善玉素の傑作ー腸美人(二)

December 02 [Fri], 2016, 14:41
漢方養生学では「腸常清、人長寿;腸無かす、人無病」。腸内の清潔はわれわれの健康に深く影響を与えることとわかります。
腸内環境の不平衡により、体内毒素が蓄積して、便秘になりやすいです。便秘のことで排毒通路が滯り、便が体内に留まって、腸内の有害菌が大量に繁殖して、毒素が発生します。これらの毒素が血液によって、全身に着き、甚だしきに至っては長時間皮膚表面に瀋殿し、皮膚の色が暗く、ニキビ、シミ、毛穴粗大等の問題が出てきます。便秘の深刻な者は、腸癌になる可能性があります。また、長期不眠症を引き起こす可能性があり、落ち込んで、憂鬱な状態になります。
そこで、腸の「美」は無視してはならない。
腸を「楽しみ」にして、腸機能健康の「運動リズム」を保ちます。腸機能正常で、便秘なし、自然に「腸美人」の軌道に乗って、健康、綺麗、良い顔色になります。腸の健康な人は外見がもっと若いように見えます。
報道により、宋美齢様が20歳から腸洗浄を受け始め、体の毒素が少なく、腸道が健康で、106歳まで生きました。これは、腸道の清潔や健康のおかげで、内から外まで美しさを維持し、寿命が延びました。もちろん、専門家らはこのような物理洗腸法を進めなく、無薬で自然に排毒の方で、腸が清潔で健康的で、内から外までの美を作り出す方が良いと思われます。
まず内が美しくしたいなら、腸の「バロメーター」ーー便について注目しなければいけません。これらの排泄物は私たちの腸道健康とは直接関係があります。下痢は体に栄養不良をもたらして、体が虚弱で;便秘によっては、体内の毒素がたまって、皮膚の老化やニキビが発生します。正常な通便を維持するために、私たちはよく腸の清潔に関心を持つべきです。腸のクリーンでしたら、気分が爽やかで、お肌もツヤツヤします。
腸機能が乱れ、性格や気分にも影響を与えてます。腸は脳のような神経ネットワークが集中するところで、約1億個の神経細胞に被せられて、数の多さは脳に次ぐ第2位になり、「人の第二脳」と言われています。腸内細菌から分泌された物質の中で、多くが神経細胞を刺激することができます。このような刺激の下で、電気通信号を発生して、脳と繋がって、人の感情に影響を与えることができます。そこで、積極的で向上心を持ち、活力に満ちた人になりたいなら、腸機能のバランスも重要だと思います。
このときに、私たちの腸内環境改善の「助手」ー善玉素を忘れないように。毎日善玉素を飲み続けて、潤腸通便、腸道機能がうまく働くことに達します。善玉素は腸内有益菌の生存環境を改善し、体内善玉菌の割合増加を促し、腸内フローラを調節・回復し、日々健康な生活をします。内から外まで輝く「腸美人」になりたいなら、善玉素から始めましょう。
http://shop.zerozerofamily.co.jp/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:善玉素
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/zendamaso/index1_0.rdf