ジョゼと虎と魚たち。 

2006年03月17日(金) 23時17分
彼に前々からススメられてた映画。

彼がものぐさな私にしびれをきらし?
DVDを借りてきてくれ、一緒に観ました。

なんなんでしょう。
あの潔さは。
あの汚さは。
あの強さは。
あの弱さは。
あの痛さは。
あの恐さは。
そして、あの愛おしさは。

ひどく人間くさい映画。
残酷な世界で、私たちは生きてることをさらりと見せつける。
きれいごとが通用しない世界。

その瞬間は確かに「愛しい」と想っていた。
今、目の前にいる愛している人の為なら、なんでもする。
本気でそう思っていた。
しかし、ひとの心はうつろう。
誰が悪いわけでもない。
誰を責めることもなく、恨むこともなく。
ただただ、目の前には
立ちはだかる現実があっただけだった。。

出逢って、惹かれて、愛して、そして別れて。
結局、愛した人がずっと傍にいることはなかったけれど。
それでも、出逢う前とは確かに何かが変わったはず。

観終わって、ぼーっとしてたら何故か
はらはらと涙がこぼれてました。

そんな映画。

なんてことない。 

2006年03月05日(日) 19時47分
三月三日

行ってきました。
某巨大ネズミ王国、
ビバ夢の国。

なんか人多いと思ったら
あれだ、ひな祭りだったんだ・・・・・。

ちっさい子がシンデレラのコスプレして
ちょろちょろ動き回っていたのが、かわえかったwww
ツボです。ちっさいこ。。。

アトラクション
その@
銃で撃ちまくって遊ぶヤツ。
「どうせしょぼいんだろ。」
とかナメテかかったんですが。
正直、結構面白かったデス。
緑色のくせして。やるな、三つ目星人。。。

そのA
暗闇(宇宙空間?)のなか、すっごいスピードで走るやつ。
乗っている間中
アハハハハハハハハハ
と、友人がずっと笑っていて怖かった。

そのB
お化け屋敷
一番、落ち着く。
あそこのお姉さん、気配消してて、
アトラクションよりむしろお姉さん、
あなたが怖いよ。

そのC
小さな世界 ―さぁ、みんなで世界一周だい―
何も言うまい。

そのD
ジャングルの中をひたすら船で探検。
あのガイドのお兄さん。
いつ行っても
ギリギリいっぱい、空回りテンション。
いいね、好きだよ。
アトラクションの中で一番好きかもしれない。

こんなところで。
なんやかんや言うとりますが
そこそこ楽しんできたわけで。

天邪鬼。

夕方、寒さに負けて、早々と帰ってきたのは
秘密です。

・・・年かな(寂

受験。 

2006年02月22日(水) 13時32分
そういえば。
ただ今、受験まっさかりの時期です。

電車で、ばったり浪人中の友人と会いましたw
どこ受けるかとか、いろいろ話しましたが。
今年のセンターは平均点が無茶苦茶高かったとのこと。
それは、問題が簡単だったから?
それとも受験生の頑張りのせい?

どちらにしろ、あと少しです。
頑張って欲しいなぁ。。
合格の報告まってるよ、みんな!

昨日、稽古帰りの途中(空腹MAX)。
どこからともなく、いいにおいが!
くんくんした先には・・・・・
屋台が出てましたw(たこ焼き屋さん)
そこは春になると、絶好のお花見スポットで、
屋台がたくさんでるとこなんですw
それを今年も密かに楽しみにしているわけですが。

でも、
でもね、
まだ、2月です。。。
桜が咲く気配
全くないよ、、、、おじさん(つд`)

と思いつつも、よだれが。。
食い気には勝てませんでした・・・


春が確実に近づいてます。

自己紹介。 

2006年02月10日(金) 21時37分
名前:七市 草

年齢:19歳

身分:某私立大学生

好きなモノ:面白いモノ、おいしいモノ、キレイなモノ

嫌いなモノ:争いごと、まずいモノ

趣味(なのか?):本を読む、文字を書く、昼寝、映画鑑賞、カラダを動かす、音楽、写真

生まれ変わってなりたいもの:にんげん

備考:欲の塊。カラダの半分は演劇でできているんじゃないかと思われる。
    基本的によくわからないイキモノ。
    

映画漬け。 

2006年02月10日(金) 21時16分
昨日に引き続き、今日も観てきました。

『ALWAYS 三丁目の夕日』

今日も、ほとんど人がいなかったので
貸切状態。
休日の映画館はこんなもんなんでしょうかね?

