忙しい

November 19 [Sun], 2017, 16:22
パン屋のバイトが忙しい。
1時には終わるのだから、残業が〜というのではないのだが。
いや、サンドに入っているときは長引くか。
とにかく、3人で入る日が減り、2人だと今の仕込みの量ではちょっと大変なのだ。
それでも1時には終わるのだから、ものすごく忙しいというわけではないのだけれど。
仕事に余裕がないというか。
なんだかいつも慌てているのだ。

そしてプライベートな時間も忙しい。
内職をしているからだけれど、趣味の手芸熱が続いているので、そっちにも時間を割きたい。
メルカリで物を売るのも楽しい。
飽きたら辞めるつもりだけど、今のところメルカリ熱も冷めていない。

12月はまた農家さんの手伝いがあるから、ひと月内職をお休みするつもりだ。
まだ声はかかっていないけど、手伝いがなくても内職を休むつもりだ。
ぼーっとする時間を増やしたい。
あれもこれもやりたい、やらなきゃと思っているうちに一日が終わってゆく。
ある意味リア充?

近頃しみじみ思う。
やっぱり私は働くことが好きではないな。
今のペースは自分向きではない。
もっとパン屋に入る日を減らせたらな…。

見ず知らずのおじさんと

November 13 [Mon], 2017, 17:01
去る11月11日土曜日、例の紹介で見ず知らずのおじさんとお茶をする予定であった。
なぜかすごくプッシュしてくる仲介役のご近所さんと、共通の友人であるIも来ることになった。
ところが、である。
前日の夜にそのご近所さんから電話があり、お相手の方が体調を崩され大事を取って11日はキャンセルするという。
腹を壊したのかなんなのかは忘れたが、「緊張したのでは」というのが、この話を聞いた数人全ての意見である。

いや、いい年こいてそれはないだろ。

そんな人を紹介されるなんて、不安しかない。
来週か再来週にでも、とはその場で言われたが、まだ(仕事の)予定が分からないと言っておいた。
このまま立ち消えてはくれないだろうか。
ないだろうな、ご近所さんの押しの強さをみる限り…。

ハンドメイドは厳しい世界

November 09 [Thu], 2017, 16:56
手作りの猫の首輪を作り始めて、どれくらいになるのだろう。
ホームセンターで売っている、犬の首輪の猫版のような硬い首輪がかわいそうに見えて、だったらいっそ自分で作ったらどうだろう、と作り始めた。
調子に乗って作っているうちに、フリマで売れたらうれしいなと思うように。
そして世の中にはそんな人たちのためのハンドメイドフリマサイトがあることを知り、えいやっと始めてみる。

ところがどっこい、リアルフリマでも仮想フリマでも、なかなか売れない。
メルカリが一番売れているくらい。

ハンドメイドの世界は厳しいのである。
だからと言って、世の人が好みそうなものを選ぶことはしたくない。
私が気に入った生地で、気に入った色合わせで作りたいのだ。
私と同じ趣味感性の人がきっといるはず。
そう信じて、でもたくさん売れることを願って、少しでも人の目に付くように頑張るのである。

楽しいしかない。

以前なら、こんなことに時間とお金をかけていいのかしら、などと思いながら続けていただろう。
今はもう、ただ楽しんでやるのみである。

まだ11月だけどせわしない

November 06 [Mon], 2017, 16:52
毎年恒例のフリマに参加するのに、準備に追われ片付けに追われ、いつの間にか11月も幾日か過ぎた。
その間、いろいろあった気がするけど、今はまだ思い出すのはやめておこうと思った。

そう、一番記録しておかないといけないことが。
この年でありがたいことではあるが、紹介していただけることとなった。
本当にありがたいことである。
こんな話がこなくなってどれくらい経つのだろう。

が。

しかし。

ちっとも嬉しくないのである。
自分の時間を見ず知らずのおじさんとの会食に使うなんて。
こんなことを考えてしまうのだから、私に未来はやってこない気がする。

内職再開

October 28 [Sat], 2017, 14:04
ニート時代にやっていた内職を、再開することになった。
内容も同じ、ランドセルの下ベルトの手縫いである。
11月初めのフリマの準備に追われているこの時期か!とも思ったが、これもご縁だと受けた。
金は欲しいが時間も欲しい。
いろいろ忙しくしているこの頃である。

なのに風邪を引くんだから、めんどくさい奴だ。

最近のイライラの元

October 07 [Sat], 2017, 16:45
最近よくイライラするようになった。
心屋を知る前に比べれば雲泥の差だが、わりと穏やかな時が長かった(人間関係による不安は常にあるが)から、なんだか自分がイライラしているなと思うことが増えた。

そう、人間関係の心の変化も少しあるような気がする。
SIさんと店長に怯えていたのが、「なんでこいつはこうなんだ!」と内心毒づくことが多くなり、それがイライラになるのだ。

