《ジュネーブカルティエの高級な時計冊になってはいけない》の秘密を解明します

August 01 [Thu], 2013, 22:54
腕時計の幸運はジュネーブの表から1冊のカルティエ政府筋を獲得したことに上がることを開いて冊を宣伝して、とても稀有です!この冊子は業界関係者に属して相収蔵の段階を争って、誇張しなく全国が何人もの収集家かが同じく得ることを持つことができないと言います。腕時計の家は幸運にこの物を獲得して、ともにこれを今後腕時計とする家活動した特に祝いの贈り物をして贈る表の友ができます。 !私はすでにあなたに到達してディスプレイ前のその貪欲な眼差しにあることを見ます!ごまかす必要がなくて、続いて下りることを見ます。

一生のブランドに意味深長にできて、商品の贅沢で華美な工業技術を除いて、さらに小さい詳細にりっぱな上にもいっそうりっぱにします。時にただ直接知覚する同様の事物を取り扱うことで、すぐその評価とすることができます。標準は何ですか?詳細。カルティエの推進は言い広めるたったただ動態広告は、それから人に手にある沈着な質感を握らせます。優美な《ジュネーブカルティエ高級な時計は冊》はどんな神秘的のエネルギーを埋蔵していますか? 私にあなたとさせてこの重々しい冊子を開けると、来ます......

通常の、純正な赤色に会って私は2件の事物を連想することができて:Valentino(瓦は に匹敵して承諾します)およびCartier(カルティエ)の広告背景。この種類は赤く花卉のあでやかさに及ばなくて、同じく染料純粋さに及びません。ただ柔らかい暗い灯下にあって、にもかかわらず他の色つやのなぞらえることができない優越感。他の冊は2期分かれられます。第一期はそれぞれ2重神秘的の陀フリーホイール腕時計、神秘的のシリーズおよび神秘の鐘の相関的紹介状の息を記録しました。

カルティエ2重神秘的の陀フリーホイール腕時計は1個が魔法の科学技術産物を施されました。斬新な9454CM機の芯は以前ジュネーブで小さくない打ち砕ける波をわき上がって、ともにジュネーブ良質の押した印を獲得しました。このメカニズムの神秘的でいる、60秒ごとに自転1周の浮動式の陀フリーホイールはあたかも完全に空中に懸濁して、本当の意味上で地球引力から外れることを実現しました。

本中のひと言を引用して:マジシャンは観衆の注意力を転移させる必要があって、彼らに自分製造の視覚の幻の象および霊的力量の存在を信じさせます。Rotonの2重神秘的の陀フリーホイール腕時計に、設計者団体現代のマジックからの父の――は譲ります。ヨーロッパ仁。網ベル− を悟る (Jean Eugene Rober−Houdinは)創意中にインスピレーションを汲み取って、1回懸濁する視覚盛宴を製造します。ただ1個の指針を露出させて、いささか同じく神秘的の鐘の光をごまかすことができません。この種類の書面は設計して、読者に一層この神秘的の鐘体上の物語を探求しに行きたいと思わせます。

神秘的の鐘はカルティエ偽物時計の境に謎同様の身の上を擁して、それは出身して高貴で、ただいまだ人本当のもの入ったそれの内心世界がいるようです。時針が動くことを見ていて、時間を感じることができて慌ただしいことを除いて、もっとある静態的物質がありあなたとそれに流動する光陰内に似ます。私は、それが1種類が歳月が を溜めて時間と科学技術に対した丁重を出されたいと思います。

個々の女心中に全てある1個の貪欲な迷想の貴金属宝石類幸福な夢。貴金属宝石類の計の究極模範として、カルティエのLes heures Fabuleusesのシリーズ腕時計は女人々の念願をきつく1粒ごとのダイヤモンドに鍵をかけます。このシリーズは1個のようにの動物園に就いて、1種類ごとの動物の形態を出来るだけ還元するその本来の姿。あれが生き生きしている造形背後は、カルティエ作表巨匠たちのピークインスピレーションと知恵です。

それはあなたは必ず、これがネックレスであると想像することができなくて、もっと1タイプの懐中時計です。作表巨匠たちはほんとうに1頭の象を引いて来て表を置いてふたをします。とても奇妙にであろうか?長い尾オウムの尾部は明亮式からダイヤモンドおよび長さの段の型ルビーを切断して象眼し成功します。霊が動くオウム様子の中は贅沢で華美なユニークな宝石魅力を含意しました。

優秀なブランドは、いつも自分のブランド特徴に独特な浸透性を持たせることができます。私に至るまでちょっとチーターを見て、すぐカルティエを思い出すことができます。これはカルティエのだれもがよく知ったチーター造形腕時計です。私はファッション界豹柄元素に対した運用がすでに疲れて耐えられなかったことを考えて、カルティエチーターに対した詳説は少し少なくて狂を許して焦っていて、少しにもかかわらず多かったことは媚びていてセクシーで、それにそんなにまぶしく非凡であることであるように見えさせます。

これはカルティエブレスレット式腕時計とします。ダイヤモンドを緑柱石によった大胆な創意が腕時計に一般的貴金属宝石類設計あるいは腕時計設計した境を超越したことを配合します。時に、この画面は美しくあなたにそれを忘れさせなければいけなく1個の計器です。この腕時計を持ち上がることができるかどうか、実は価格を使うことができて定めに来ることでなくて、資金力量のためずっと品位の穏やかな回に代わることができない。

この冊子を閉じて、少しの本中の文字の句はダイヤモンドの光沢を持っていて頭の中にまつわります。以前友人は私に聞くファッション領域の問題に関連して:あなたは何がハイランクのものであると言いますか?私の回答はで:ハイランクのもののすぐあなたがこのブランドが1回期限が過ぎることを見たショーは、依然として心は神を怠けて喜んでいます。現在腕時計の悟りに対して、私の感銘は:本当のよいブランドは、製品のよい品質を除いて、時間に磨滅されないブランド自身が の独特な押した印を溜めることがさらにあります。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/zengasedwzw/index1_0.rdf