看護師にもできる冬の病気チェック

February 06 [Thu], 2014, 21:24
浴室であれば、浴室内に暖房機をつけることや熱い湯に入る前にシャワーのお湯を浴室全体に振り掛けるだけでも、浴室の温度が上がります。
そこで看護師として、看護師が知っておきたい冬の病気に関する知識をもっと深めようと思いました。
RSウィルス感染症とは、呼吸器の感染症の一種です。
みると両腕が包帯でぐるぐるに巻かれています。
もともとインフルエンザも発症されていたところに、気管支喘息の発作がおこってしまいました。
私は子供のとき、身体はかなり丈夫な方で学校を休むことはほとんどありませんでした。
まずは、空腹の状態で行かないということです。
また慢性鼻炎の人は、鼻のまわりの副鼻腔という骨の空洞にうみがたまりやすくなります。
体温が1度低いと実は免疫力が30%も低下するのです。
暖房のきいた部屋のソファーでテレビでもみながら、ついぬくぬくと過ごしてしまっていませんか。
まず、適度な運動をすること。
感染力の強いウィルス性腸炎といえば、ノロウィルスやロタィルスなどがあります。
看護師が知っておきたい冬の病気大解析
看護師が知っておきたい冬の病気を探求するブログ
看護師が知っておきたい冬の病気なぜなに
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:zgacrwjs
読者になる
2014年02月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/zgacrwjs/index1_0.rdf