お知らせ 

March 20 [Tue], 2007, 23:32
この狭い日本におさらばして遠い憧れの地ロンドンへいってきます。
卒業式の日の夕方に上田を発ち、次の日の朝に向かいます。
携帯は馬鹿みたいな料金になるので置いていくコトになりそうです

というわけでしばらく連絡つきませんがご了承下さい。

最終回 「俺の名前はZIGGY PANDA ロックに生きてロックに死ぬぜ」またまた意味のわからないタイトル・・・ 

February 17 [Sat], 2007, 14:07

しばらくこのブログの活動を停止します。
気持ち的に一度リセットしたいとおもいます

四月になったらどっちにせよ本格的にHPを作ろうかと
考えていますがスケジュールの関係もあるので
詳細は未定です。

とりあえずここはここで残しておきます


皆さん今までありがとう、また会う日まで

親愛なる19X2様 

February 17 [Sat], 2007, 14:04
昨日のあなたの日記を読んでから
一夜明けてようやく落ち着くことができました

僕はずっと最善を尽くしてきたつもりです
これがあなたの出した答えならばそれで構いません

GETTING BETTER

とにかく元気になってよかった

それが一番です

これからのことはこれからかんがえます
ようやく考えるときが来たのです
でも多分変わらないけれど

最後まで使いますよ、この言葉

TAKE IT EASY

英語漬けならぬDQ漬け 

February 16 [Fri], 2007, 15:30
今更ながらDQX(PS2)をやっている。
家にあったのは一応知ってたけどやる気0だったからほっといた。
でも一度やり始めるとさぁ大変。
やりこんでしまうのですよ

Xはなんかストーリーきついね
父親いきなり死んじゃうし、母親いないし、
魔物にさらわれて奴隷にされるし、
妻さらわれて助けたと思ったら
主人公と二人そろって石にされちゃうし・・・

今ようやく母親が見つかりそう?
たぶんここのボス倒すと妻帰ってくるってとこです

疲れたから今日はここまでにしとこう
ゲーム体力はあんまないんです
普通にゲーム中に寝てまうし笑


そうそうついに耳の中に入れる式(?)の
イヤホンを購入。
タワレコの2000円くらいのやつ

デザインは自分的にはGOOD!!

あんまいいイヤホンないから機能的にもGOOD!!

ただ話しかけられても気がつかない笑

まぁなかなかのもんですわ







































































こう言われてしまいましたが今夜も夜更かししてしまいました
今日は寝れんって
気持ち的に

結果的に僕にとっては最悪の状況です
あの2人の仲直りのキッカケをつくってしまった

やめといたらよかったんですかねぇ

正直もうどうしたらいいかわからん
結局ひとりぼっち
あほやなぁ
消えてしまいたいわ、もう

それなりに俺には罪がある
誰も知らん罪が。

そのツケがまわってきたんやろな

ふりだしだ
いい目でろよぉ〜〜

触発 SHOCK HEARTS・・・・ってパクリじゃん、そろそろ本気で怒られるぞ 

February 15 [Thu], 2007, 23:27
福岡の友人が花粉症になったらしい
こっちは雪舞ってるってのに・・・
もう春が南からじわじわと迫っているってことだ
卒業式が例年通りなら卒業まであと二週間やもんなぁ・・・

