「アースデイ東京2010」開催迫る−新たにパレード企画も登場 /東京 / 2010年04月14日(水)
 代々木公園を中心に行われる環境イベント「アースデイ東京2010」の開催が4月17日・18日に迫り、公式ホームページではイベント内容の詳細が順次発表されている。(シブヤ経済新聞)

【関連画像】 日本酒「土〜earth〜」

 今年は、1970年にアメリカでスタートしたアースデイが40周年を迎える年。また14万人以上の来場者を記録するなど、市民による日本最大級の環境イベントへと成長した「アースデイ東京」は10周年を迎え、「愛と平和と地球の祭典」をテーマに今年も「エネルギー」「食」「農」にスポットを当てた複合的なアプローチで環境問題への関心を呼びかける。
 
 2日間にわたりメーンステージで開催する「アースデイ・コンサート」には、サンプラザ中野くん、ムッシュかまやつさん(17日)、渋谷での路上ライブからシンガーソングライターとしての活動をスタートさせた川嶋あいさん、千葉県鴨川市で農業を営むことでも知られる加藤登紀子さん(18日)らが登場。トークイベントなどを中心に展開する2つの特設ステージと合わせ、すべての電力をバイオディーゼル燃料(BDF)・太陽光・水素エネルギーでまかなう。

 「旬の食材」「地産地消」「GMOフリー」をキーワードに、例年人気を集める飲食ブース「アースデイキッチン」には24店舗が出店。調味料までオーガニックにこだわる「ORGANIC IZAKAYA GAYA」(渋谷2)、音楽プロデューサー小林武史さんが社長を務めるKURKKU運営の「kurkku kitchen」(神宮前2)、桜ヶ丘町の専門学校「ビジョナリーアーツ」に併設する「森のガクショク」など、渋谷区から7店舗が出店。今年は恒例の食器貸し出しを有料化(50円)するほか、例年通り、マイはし・マイ皿の持参を積極的に呼びかける。

 有機農家が数多く出店し、生産者と消費者が直接会話できる点が特徴の直売市では、「はじめる自給!種まき大作戦」や「大地を守る会」などによる4企画も展開。「イベント内食料自給率100%」を目指す種まき大作戦企画では、昨年の来場者から募った800人が参加して生まれた米・大豆・日本酒を販売する。今回初出品する日本酒「土〜earth〜」は、アースデイ40周年の祝い酒として、海外のアースデイ関係者らにギフトとしてプレゼントする予定。

 そのほか、不要な携帯電話を回収して売却収益を保護団体に寄付する企画や、古着の物々交換会なども予定。新たに、「アヴェダ Walk for Water(水のために歩く)」(17日)や「アースデイ×ザ・ボディショップ 子どもの人身売買NoNoパレード」(18日)などのパレード企画も用意し、代々木公園周辺エリアを練り歩く。

 開催時間は10時〜19時(出展ブースは17時まで)。入場無料。

【4月14日0時0分配信 みんなの経済新聞ネットワーク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000052-minkei-l13
 
   
Posted at 03:07/ この記事のURL
SSJ、SuperStreamにIFRSコンバージェンス対応機能を標準搭載へ / 2010年04月14日(水)
 エス・エス・ジェイ(SSJ)は4月8日、会計や人事/給与に特化した中堅・中小企業向けERP(統合業務パッケージ)製品「SuperStream」を国際会計基準(IFRS)に対応させると発表した。IFRSのコンバージェンス対応機能を順次標準機能として提供していく(一部はオプション提供となる)。

 SuperStreamがIFRS関連で標準搭載するのは、コンバージェンス項目となる「資産除去債務」「包括利益」「過年度遡及(そきゅう)修正」に対応する3つの機能。このうち、資産除去債務については2月に対応済み。既存資産の検索・抽出や自動計算、既存資産の除去債務計上仕訳の自動作成をサポートする。

 包括利益については、2010年6月の企業会計基準委員会による最終基準化議決を待ってから、早期に対応予定としている。また過年度遡及修正については、過去の財務諸表の遡及修正を行う際のシステム対応を12月に実施する。

 またSSJでは、IFRS適用時期を見据え、日本基準とIFRS2つの会計基準による複数帳簿機能を2012年以降に提供する予定。

 金融庁では、2010年3月期から一部上場企業にIFRSの任意適用を認めている。また、2012年にはIFRS強制適用の判断を行い、2015〜2016年には強制適用を開始する可能性がある。同社は、強制適用の際は上場企業以外にもその子会社や取引先企業にまで影響が及ぶため、中堅・中小企業も会計処理の変更に伴うシステムの強化・再構築が必要になると予測している。 4月11日12時29分配信 TechTargetジャパン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100411-00000003-zdn_tt-sci
 
