歯槽膿漏は、虫歯と一緒の細菌による感染に起因

December 12 [Wed], 2012, 23:27
歯槽膿漏は、虫歯と一緒の細菌による感染に起因して生じる口内の病気を指します。
歯槽膿漏は慢性疾患、生活習慣病に該当するとされており、若年層の頃からじわじわと悪くなり、実感したときには既に症状がひどく悪化していることも稀ではありません。
歯槽膿漏の要因ともなる細菌は、歯石がプラークがたくさんあるとどんどん増殖していきます。
プラークのことを歯についているただの食べかすだとイメージしている人も多いですが、実を言えば細菌が集まったもので口腔内の問題のきっかけとなります。

細菌であるプラークが毒素を出すことにより、歯槽膿漏の症状が深刻化し、酷い状態になってしまうのです。
さらに、歯周ポケットといわれる歯肉の溝にプラークや歯石などが付着して炎症を起こすと、患部から膿が出てくるようになります。

ヒアルロン酸というのは、わずか1グラムの量でも

September 15 [Sat], 2012, 16:37
ヒアルロン酸というのは、わずか1グラムの量でも、6リットルという大きな水分量を持つことができるという高い保水力があります。
その保水力によって、ヒアルロン酸が肌のモチモチ感やしっとり感を守る作用があることは有名でしょう。
他にもあるヒアルロン酸の優れた性質を紹介していきます。
まずは、栄養素を補うために運ぶという役割を担っています。
体内のすべての細胞間をつなぐヒアルロン酸は、血液によって運ばれた各栄養素を身体の全ての箇所に届けていきます。
加えて、老廃物を吸収して体外へ押し出す効果を発揮します。
そして、関節において緩衝材や潤滑油のような働きを持っています。

関節部分の軟骨や液中に含まれているヒアルロン酸は、関節の働きをスムーズにして衝撃から守ることで関節が効率良く働くようにしていきます。
ヒアルロン酸が十分に行きわたっていないと、関節にはトラブルが生じて、動きになめらかさが失われてしまいます。
あと1つは、眼球に関わる働きです。
ヒアルロン酸は眼球内部の硝子体という部分に大量にあって、眼球が丸い状態であり続けるようにしながら、衝撃をやわらげる役目を持っています。
他には、硝子体が透明であり続けるためにもヒアルロン酸が役立っています。

その他にも病気にかからないようにしたり治癒力を高めるなど、身体や命を保護するためにヒアルロン酸は誰にとっても重要なものなのです。

夜風のオン・ザ・ビーチ
こうしてヒアルロン酸は多種多様な効果を発揮していますが、年代が上になるほど量は少なくなって、見た目に年齢があらわれて体も衰えてきます。
そのことから、減ってしまったヒアルロン酸を補う目的の栄養ドリンクやサプリメントが話題となっています。
身体の内部から浸透させにくいという特徴を持つヒアルロン酸を、吸収しやすい状態にするための開発や研究は、現状で続けれらています。

洗濯物の乾き

August 28 [Tue], 2012, 11:12
この時期は本当によく洗濯物が渇くから、本当に気分爽快ですよね♪

しかしそれだけものすごい太陽の光を洗濯物が受けているってことだよね。
そうなると当然ですが、洗濯物の色汗がどんどん進む。
なのでできるだけ、洗濯物干し場に光が直接指さなくなってから洗濯物を干すのでした。

今日の暑い

August 28 [Tue], 2012, 11:12

今日も朝から絶好調に暑くないですかぁ。。(汗)
そして思うのが、風がないってこと。
暑くても風があればどうにか過ごせますが、風がないと暑さに耐えられない。
ということで先ほど、エアコンをつけちゃいました〜♪
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:zerostultuoatu
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/zerostultuoatu/index1_0.rdf