【 更新情報 】

スポンサードリンク

前略おふくろ様

前略おふくろ様は、芸術選奨文部大
臣賞、ゴルデンアロー賞に輝いた。後に倉本聰はこの作品の成功の理由として、各キャストが劇中陰と陽を別々に担当するのではなく、それぞれの内部に陰と陽を秘めていた特異なキャスティングであったこと。スタッフ・キャストが如何にドラマを面白くするかに狂わんばかり姿勢を貫いていたこと。前略おふくろ様はつまり創造の情熱に満ち溢れていたこと等をあげている。21年間続くことになる「北の国から」以前で、この作品は、最も燃えた作品であると断言している。
前略おふくろ様パート2は、倉本聰の単独脚本によって、三十路が近づき、母のこと、くにの家族のこと、
恋愛のことに物憂い日々を続けるサブの様子が描かれている 。パート1から続く、母と妻の前略おふくろ様の間に挟まれて苦悶する半妻のペーソスも、三十路以上の男性を中心に、圧倒的な支持を受けたようです。
P R
カテゴリアーカイブ