   
Posted at 03:05/ この記事のURL
DXアンテナ、地上/BS/110度CS対応の32V型デジタルハイビジョン液晶テレビ / 2010年04月14日(水)
 DXアンテナは4月12日、地上/BS/110度CSデジタル放送に対応した32V型デジタルハイビジョン液晶テレビ「LVW-324」を発表した。

 4月12日発売予定で、価格はオープン、実売想定価格は6万円前後。新エコポイント対象製品で、1万2000ポイントを取得できる。

 鮮やかな映像を再現する「クリアピクスエンジン プラス」を搭載し、周囲の明るさに応じて自動的に画面輝度を調節するセンサー、番組からCMなどへの移行時にも音量が大きく変化しない「ぴったり音量」を装備する。アクトビラ・ビデオ・フルにも対応するなど、豊富な装備を与えられた。

 HDMI端子は3系統、電子番組表「Gガイド」に対応するほか、SDカードスロットを搭載しデジカメで撮影したJPEG画像を表示できる。

【4月13日22時15分配信 +D LifeStyle
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000089-zdn_lp-sci
 
   
Posted at 03:04/ この記事のURL
iPad ファーストインプレッション 第1弾 / 2010年04月14日(水)
 米国で発売が開始されたiPad。既にアメリカで購入して日本国内に持ち込まれた方も多いのではないだろうか?日本では4月末に発売が予定されているが、そんなiPadをいち早く触ってみたので、ファーストインプレッションをご紹介したい。

他の写真を見る

 iPhoneが登場した時もある種の衝撃があったのだが、iPadはそれに匹敵する(またはそれ以上の)インパクトがあるように思う。多くの可能性を秘めているiPadの紹介は1回では無理なので、複数回に分けて紹介していきたい。

●ファーストインプレッション(ハードウェア編)

 iPad本体の表面はガラス面で覆われており、全面が液晶パネルのように見えるが、1.5cmほどの枠がある。この枠があることで手に持った際に画面を手で覆ってしまうことなく、しっかりと保持することが可能になる。表面以外はすべてアルミボディで覆われている。質感は現行のMacBook Proとほぼ一緒といった感じだ。手触りは良く、さらっとしているが、滑りやすいという感じではない。

 片手で持ってもそれほど重いとは感じない。片手で持ってひっくり返したり、向きを変えたりしてみても苦にならない大きさ、重さと言える。カバンなどに入れて持ち歩く事を想定すると、苦にならないサイズと言えるだろう。

 本体上部には、ボリュームスイッチと電源ボタン、スクリーンロックボタン、ヘッドホンジャックとマイクが備わっている。ハードボタンの機能は、iPhoneやiPod touchとほぼ同じで、スクリーンショットや強制再起動のキーコンビネーションなども共通だ。液晶の感触は、iPhoneやiPod touchとほぼ同じで、指紋や皮脂分が付着しやすい印象がある。採用されている液晶パネルはグラフィックや写真などの業界で採用されているIPS(In-Place-Switching)方式だ。液晶パネルとして広く採用されているTN(Twisted Nematic)方式や、TVに多く採用されているVA(Virtical Alignment)方式と比較すると高画質で、視野角による輝度や色の変化が少ないのが特徴。実際に画面の印象は鮮明で文字などもくっきりと見ることができる。

 本体底部には、Dockコネクタとスピーカ用の穴が設けられている。スピーカの音質は豊かに膨らみのある音という感じだ。iPhoneやiPod touchと比較すると、音量も音質も遥かに良質であると感じる。iPhone、iPod touchのスピーカが、サウンドの確認レベル、もしくはスピーカーフォン程度の音質だとすると、iPadのスピーカは、「聴かせる」音作りになっているのではないだろうか?実際にゲームや映画などをプレイした場合には、十分なクオリティを感じた。(iPodStyle 戸津)



【4月13日21時47分配信 RBB TODAY
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000034-rbb-sci
 
   
Posted at 03:03/ この記事のURL
プリンスアイスワールド追加公演決定。ゲストに浅田真央が出演! / 2010年04月14日(水)
5月1日(土)から3日(月・祝)に新横浜スケートセンターで開催されるアイスショー『プリンスアイスワールド2010 横浜公演』の追加公演が決定した。追加公演は4日(火・祝)と5日(水・祝)。ゲストに先日の世界フィギュアで2年ぶりに優勝した浅田真央の出演が決定した。浅田のほかにも荒川静香や本田武史、八木沼純子らが出演する。チケットは4月4日(日)より一般発売開始。