で、映画の方は。

・・・・・・・泣きました。。
じわーって涙が出てくるんですよ。
あとからあとから
あふれてくるんですよ。
とまらないんです。

やられましたね(笑

冒頭でちょいと気になっていたCGも、話がはじまってしまえばほとんど気にならず。
ストーリー自体は、オーソドックスな感じなんです。
こうなっていくんだろうなぁってわかっちゃうんです。

それでも泣ける!

すごいと思いませんか?

映画館を出るとき、目と鼻が赤くて、少し恥ずかしかったのは秘密です。

観終わったあとに
ほっこりして、やさしくなれる
そんな映画です。

決して『ALWAYS 三丁目の夕日』制作の回し者では
ございませんので、ご注意を。

ではでは。

あ、そういえばオリンピックが始まりますね。

THE 有頂天ホテル。 

2006年02月10日(金) 12時37分
はい、三日目にしてさぼりました。

ハンモックまでの道のりは遠い。。。。

さてさて、昨日は話題の映画
『THE 有頂天ホテル』を観に行ってきました。
http://www.uchoten.com/

朝一のを観てきたので、人はほとんどいなかった。
ほぼ貸切状態(笑

映画はといいますと、なかなかに面白かったと思います。

約2時間の群像映画で、あそこまで出来るのはすごい。
キャストの方々の力もあるんだろうけど。
でも、その役者さん達に「これ出たい!」と思わせないと、何も始まらないわけで。
「やっぱり、三谷さんはすごい。」
という結論に行きつきました。。

でも、でもですよ。
準主要キャスト(?)でアヒルを使うのはズルイよ、三谷さん(笑
次の舞台で使わせていただきます(何

三谷さんは、舞台もやってるんですよね・・・・

今度は絶対、三谷さんの舞台を観てやる。

=======================================================

いくつになっても
貪欲に求め続ける。

決して満たされることなく。

いいものを。
いいものを。

ねこのように。 

2006年02月08日(水) 15時41分
さて、ブログ二日目。

本日、部屋の片付けをいたしました。

いやぁ、出てくる出てくる・・・・

失くしたものだと諦めていた本やら、指輪やら、
昔付き合っていた人の写真やら。

・・・・っと思い出に浸ってる場合じゃない!

片付け片付け。

いらないものは捨てる、捨てる・・捨て。。。。
やっぱとっとこう

なんてのを繰り返しつつ。

部屋のダイエット完了。

ま、こんなもんか。

確実に、時間は重ねられている。
そんなことをぼんやり思った日。


あったかい
陽のさす窓辺で
うずくまる

ねこのように。

初。 

2006年02月07日(火) 20時15分
なぜ、ブログを始めようと思ったのか。
自分でも不思議だ。
なにを隠そう、日記は続いたためしがない。

小学生時代
夏休みの宿題の定番、絵日記。
初めのうちは「おうちで昼寝をしました。」
「朝顔のみずやりをしました。」など、平和な世界だ。
しかし
中盤にさしかかってくるとミラクルが起こってくる。
海に行った次の日に山を登り、かと思えばその次の日には動物園。
おまけに8月が32日まであった。
そんなスバラシイ日記を書き上げる子どもだった。

中学生時代
一言日記というものがあった。
毎日担任に提出しなければいけない。
小学生のころでさえ、日記が続かなかったのだ。
中学生になったからといって続くはずもなく
放課後呼び出され、よく怒られていたものだ。
このとき「人間は根本は変わらないんだ」と悟った気がする。

そして現在、なにを血迷ったか、あんなに続かなかった日記を
自ら書こうとしている。
果たしてこれは続いていくのか?
一ヶ月続いたら、ご褒美にハンモックを買おう。
そんなことを思いながら。

2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:zero-so
読者になる
Yapme!一覧
読者になる