hm205法華経のこと

July 10 [Wed], 2013, 11:46
ところで、この『華厳経』といつも対称的に考えられるお経は『法華経ほけきょう』です。adidas カントリー2平安朝の文化は、この『法華経』の文化とまでいわれているのですが、この『法華経』は、くわしくいえば『妙法蓮華経みょうほうれんげきょう
』でこれは『華厳経』が、「仏」を表現するのに対して、「法」を現わさんとしているのです。しかもその法は、妙法といわれる甚深微妙じんしんみみょうなる宇宙の真理で、その真理の法はけがれた私たち人間の心のうちに埋もれておりながらも、少しも汚されていないから、adidas ランニングシューズこれを蓮華れんげに譬えていったのです。いったい蓮華は清浄しょうじょうな高原の陸地には生は
えないで、かえってどろどろした、ジェレミースコット汚きたない泥田どろたのうちから、あの綺麗きれいな美しい花を開くのです。「汚水どろみずをくぐりて浄きよき蓮の花」と、古人もいっていますが、そうした尊い深い意味を説いているのが、この『法華経』という経です。自分の家を出て他所よそへ「往ゆく」その時のこころもちと、アディダス キャンパスわが家へ「還る」その気もち、真理を求めて往くそのすがたと、真理を把つかみ得て還るその姿、若々しい青年の釈尊と、adidas スニーカー円熟した晩年の釈尊、私はこの『華厳経』と『法華経』を手にするたびに、いつもそうした感じをまざまざと味わうのです。右のようなわけで、お経の名前は、それ自身お経の内容を表現しているものですから、昔から、アディダス スーパースター仏教の聖典を講義する場合には、必ず最初に「題号解釈だいごうげしゃく」といって、まず題号
なまえの解釈をする習慣ならいになっています。で、私も便宜上、そういう約束に従って、序論はしがきとして、この『心経の題号なまえについて、いささかお話ししておきたいと存じます。アディダス スニーカー
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:サエエ
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/zenma89/index1_0.rdf