浅田真央以外の出演者の写真

また、1日から3日に開催される本公演には、高橋大輔に加え鈴木明子の出演も新たに決定した。本公演のチケットは現在発売中。

出演者は以下のとおり

<5月1日〜3日>
八木沼純子withプリンスアイスワールドチーム、荒川静香、本田武史、太田由希奈、フィオナ・ザルドゥア&ドミトリー・スハノフ、高橋大輔、鈴木明子
<5月4日・5日>
八木沼純子withプリンスアイスワールドチーム、荒川静香、本田武史、太田由希奈、フィオナ・ザルドゥア&ドミトリー・スハノフ、浅田真央


【4月1日15時16分配信 @ぴあ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100401-00000001-pia-spo
 
   
Posted at 03:02/ この記事のURL
イ・スファンが日本シュートボクシング大会で白星 / 2010年04月14日(水)
【ソウル12日聯合ニュース】総合格闘家のイ・スファンが11日に東京・後楽園ホールで開催されたシュートボクシング協会(SB)シュートボクシング25周年記念シリーズ開幕戦「維新−ISHIN−其の弐」に出場し、前SB日本スーパーウェルター級王者・金井健治に勝利した。イは3度のダウンを奪い、1ラウンド2分05秒でTKO勝ちした。

【4月12日11時26分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100412-00000011-yonh-spo
 
   
Posted at 03:00/ この記事のURL
落合監督はサヨナラ勝ちもあきれ顔 / 2010年04月14日(水)
 中日が13日、本拠地ナゴヤドームでの横浜戦で延長11回に8対7とサヨナラ勝ちを収めた。初回に3点を先制されたものの、その裏の攻撃ですかさず5点を取って逆転。3回に再び4点を失い2点のリードを許したが、8回に森野将彦がプロ通算100号となる2ランで同点に。その後、延長11回1死一、二塁から谷繁元信のサヨナラタイムリー二塁打が飛び出した。

 苦しい試合を制した落合博満監督は、「勝ちゲームでもあり、負けゲームでもある。ここまで(仕事をしたのは)中継ぎだけだろ? こんな使い方していたら持たない」と4回以降、横浜打線を0点に抑えた中継ぎ陣に感謝。ただ、3回途中7失点で、ここまで3試合の防御率が12.27の山井大介に対して「2回は我慢する。3回同じピッチングをしたら我慢しない。悪けりゃ下へ行ってもらう」とあきれ顔だった。サヨナラ打の谷繁もキャッチャーとして「立場がら先発をもたしたいと思っている」と反省していた。

取材協力:野球専門タブロイド紙 Baseball Times Weekly

【4月14日0時2分配信 スポーツナビ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100414-00000000-spnavi-base
 
   
Posted at 03:00/ この記事のURL
動画で「スプリンターセル コンヴィクション」を予習しましょう / 2010年04月14日(水)
 ユービーアイソフトは4月28日に発売予定の「スプリンターセル コンヴィクション」の映像を公開した。

【拡大画像や「スプリンターセル コンヴィクション」の映像】

 1つ目は、かつて特殊部隊SEALsでサムと出会い、親交を深め、その後サムとともにSEALsの一員として多くの紛争地で実践を経験。現在でもサムのよき理解者であり協力者であるヴィクター・コステをフィーチャーした映像。2つ目は、どのようにすればステルスプレイができるかが分かる映像となっている。

 「スプリンターセル コンヴィクション」は、シリーズ累計1300万本を誇るスプリンターセルシリーズの最新作。主人公サムは、米国安全保安局の秘密部署「サードエシュロン」を退職し、娘サラを殺した犯人を追い、サードエシュロンが娘の死に関係していたことをつかむ。ゲームコンセプトは一新され、ラスト・ノウン・ポジションやマーク&アクションなど革新的なアクションとビジュアル表現で「ステルスアクション」の新境地を切り開いた。

(C) 2010 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Ubisoft, Ubi.com and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the U.S. and/or other countries.

【4月13日18時16分配信 ITmedia Gamez
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000070-zdn_g-game
 
   
Posted at 02:59/ この記事のURL
WAHAHA本舗が観客投票で新座長選挙。5月からの全国ツアーで / 2010年04月14日(水)
人気お笑い劇団、WAHAHA本舗が、5月26日(水)からスタートする全体公演『バカの力』全国ツアーを前に、4月7日神奈川・南足柄市の夕日の滝で制作発表イベントを行った。

「T(滝)−1グランプリ」の写真

この日行われたのは、ワハハのメンバーによる滝行。いかに面白く滝に打たれるかを競うもので、名づけて「T(滝)−1グランプリ」。柴田理恵、久本雅美は司会役で参加。賞金10万円をかけて20組29人が大会にエントリーした。出場者は、高さ23メートル、水温5度前後の滝に耐えながら、「男流しそうめん」「朝青龍の土俵入り」などと題して、各々滝行を披露。審査の結果、女性ユニット、セクシー寄席チームアラフォー(清水ひとみ、ヴァチスト太田、矢原加奈子)が「地縛霊滝行」で優勝賞金10万円を獲得した。

