インフルエンザで筋肉痛があっての腰痛と勘違いしたんでしょう。

January 29 [Tue], 2013, 14:32
腎盂腎炎になることは珍しいと思われます。シアリス
高熱、腰痛ということであれば、いくつか原因になる病気があります。腎盂炎は候補としてすぐにあがる病気です。ただし腎臓は左と右に2つあるので、左か右のどちらかに痛みがよっています。
そのため、背中の真ん中に痛みがある場合は腎盂炎の可能性は低くなります。腰といっても、高さはへそより数センチ上の高さで、よくある腰痛の場所より結構上の方であることも特徴です。
ご質問中に脇腹という記載がありますが、実は肺炎もこのような症状を起こすことがあります。肺炎は肺の下の方で炎症を起こすと、お腹や腰が痛くなることがあります。またよくある病気ではありませんが、膵炎や脊椎炎などでも同様の症状を起こすことがあります。
私個人的な意見としては、腎盂炎の可能性が非常に高いと思います。
腎盂腎炎という病気は、ご指摘された症状で発症し、他に、おしっこを出すときに痛みがあったり、トイレが近くなるという症状があることもあります。尿検査で膿尿という結果がよく見られます。ご注意いただきたいのは、これは健康な人でも見つかることがあり、膿尿があれば絶対に腎盂炎というわけではありません。ただ中途半端に抗生物質を飲んでいると症状や検査ではっきり診断できないこともあります。あと腎盂腎炎は男性より圧倒的に女性に多いことが特徴です。
50歳未満の男性が腎盂腎炎になることは珍しいと思われます。
一点だけご指摘いたしますがあなたの質問で「尿の検査を依頼しても」といわれておりますが尿検査は病気を「診断する」ためには有効なのですが病気が「治ったかどうか」を見る指標には使えません。完治していなくても、薬を数日飲むと尿検査が正常化します。つまり今尿の再検査をして、異常があろうとなかろうとその結果で現状を把握することはできないということです。超級脂肪燃焼弾
治療は抗生物質で治療しますが、基本的には2、3日入院か通院して治療をした方がよいです。高熱が下がるまでは注射や点滴で抗生剤を使用します。飲み薬はなく注射や点滴を使用する理由は病気が重症化したり、腎臓に後遺症が残ることがあるからです。熱が下がり、ある程度落ち着けば、途中で飲み薬で治療します。ここで注意ですが、治療期間はトータル2週間という原則があります。それだけ症状としては長引くことがありしっかり治療しなければならない病気です。
いかがでしょうか?薬は正しく処方されていますか?厳密に言うと風邪と腎盂炎の処方薬は異なるためある程度の治療効果はあると思いますが、風邪薬で代用することは難しいと思います。実は日本の病院では、感染症に対する教育レベルが非常に低く正しい治療法を知らずに適当に治療しておられる先生をよくお見かけします。嘆かわしいことなのですが、もしもきちんと処方を受けていないのであれば最低2週間の治療がきっちり受けられるよう通院を続けてください。また症状が続いているのであれば、他の病気の可能性もありますので内科でちゃんとした検査を受けて他の病気がないことを確かめてください。
このような場所から助言することしかできず、もどかしい限りですがあなたが最善の治療を受けられるよう心よりお祈り申し上げます。狼一号
強くたたかないと、一般に遷延化、難治化しやすいんできちんと採血して炎症反応と、尿所見見ながら早く治すように主治医に頼んでください。主治医も流行期なんでインフルエンザで筋肉痛があっての腰痛と勘違いしたんでしょう。自分も勘違いすることもあるかも知れないんで普通の医者ならごめんねって言って頑張って直してくれます。