ここんとこWORDでこのブログの下書きしてるけど、
推敲しやすい分どうにも時間がかかってしまう
結局妥協して駄文のままなんだけどね






感情を殺して
壁を眺める
ビートルズのポスター。
特に意味はない

退屈な生き様は御免だ

馬鹿のままでいい
馬鹿のままがいい
余計な計算はいらない
ストレートに行けばいい

何を貫き、何を伝える?
そんなの自分で決められるさ
ただの馬鹿じゃない

Getting Better 

February 14 [Wed], 2007, 23:24

大粒の雨が降り
空が叫びだす
僕らはただ張り裂けてく

それでもなにより素敵な時間
すべてに意味がある
受け入れてくれてありがとう

雨音はサラウンド・・・


嵐の坂道を
僕らは何かを祈りながら

重い答えを
僕は待ちながら



悩んでも悔やんでも仕方ないのさ
あの日にさした刺を今抜かなきゃとりあえず未来はない

でもこれだけは言える
良くなっていきつつあるのだ
いつもすこしずつ
良くなっていく

調子に乗って小説風にしてみたけど文章力のなさに泣く 

February 13 [Tue], 2007, 22:28
自分の家の周辺で通ったことのない道を歩いてみたくなり、相棒の佐助君(柴犬)をお供にしてちょっとした冒険に出た。
自宅から洋服の青山までバイパス沿いに歩き、そこからマツヤ方面へ。
ここまで来ればほとんど知っている道はない。
細めの道に入り、冒険開始。

早速犬を連れたおっさんに遭遇。犬が同士すれ違うとき、たまに親交なのか怒りなのかはわからないがちょっとした抗争になる。だから飼い主はなんとなくお互い避けるようにして何事もなかったかのように歩く。

今日は冒険ということもあり、僕はさらに細い道へ入った。

辺り一面すべて田んぼである。一人と一匹以外に誰もいない。本当にのどかで静かな夕方だ。
細い道から太郎山方面へ歩く。しばらく行くと、車が何台か走る通りに出た。
そこはよく知っている通りであった。
冒険も終わりだなぁと思ったとき佐助が言った。
「おいおい、ここまで来て引き返すのか?行けるとこまで行こうぜ?」
「でもここは知っている道だぜ?」と僕。
「グダグダうるせぇなぁ。ここひたすら上りきってみようぜ?プチ登山だよ。」

彼はまだまだ元気が有り余っているらしい。
結局僕が折れて山へ続く坂道を登ることにした。

登っても登ってもなかなか民家とりんご畑は絶えない。
しかし彼は気にせずどんどん登る。僕はやれやれ、と呟き、彼に引っ張られるようにしてまた登る。

ようやく民家がほとんどなくなり、りんご畑ばかりになった。振り返ればなかなかいい眺めである。夕日が天を赤く染め、西に見える山の真上を沈み始めていた。
ここまでくればもういいだろうと思った瞬間佐助が言った。
「オイ、あの道に入るぞ。」
見るとりんご畑の横に山道のような小道がある。
「もういいじゃないか、今日はこれくらいで。」と僕は言った。
「そう言うなよ。行ってみようぜ?第一、このまま戻るよりかはもしかしたら近道になるかもしれないだろ?」
よく考えればそんなことはないのだが、彼の勢いに騙されその小道に入った。

さっきまでの固いコンクリートと違って土と落ち葉の柔らかい床は歩くのに気持ちよかった。左にはりんご畑、右は崖。
まっすぐ続く小道を僕らはひたすら進んだ。
「なぁ、これ本当に近道になるか?」と僕は言ったが、彼は黙って足を前に出し続けた。

遂にりんご畑が途絶えた。しかし山道は枝分かれすることなく続く。ところどころに丸太が積み重ねられ、ビニールがかけられている。落ち葉の床が深くなり、道が道らしくなくなってきた。
彼はかまわずどんどん先へ進み、やはりまた僕は引っ張られるようにして山道を歩く。
道の幅が突然広くなり、辺りが見渡せる場所に出た。
バイパスがものすごく遠くに見える。これはすぐに帰れそうにない。
夕日が山に隠れ始めている。
「おぃ、ちょっとやばいぞ。これ以上入って抜けれないと本気で帰れなくなるぞ。」
「あー、まぁ大丈夫だって。」
「大丈夫じゃねえっての。」

そういいながらも一人と一匹はさらに奥へ進む。
すると斜面が突然急になり、道がほとんどなくなった。
「ほら言わんこっちゃない。ほれ引き返すぞ。」
僕は少し強引に紐を引いた。しかし、彼は負けず嫌いなのだ。踏みとどまりこう言った。
「いんや、引き返すことはねぇよ。確かにここは無理だが、まだ道はある。」
彼はあたりを見回し民家の見える方を見ながら続けた。
「源義経って知っているか?」
彼が何を言いたいのか一瞬でわかった。
「おいおい冗談だろ?ここ強引に下るのか?」
「もちろん。」
そう言って彼はその斜面を下り始めた。
もちろん道なんてないし、すぐ下にあるりんご畑は私有地なのだ。
しかし近道にはなるのかもしれない。ここまで来たからには仕方がない。行ってしまえ。

