楽天・美馬、初の2ケタ勝利が見えてきた

July 30 [Sat], 2016, 16:00
悪いけども、楽天イーグルスの試合ごとの結果に興味がなくなってきました。

テレビ中継がなくても、ネットなら途中経過や結果をすぐに知ることができます。

でも今日の新聞を見て結果を知りました。

前回のロッテ戦の登板でボロボロだった美馬投手がやり返しました。

7回を投げて無失点、7勝目となりました。

美馬投手は2012年の8勝(10敗)が今までの最高成績ですが、このまま行けば初めての2ケタ勝利が達成できそうです。

美馬投手も良かったですが、千葉ロッテの石川投手も相変わらず良かったです。

7回まで楽天打線は1点も取れませんでした。

しかし、8回、9回に石川投手の後を継いだロッテ投手陣を打ち崩しました。

聖澤選手と足立選手がともに3安打と目立ちました。

あとそろそろ茂木選手が1軍に復帰しそうな気配があります。

今日は則本投手が先発予定です。

きっとやってくれると思います。


血圧は120以下に大至急下げろと言われても

November 02 [Mon], 2015, 16:20
今日の週刊ポストの新聞広告です。

「血圧は120以下に大至急下げろ!」とありました。

文字の大きさからいってメインの記事のようです。

血圧を120以下に下げることで、脳卒中、心臓発作の発生率は3分の1減少、死亡リスクも4分の1減るらしいです。

実際に現物を買って読んでいないので詳細はわかりませんが、実証データもあるようで、かなり自信を持った記事のようです。

普段からトマト酢生活を飲んで血圧改善の努力をしている方も読んで損はなさそうです。

ただ「大至急下げろ!」と言われても簡単に下がらないのが血圧の厄介なところでもあります。

血圧が高いことで悩んでいる人はみんなそう思っているはずです。

私の妻だってそうです。

まだ40代前半です。

3年前に次男を妊娠したときから血圧が高くなってしまいました。

最近はどうなんでしょうね。

まだ降圧剤を飲んでいると言っています。

でも血圧を計っている様子はまったくありません。

何とかしようという本気さがないのです。

週刊ポストを買ってさりげなく目につくところに置いておくのがいいかもしれません。

週刊誌は読むのが好きな人ですから。


新聞広告の久光製薬・乳酸菌(EC-12)にもっとお得なお試し用あり!

May 20 [Wed], 2015, 10:44
今日の新聞広告に久光製薬の乳酸菌(EC-12)が掲載されていました。

実は私、これを飲んでいるのです。

べつに便秘に困っているわけではありませんが、乳酸菌はとにかくいろんなところで話題になります。

いつもは「へえー、そうなんだ」で終わっていますが、ちょっと本気で飲んでみようと思ったのです。

もしかすると便秘以外にも新たな効果を実感できるかもしれません。

さて、今回の広告ではお試し用10袋(10日分)を900円(税抜き)で購入できるということです。

私が購入したのもお試し用ですが、もっとたくさん入った30袋でした。

そして価格は1810円(税抜き)でした。

こっちの方が安いと思いませんか。

今日の新聞広告のお試し用は1袋あたり90円ですが、私が買ったのは1袋あたり約60円です。

約3分の2の値段です。

値段は2倍なのに、容量は3倍というお得さです。



個人的にはヘルスエイド・ビフィーナSの方が好きです。

味はほとんど同じですが、口の中で溶けない粒々がいかにも効くような感じがあります。

「第2青函トンネル」は本気ですよ

July 09 [Wed], 2014, 18:39
今日の新聞を見ていたら「第2青函トンネル」という驚きの言葉が目に飛び込んできました。

現在北海道新幹線の開業に向けた準備が行われていますが、新幹線は青函トンネルを走ることになります。

ただ以前からちょっと大きな問題が指摘されていました。

新幹線がトンネル内で貨物列車とすれ違う際に風圧でコンテナが破損する危険があるのです。

それを防ぐにはとりあえず新幹線のスピードを落とすしかありません。

そうなると新青森駅と新函館北斗駅の所要時間が、高速走行の場合と比較して18分遅くなるというのです。

この「18分」をみなさんはどう思われますか?

私は18分くらい遅くなってもいいじゃないと思いますが、地元にとってはそうではないのです。

所要時間をアピールする場合、「約30分」から「約1時間」に変わってしまうからです。

そこで青森県が言い出したのが、「第2青函トンネル」の建設なのです。

どちらかを新幹線専用のトンネルにしようということでしょうね。

その場合の総工費は約5000億円です。

別の案で新幹線の中に丸ごと貨物列車を載せるトレイン・オン・トレインの構想もありますが、その研究と新車両の製造にかかるのが約3000億円。

青森県としてはそれなら2本目のトンネルを作った方がいいと考えています。

そして本気なのです。

青森県外に住む私としては別に賛成も反対もしません。

ただ事態を見守るだけです。



イングリッシュマフィン(ヤマザキ)