この日は、25年間座長をつとめてきた佐藤正宏にかわる新座長を、選挙で決めることも正式発表された。有権者は、全国18か所で行われるツアー公演の観客で、全公演終了後に各会場で開票した投票数をトータルして新座長を決定するという。

WAHAHA本舗2010年全体公演『バカの力』は、5月26日(水)から6月2日(水)の東京芸術劇場 中ホール公演を皮切りに、全国各地を巡演する。チケットは一部公演を除き発売中。尚、チケットぴあでは先行抽選「プレリザーブ」を香川・栃木公演は、4月 15日(木)11:00まで、宮城公演は、4月14日(水)11:00から4月21日(水)11:00まで受付。

【4月13日17時49分配信 @ぴあ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000003-pia-ent
 
   
Posted at 02:57/ この記事のURL
「末期がんで余命1年」は嘘 闘病ブログ炎上、記事削除 / 2010年04月14日(水)
 ブログに末期がんで余命1年と書き込み、献血への協力呼びかけなどを行っていた女性が、実は健康であると告白し、ブログが炎上状態となった。非難の書き込みが殺到し記事は削除、2010年4月13日現在、謝罪文のみ閲覧できる状態となっている。

 この女性のハンドルネームは「カバコ」。08年10 月、「スキルス胃がん」で余命1年を宣告されたとして「カバコの癌細胞爆裂的に全滅戦争!! 」というブログをアメーバブログで始めた。プロフィール欄には「某プロダクション勤務です」と書かれている。

■全身にがん転移、手術で大量の輸血必要

 当初は一個人のブログ日記に過ぎなかったが、前向きに病と闘う女性の姿に感動してか、徐々に支援者を獲得していった。

 09年12月には、女性が10年2月、3月に手術を行うということを発表。16時間にもなる手術でかなりの出血が予想されるが、赤十字などの血液は使えないとし、献血への協力を呼びかけた。全身にがんが転移し、薬も副作用で使えない。医師からは「治療を断念した方がいい」とも言われたが、最後の望みを賭けて手術を決心したという。

 これがブログやツイッターで広く話題となり、「カバコさんが手術に必用な輸血を必用としておられます。東京近郊におすまいでB型の方はご協力をお願いします」といった書き込みが大量になされた。

 その後も、女性への支援は絶えず、10年1月にはアメーバ内に「カバコ会」なるコミュニティが発足。60名以上が加盟した。女性を囲んでのオフ会が開かれたほか、千羽鶴やジュエリーが贈られた。

■胃がんは09年に完治、ウソを謝罪

 だが4月に入っても手術が行われることはなく、10日、女性は嘘をついていたと告白した。

 胃がんになっていたのは事実だが、09年には完治し、緩和ケアも必要ない状態で、「皆様には何も告げずに胃癌を装っていました」と嘘を認めた。

  「末期癌を抱えている方やその家族の方、blogでコメントをくれた皆様に、嘘をついて申し訳ありません」
  「一時期自分も病気を患ったにも関わらず平然と続けて悲劇ストーリーを創り、皆様の気持ちを裏切った私は申し訳ありませんとしか書けません」

と謝罪した。

 しかし、ブログは炎上状態となった。「人の善意を無下にするなんて、どれだけ人に迷惑かけてるんですか。本当に最低です」「やって良いことと悪いことの区別も出来ないのか」といったコメントが600件以上書き込まれ、13日にはコメント欄が閉鎖。過去の記事も削除され、現在は謝罪文だけが閲覧できる状態になっている。

 ショックだったのは支援者だ。そのうちの1人は11日のブログで、女性にも事情があったのだろうとしながらも、「彼女を信じ、共に泣き、苦しみ、悩んでくれた全ての人の気持ちを、一番やってはいけない形で裏切った事には変わりません」。

 もっとも、怪しいと思っていた人も以前からいたようで、「カバコ会」中心人物のブログには、身内をがんで亡くした経験から、初めて女性と会ったときから「何か違う」と思っていたと書かれている。

 ITジャーナリストの井上トシユキさんは、注目されたいがために闘病ブログや育児ブログに嘘が書かれることは時折あるとし、

  「2ちゃんねるには昔から『釣り師』がいて、ネタという文化が定着していますが、ブログやツイッターなどでネットを使うようになった人はそれを知らないのですね。ネットも現実社会と同じで玉石混交。本当の情報もあれば、嘘もあります。献血の呼びかけなんかは昔からチェーンメールであった古典的な釣りですし、やはり疑ってかかる必要があるようです」

と話している。


■4月13日20時22分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000005-jct-soci
 
   
Posted at 02:51/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!