下っているのか落ちているのかわからないような状態で斜面を一気に下る。
ズザザザザザザザザァ・・・・・・・・・・


なんとかりんご畑の横の小道にたどり着いた。

彼はどうだといわんばかりに誇らしげな顔をしている。
やれやれ・・・。

小道から少し広めの道に出るもののやはりここがどこなのかさっぱりわからない。
似たような住宅ばかりが立ち並んでいる。中には見覚えのあるような気もするのだが地理的に合わないような気がしてしまう。
ただ山を抜け出せないような心配はない分気楽なものである。

ひとまず、あってそうな道を(確信はないが)歩く。
曲がっては下り曲がっては下る。
もう夕日は隠れてしまった。

大きな通りが見え、トラックや普通の車が走っている。
バイパスだ。
今日はこの辺にしておくかな。

帰宅して時計を見る。
5:45・・・
家を出たのは4時前だったっけ。
2時間近くも歩いていたわけである。

まぁこんな日もいいでしょ??

ビートルズのポスター入れ忘れた……まぁいいか……… 

February 12 [Mon], 2007, 23:26
今日こそは、と本格的に部屋の掃除&引っ越しの荷物作りをした

もし引っ越すなら何まで持って行く?
(服とかは別にして自分の部屋に置いてあるようなもんの中で)

ダンボール五つって多い……??

中身は……
@CD
A文具セットとファイル
BCDボックスと小物をいれる雑貨
CDピンズ

重いという理由で漫画と文庫本の一部を断念

まぁこんなもんでしょうねぇ

音楽はないと頭おかしくなるのでCDはもちろん全部持って行きます


片付けて荷物作ってるとちょっと寂しい気持ちになる
中学ん時のアルバムなんか見たらもう大変ですわ
何が寂しいかって?三年そこら前のコトが昔に感じてしまうというコトですね
いやぁみんな元気かなぁ??

同級会も行けなかったし今年はやる雰囲気ないし……

またみんなと馬鹿やりたい
鍋だ鍋。やっぱもう一回鍋やろう。
今度こそ行くから

☆三段合格☆ 

February 11 [Sun], 2007, 23:23
前回の音楽話は読み返すといくつか訂正しなきゃなんないとこあったけどまぁいいや笑
ブログなんだし……


最近凹み方が変わった
いい意味でね

現段階の答え

最期に笑えるようにやるしかない

ってトコかな

寝る前にポールマッカートニーはなかなかいいよ、いい夢見れそうで 

February 09 [Fri], 2007, 22:19
今、ウイングスのベストを聴いている
ウイングスというのはビートルズのポールマッカートニーと奥さんのリンダさんが主要メンバーのバンド
(ポールはソロになってからいろいろやってるから詳しくないです)


ポールはとっても優しい曲を作る
歌もすごくうまいしいろんな声を持っているからすごい

なーんてのが一般的なのかなぁ??


ポールの曲を聴いてるとちょっと前のJ-popを聴いてるような懐かしい様な気持ちになる
ちょっと前っていうのは…うーん……小学生になるかならないかくらいかなぁ……
曲の匂いがそんな感じなんだよなぁ

ちっちゃい頃何日もばぁちゃん家に泊まり込んだ時とか父親と二人でどっか出かけた時とかの匂い

あぁ話全然変わるけど六歳くらいの頃に弟が生まれたんだけど、生まれる前は母親が病院だったからよく父親と二人でドライブしたんだよ
そんときにユーミンのラジオ流してたんだよね
だから俺の中ではユーミン聴くと六歳の夏休みの匂いがするんだよね
これは本当に懐メロ
何しろ自分が生まれる前の歌ばっか聴いてますんで笑

いろんなもの聴くけど根底ではユーミンみたいに何かを思い出させる歌ってある意味一番感情にきちゃうなぁ……


おー久々にまたわけわかんないこと言ってもうた