プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:zhjaexljcyofps
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
マイクロソフト、OfficeおよびWindowsの売り上げが第4四半期の収益増に貢献 / 2010年07月23日(金)
 米国Microsoftは7月22日、「Office 2010」のリリースやあいかわらず堅調な「Windows 7」の販売のおかげで、今四半期も収入および利益が増加したと発表した。

 6月30日に終了した同社の第4四半期における純収益は、前年同期比49%増の59億3,000万ドルだったという。

 同四半期の売上高は160億4,000万ドルで、こちらも131億ドルだった前年同期に比べ22%増えている。1株当たりの利益は同50%増の0.51ドルとなった。

 Microsoftは、第4四半期の好業績をもたらした要因として、同四半期中にMicrosoft Officeの新版となるOffice 2010をリリースしたこと、さらにはWindows 7が引き続きよく売れていることをあげた。Windows 7が発売された2009年10月以来、同製品のライセンス販売数は1億7,500万を超えたとMicrosoftは述べている。

 6月30日が締め日であった同社の2010会計年度に関しては、純収益が前年比29%増の187億6,000万ドル、総売上高が同7%増の624億8,000万ドルとなった。ちなみに2009会計年度における同社の収益は、不景気の影響で下落していた。

 Microsoftの今四半期の業績は、投資家の予想を大幅に上回るものだった。米国Thomson Reutersがアナリストを対象に行った事前調査では、同社の純収益は前年同期比17%増の153億ドル程度と推測されていた。

(Joab Jackson/IDG News Serviceニューヨーク支局)

【7月23日15時0分配信 COMPUTERWORLD.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100723-00000000-cwj-sci
 
   
Posted at 16:47/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!