中国酒

June 30 [Sun], 2013, 21:04
中国酒は、中国で造られたお酒や、他国で中国酒と同じように造ったお酒である。主に以下の種類に分けている:
黄酒/こうしゅ(ホアンチュウ):うるち米、もち米、黍などから造る醸造酒である。酒の色は褐色−赤で、茶色のガラス瓶か陶製の容器に入っているのが普通である。黄酒の代表は紹興酒である。冷やして飲んでもよいですが、35〜45℃にお爛して飲むのが一般的なようである。好みで、ざらめ糖を入れて飲んでもいいようである。白酒/はくしゅ(パイチュウ):高粱、米、小麦、豆、とうもろこしなどから作る蒸留酒である。アルコール度数は30−60度である。酒の色は透明で、透明のガラス瓶か陶製の容器に入っている。独特の香りがある。茅台酒、汾酒、高梁酒などが代表。基本はストレートであるが、オンザロックでもいいようである。
果酒/かしゅ(クアチュウ):ブドウ、リンゴ、あんずなどの果物から造った醸造酒、いわゆるワインである。アルコール度数は14−15度である。様々な果物から作った酒のほかに、白ワインにキンモクセイの花を漬けた「桂花陳酒」などもある。冷やして飲んだり、桂花陳酒などはオンザロックで飲んだりするといいようである。白蘭地(パイランティ):ブドウ酒を蒸留した蒸留酒、いわゆるブランデーである。アルコール度数は40度前後である。果物を原料にし、製造する酒を発酵し、蒸留します。その他、中国旅行ガイド果物を原料にするとき、常にブランデーの酒の前にその種類を区別するため果物の原料の名称を添えている。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ndfthd
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/zfgujdrftdt/index1_0.rdf