそうだ
相手の為にものを贈るのも、愛の言葉を囁くのも
それによって私自身満足しているからなのだ
相手の気持ちがどうこうというより勝手に喜ぶだろうと予測して
自分の固定観念を押し付けているにすぎない
自分を犠牲にするのもただそれによって自分の外観やら何かを得ようとしてるのだ
相手を想ってこその行動だが、そうした処で心が繋がるわけじゃない
理解できるわけじゃない
では恋愛とは意味がないものなのか?
お互い自己の世界を持つ他人が一緒に居て何になるのか?
どうせ失くすのならば最初から得る必要はないのか?
愛とはただの偶像なのか?
愛とはお互いの利益を美しく包みこんでいるだけなのか?

恋愛模様 

2006年02月26日(日) 21時18分
親友ゆかちゃんに華とのことをカムした
自分の中でNY旅行中には絶対言おうって決めてた
それにどんな反応をされても自分の意志を恥じることはないと
華への気持ちに自信が持てたから言うことができた
結果
大喜び
ずっと恋愛なんていらんとか言ってたからね・・・
「人を真剣に好きになることができてよかったじゃん」
って言ってくれた
「愛があるならいいんじゃない?何でもっと早く言ってくれんかったの?」
だってさ
全然気にしないらしい(笑)あんま驚きもしなかったし
言われてみれば極度のメール不精の私が授業中しっかり返してたり
誰ともべったり一緒にいない私がほとんど毎日誰かと会ってたりするのを聞いて
おかしいなとは思ってたみたい
「点と点が線になったわ」
とか言ってた(笑)
前までの私は
近い人間だからこそ関係が崩れるのが怖い
大切な人だからこそ失うのが怖かった
でも今は
近い人間だからこそもっと自分を知って欲しい
大切な人だからこそ隠すことに罪悪感を感じるようになった
それは華と同じ時間を過ごしていくうちに
自分の華への気持ちが確固たるものに変わってきたからだと思う
これからも気持ちが変わらない自信みたいなものができてきたんだと思う
人間の意志なんて何より脆くて崩れやすい
そんなことは今まで何度も経験してきた
でもずっと好きでいられる
そんな気がする
華との恋愛は今までにない恋愛
今までにない何かがある
何が起こるかそんなことは誰にもわかんない
それでも今はこの気持ちを信じてみたい
今までは何かと不安とか諦めに似たようなものに負けて
将来のことに期待なんて持てなかった
嫌われるかもしれない
傷つくのが怖い
自分を守るのに精一杯で相手を全力で愛せていなかったのかもしれない
華に出会って愛を与えられる喜びに気付かせてもらった
愛されてるなんて実感ではないけど・・・
なんだろ?愛を感じる?というか
いつも追いかけるだけの私が追いかけられる部分もあったりして
自分を多少なりとも必要としてもらえるのがすごく嬉しい
将来に対して不安だってあるけど
諦めなんてない
華となら乗り越えられる気がする
自分にできること全てしたい
そう思える

夢への一歩 

2006年02月20日(月) 22時25分
ポチ長年の夢、「好きな人と一緒に暮らす」計画発案(笑)
華はママンにカムしてくれてぉ許しも出てるからイイとして・・・
問題はポチ
華ママぃわく付き合ってるなんて知ったら仕送り止められるかもしれなぃって・・・
なんでも華ママなら止めるらしぃ(笑)
さっき電話越しに喋ってめたA緊張したし
しかし!
今日ママンと電話してぃっもの様に華のコトぃっぱい喋ってたら
「そんなに仲イイなら一緒に住めば?」
だって!!!
まだ華と付き合ってるコト知らんからかもしれんけど・・・
「華ちゃん結婚したら愛知に帰ってらっしゃぃ」
トカ言われたし(笑)
私と結婚すんだょって言ぇばょかった?(笑)
勿論私が就職したらの話だけど・・・
できるなら早くしたぃ
今年から華は就職だから自分で稼げるけど
私はあとA年学生・・・親のすねかじり・・・
けど初任給で@人暮らしするよりA人なら家賃も敷礼も半分だし
うちの家賃よか安くなるし
同棲にかかる費用を自分で払ぇれば問題なし?
とぃぅことでポチ華貯金始めます!!!
敷礼安くなる10月11月狙ぃ目として・・・
約半年!
ぁのバイトでぃくら稼げるか疑問だけど
できる限りのことはする
無駄遣いなくす
とりま、まずはカムだな
一緒に住むんだから・・・
親も華に会ぃたがってるし紹介しなきゃ
なんか俄然ゃる気
有言実行する!