もう一つのイライラの原因は、お金だ。

先月、機種変更をした。
月額の料金が思ったより上がったのだ。
そこから、お金の出方が気になって仕方がないのだ。
自分はお金に執着がないと思っていたし、2年ほどニートしていた時も、割と気にせず使っていた。
それが、バイトを始めたことにより少ないながらも収入が発生し、価値観がニート時代と変わったのかもしれない。

これで少しは貯金が増えると思っていたのに、増えるどころかマイナスの月もあるくらいだ。
前のバイト時代もマイナスの月もあったはずだが、それ以前に貯めた貯金が100万円以上あったから、なんとなく安心していたように思う。
ところが今は、土台となるものがない。
好きなことに使えばいいという教え(真の意味で実践できているかはさておき)と、お金が無くなることへの不安の狭間にいるのだ。

何かを「買える」ということは、お金が「ある」ということなんだ、と繰り返してみる。

こーちゃんから流れ弾

September 30 [Sat], 2017, 15:48
こーちゃんのブログの質問に答えたぞ記事を読んでいて、流れ弾に当たった。
私は幸せになんかならないと思っている。
私なんかが幸せになるはずがない。
人並みの幸せを手に入れるなんておこがましい。
私が幸せになるだって?はん、ちゃんちゃらおかしいね!どの面下げて言ってんの?!
という感じだ。
そこまで自分のことを下げていたんだなぁ。
だから自分の将来はどこかで野垂れ死ぬんだなんて想像しかできないんだなぁ。

少し前、友人を通して別の人から紹介の話をいただいた。
この年になって誰かを紹介してもらえるなんて思ってもいなかった。
が、見合いや紹介は面接としか思えず、見知らぬ人と会って話をしなければいけないことが憂鬱でしかなく、お断りした。
相手が48歳のおっさんだったというのもちょっとある。

これで生涯独身、野垂れ死にが決定したなと思った。
根底には、私は幸せを手に入れてはいけない、があるんだな。

一生懸命だったよねー

September 14 [Thu], 2017, 17:30
一生懸命だったよねー、去年くらいの私。
一秒でも早く、多く、仕事を覚えなきゃ、できるようにならなきゃ。って思っていた。
できないと焦る。
忘れると焦る。
分からないと焦る。
いっぱいテンパったね。
それだけ頑張ってたもんね。
使えない奴って思われたくなかったんだよね。特にSI氏に。
いやほんと頑張ってたよ。
心折れそうになりながら、それでもリセットして、一生懸命話しかけたりして。
内気な私が!
よくやった、よくやった。
結果、今の現状だとしても、それはきっと無駄じゃなかったんだよ。
だってその時必要だと思った頑張りでしょ。
だから、いいのだ。

こうちゃんに相談だ

September 12 [Tue], 2017, 12:04
昨日、本田こうちゃんが公式ラインで質問を募集しているのを運よく拾ったので、また送ってみた。
宝くじは外れた。
また送ろうかな。

幸せな人は頭で考えるよりも、ハートで感じる

September 06 [Wed], 2017, 17:18
こうちゃんのブログより抜粋


俺はいろんな友達がいるけど、幸せ指数がめちゃくちゃ高いなぁと思うのが双雲くんだ。
幸せマニアの俺としては、地味に研究しているw
双雲くんの良いところって、頭で考えるよりもハートで感じるところだ。

人は幸せになりたいなぁって考えると、頭を使ってしまう。
すると「結果数値化できるような幸せ」に振り回されちゃうんだよな。

例えば収入であったり、働いてるところだったり、住んでる場所や車だったり、目で見ただけでわかりやすいものや、凄いとか凄くないとかスケール化しやすいものを幸せだと錯覚しちゃうんだよね。

これは金額にしたらいくらだとか、あれはこれより優れてるとか凄いとか。
そんなものを追い求めて、幸せになるはずが苦しくなっちゃう。

反対にハートで感じる人は、数値化しやすいものやスケール化しやすいものに振り回されないんだ。

目の前にあるものを心の底から喜んだり。
何が自分をハッピーにしてくれるか、何が周りの人が喜ぶか、ココロのコンパスで動くんだよな。

俺、双雲くんを見てびっくりしたのが、自分で書いた書に「すげぇ!」なんて言って感動したり喜んでるんだよなw
多分彼の頭の中では1ミリも「俺の作品は誰より優れてる」とか「誰より劣ってる」とか全く考えていないw
ただただ目の前の作品を子供のようにはしゃいで喜んでいるだけだw

よく「好きなことを仕事にしたら幸せになれますか?」なんて相談を受けるんだけど、双雲くんのこのエピソードを良く話す。

彼を見る限り幸せの塊にしか見えないw

あとね、ご飯食べてる時に美味しいと「う、、、うまい!」とか言いながら箸を落とすんだよw

マジで幸せの塊にしか見えない。
ご飯を作った人もさぞかし嬉しいだろうw

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:ゼロ
読者になる
2017年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/zeronokokoro/index1_0.rdf
ヤプミー!一覧