June 06 [Fri], 2014, 19:30
8時前の早朝のスーパーに行ったら一押し的な感じで山積みされていたパンがありました。

ヤマザキのイングリッシュマフィンです。

朝食をまだ食べていなかったので思わず買ってしまいました。

スーパーを出てからこれがお店側の戦略であったことに気付きました。

この時間にスーパーに来る人はまだ朝食を食べていない人が多い、だから朝食に向いたものをたくさん並べておこうと。

イングリッシュマフィンがどんなものか知らない人でも写真のようなものを見たらそりゃあ買ってしまいますよ。

さて、イギリス系の食べ物って不味いイメージがありますが、これは違いました。

普通に美味しかったです。

本当は不味いけど、ヤマザキが美味しく仕上げたのかもしれません。

ただ難点をあげれば、マフィンの表面についている粉みたいなものがポロポロと落ちるんです。

どんなに上手に食べようとしても絶対に落ちます。

できれば袋から直接食べるのではなく、皿にでも移し替えて食べた方がいいですね。




ビミョーな切手シート

May 09 [Fri], 2014, 17:11
正月に届いた数少ない年賀状の中から、今年は3等が1枚当選しました。

当選賞品はおなじみの切手シートです。

とくに欲しいものではないのでずっとそのまましてありましたが、部屋の中を片付けていたときにまた目にすることになったので、忘れないうちに郵便局にもらいにいきました。

窓口のおねえさんがきちんと「おめでとうございます」と言ってくれました。

でも渡された切手シートを見てビミョーな気持ちになりました。

80円と50円の切手なのです。

ご存知の方も多いですよね。

4月からの消費税増税に伴って郵便料金も改定になりました。

今までの50円は52円に、80円は82円になったのです。

つまりこの切手シートはそのままでは使えないということです。

2円分の切手を追加で貼る必要があるのです。

ここですごく面倒だという趣旨のことを書こうと思いましたが、やめました。

どうせポストに投函する必要があるわけだし、そのついでに郵便局の窓口で追加で切手を買えばいいだけのことだからです。

それに今ではコンビニでも切手を買えますからね。

時代の変化を素直に受け入れることも必要です。




週刊新潮、爆弾記事か

March 26 [Wed], 2014, 17:42
今日発売の週刊新潮の新聞広告を見たら、やばそうな記事がありました。

DHC会長がみんなの党・渡辺喜美代表のお金のことを告白しているらしいです。

お金のことと言っても、もちろん違法の疑いがある話です。

これは爆弾記事の予感がします。

なぜなら、広告のこの部分は最近では「嫌韓ネタ」の指定席だったからです。

それを押しのけてのことですから、かなり読んでほしいのだと思います。

でも個人的には嫌韓ネタの方が好きです。

今回は嫌韓ネタが1ページもないみたいです。

どうしたんでしょうね。

何かの圧力でもあったのでしょうか。

とりあえず渡辺喜美代表のことはテレビでも大きく取り上げられそうです。




作曲家・佐村河内守さんの曲は別人が作っていた

February 05 [Wed], 2014, 15:31
「あまちゃん」で「潮騒のメモリー」を別人が歌っていたように、芸能界・音楽界は本当のところがわからない部分が多いです。

「交響曲第1番 HIROSHIMA」で有名な作曲家の佐村河内守さんが別人に作曲を任せていたと認めました。

佐村河内さんのCDとDVDを販売していた日本コロムビアは「じぇじぇじぇ!」とかなりの驚きがあったようです。

これを受けて日本コロムビアは、佐村河内さんのCDとDVDを全て出荷停止としました。

でも運よくソチ五輪がすぐに開幕します。

マスコミが騒ぐのは今日と明日くらいでしょうか。

まあ騒いだとしても佐村河内さんの耳には届かないわけです。

はい、かなりきついこと言いましたよ。

くじら寿司を食べてみた

January 26 [Sun], 2014, 8:23
昨日行った回転寿司のメニューに「くじら」がありました。

それほど食べてみたいと思いませんでしたが、これまでくじらの寿司を食べたことがなかったので注文しました。

食べるにあたっていろいろと想像しました。

くじらは哺乳類なので魚よりも肉系に近いのではないかと。

出てきたくじら寿司は鮮やかな赤身でした。

色は牛肉や馬肉と似ていますが、馬肉特有の脂身がありません。

そして味ですが、正直言ってよくわかりませんでした。

切り身として小さかったからかもしれません。

脂身がなかったからかもしれません。

ガリを食べて舌が麻痺していたからかもしれません。

あと3皿くらい食べたらはっきりとしたことがわかっていたかと思います。

また食べられる機会があったらいただきたいと思います。




夕食前の運動

October 09 [Wed], 2013, 17:03
ちょっと事情があって1年くらいべつのところで暮らしています。

ただの家の建て替えのためですが。

以前は夕食前に息子の自転車を走って追いかけることをやっていましたが、今はそれができていません。

そのせいかいつもダイエットをしなきゃと思っています。

息子も夕食前の運動がなくなったためか、ややメタボの兆候があります。

このままだとお互いによくないです。

忘れないうちに今日からでも夕食前に散歩を取り入れたいと思います。