カミングアウト 

2006年02月13日(月) 12時28分
昨日華が母上様に私のことをカムしてくれた
すっごく嬉しかった
子供が同性愛者ということは、結婚もできないし、孫だって見れない・・・
偏見だってどうしたって付きまとう・・・
親にとっては辛いことなのかもしれない
社会的には幸せとは見られないかもしれない
でも私にとっては華と一緒に居ることが何よりも幸せ
何よりも失いたくない大切な人
ずっと一緒に居たいなら、私もいつかは自分の親に言わなければならない
乗り越えなければならない壁なんだろう
私はうちの親や親戚夫婦のいがみ合いを嫌という程見て育ったから
中学の頃から絶対結婚しないし子供も産まないって言ってきた
だから親も私に何の期待もしてなかった
でもここ最近、母親が
「あんたは絶対男の子を産む!母親の勘よ!」
とか意味不明なことを口走るようになって
やっぱり親は結婚して欲しいと願うものなのかなと思った
結婚はしたい
勿論、華としたい
できるものならしたい
結婚ってただ法的拘束力があるだけだけど
人を本当に好きになることを知って、
華を自分のものにできるなら、
その拘束力さえも欲しいとすら思うようになった
そう思ったとき、なんで自分は男じゃないんだって思った
けど華は女である私を好きになってくれて
幸せだって言ってくれるなら、今の私にできることをするしかないよね
うちの親は酷く世間体に囚われてる人で
母方のじいちゃんなんかそれを守るのが第一
だから自分の娘や孫がどんだけ辛くて離婚したいって訴えても
自分の世間体の為だけで別れさせてくれなかった
今は結果的にうまくいったけど
あの時はなんて冷たい人だって、血繋がってんのか!?って思った(笑
ま、血の繋がりなんて何にもならんてことだよね
話がずれたけど・・・世間体重視の親に私が華とのことを言ったら・・・
って思うとやっぱ怖い
カムしてある妹からも
「お母さんには絶対言っちゃだめ!悲しむよ」
っと言われてる
悲しむの?何で?相手が女の子だから?
私は男を好きにならなきゃいけないの?

人間模様 

2006年02月10日(金) 0時56分
この世で一番怖いものは何ですか?
以前の私にとっては人間が一番怖かった
家族とか親戚関係で昼ドラいけるんぢゃないか?
くらいの修羅場を潜り抜けてきた
危うく施設に入りかけたからね(笑
他人よりも親戚の方が怖いね
近い分だけ憎しみや妬みも深いものです
正直、私が上京した理由は法律を勉強する為
ぢゃなくて、ただそーいうのから逃げたかっただけ
愛知にだって法学部あるしね?(笑
妹を残してきたのが心残りだけど
あいつは人当たりうまいから大丈夫
中学がピークで夜逃げとかまぁいろんなことあって一番荒れてて
高校の時は半分諦めみたいな感じで変に冷めた人間でした
でも学校では運良く恩師と言える人になぜかいつも出会って
毎回その人達が私の軌道修正をしてくれた
親なんかよりずっと頼れて、理解してくれた
中学の時は私の目標を見つけてくれた恩師がいて
今の大学入れたのも高校の恩師が親を説得してくれて
大学にも若干コネを使ってくれたおかげ
その恩師には論文見ただけで
「お前は人間不信だ」
って言われた
確かにあの頃の私は自分を被害者と決め付けて
勝手な正義感振りかざして自分以外のコトを見る気すらなかった
それでもこっちで独り暮らしを始めて
開放感と共に責任感や家族の暖かさや
父親の苦労とかも少しずつ分かるようになって
人間もそんなに怖くないかな?て思えるようになった
喜びも悲しみも愛しいと思えることも憎いと思うことも
全て自分以外の他人がいてこそ成り立つんだって
身をもって知った気がした
神経すり減らしてあの会社で働いていた父が
家で荒れていたのは家族だからこその甘えなんだと
母があんなに感情的になっていたのは
私や妹を守る為に必死だったからだと
近すぎるとわからない、離れてみてやっと気付いた
傷ついた時に助けてくれる人がいるから善意をありがたく感じ
傷ついた人に優しくできるんだと思う
今こう思えるようになって今までの経験に意味があったと思った
かと言って人間が怖くないかと言ったら嘘になるけど
私には全幅の信頼をおける人が数人いて
私に全幅の信頼をおいてくれている人がいる
それは家族であったり恋人であったり親友であったり
そういった人が1人でもいれば
傷つくコトに恐れるコトはない思う今日この頃でした
ってどんな終わりだ・・・
しかも馬鹿が語ってすいません(笑

初投稿 

2006年02月09日(木) 20時51分
なんとなく最近思ったコトを書こうと作ってみたわいいものの・・・
いざとなると書くコトがねぇ!
どーしよ?
そうA来週はバレンタインですな
高校の時はなぜか友達の後輩にチョコ渡されて告白紛いなコトされました(笑
懐かしいなー
可愛かったなーAちゃん
去年は店長にネタにしかならないチョコをあげたら
なぜか本気で喜ばれてウザかったです
今年はもちろん華ちゃんがくれるであろう
何がいい?って聞かれるんだけども・・・
やっぱこーいうものはサプライズがあったほうが喜びも倍増だよね
華がくれるものなら何でもしっぽ振って喜びます
華にチョコ塗ってリボンってのもいいなぁ・・・
はい、変態
変態と言えば私は元からなんだけども
最近、華まで変態化してて大変
プラスSだからとてつもなく嫌な予感がします(笑
私バリネコになる日も遠くない
いや私はバリタチだ!
攻めてなんぼだ!
尻にしかれてなんぼだ!
あー書くコトない(笑
あ、あとちょとで親友ゆかちゃんとN.Y.旅行
しかしそれが記念日と被ってる・・・
わざとぢゃなくて!
華に出会う前に予定を入れてしまったものだから・・・
今になってちょと後悔・・・
華ごめんね?
なんでも自由の女神の指を取ってきたら許してもらえるらしい
指!?自由の女神の!?
私犯罪者?
逃亡者?
エロテロリスト?
捕まったら裏ボスは華だってチクるから
ゆかちゃんといたっちゃんとB人で頑張ってみるね(笑
記念日いないからって浮気すんなよー?
おみやげたんまり買ってくるから
華とも旅行行きたいなー
温泉
ゆかたで悪代官ごっこ
かなり夢!
なんかどーしよーもないことしか書いてないね
初投稿がこんなんでいいのか?
ま、いっか
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:zin0722
読者になる
Yapme!一覧
読者になる